日本生理学雑誌 = The journal of the Physiological Society of Japan  22(9)

日本生理学会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 11 (9・10) 1949.12~66 (4) 2004;本タイトル等は最新号による;11巻4号以降の並列タイトル: Journal of Physiological Society of Japan;1巻1号-;1巻1号から10巻11/12号までの出版者: 大日本生理學會

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 酸化剤及び遷移元素による活動電流のPlateau形成に影響を与える諸因子に就いて / 村井//孝嘉 / p827~835<9168760>
  • 2つの信号系の相互作用 / 藤原//喜悦 / p836~853<9168757>
  • 中枢神経伝達物質生成に対するパントテン酸の意義 / 山口//寛 / p854~857<9168763>
  • 有髓神経線維の興奮性に及ぼすTEAの作用 / 佐々木//和夫 / p858~868<9168764>
  • 諸種カルボン酸,アミノカルボン酸並びにそれ等のナトリウム塩の大槽内注入による呼吸運動に及ぼす影響 / 岩本//清美 / p869~885<9168762>
  • 酸素電極法による人為心室細動中の心筋組織内酸素分圧の変動について / 三上//五郎 / p886~898<9168761>
  • 高等動物中枢神経の陰性化学的伝達物質としてのl-β hydroxy γ aminobutyric acid(l-GABOB)について / 大口//雅人 / p899~906<9168759>
  • GABA及びGABOBの正常犬及び癲癇犬脳波に対する影響 / 石野//卓彌 / p907~916<9168758>
  • 附:昭和34年度生理学論文表題集(2) / 宮沢和久 / p917~936
  • 第38回日本生理学会総会御案内(第1報) /
  • 第10回生理科学連合講演会 /
  • 会報 / 日本学術振興会
  • 会費納入のお願い / 日本生理学会
  • 正誤表 /

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本生理学雑誌 = The journal of the Physiological Society of Japan
著作者等 大日本生理學會
日本生理学会
日本生理学会編集・広報委員会
書名ヨミ ニホン セイリガク ザッシ = The journal of the Physiological Society of Japan
書名別名 Journal of Physiological Society of Japan

The journal of the Physiological Society of Japan

Nihon seirigaku zasshi
巻冊次 22(9)
出版元 日本生理学会
刊行年月 1960-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00319341
NCID AN00193896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想