日大医学雑誌 = Journal of Nihon University Medical Association  51(5)(541)

日本大學醫學會

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 8 (5・6) 1950.02~42 (11) 1983.11 ; 63 (11・12) (通号: 688) 2004.11~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: Nippon University medical journal (<8巻4号>-10巻4号)→ Nihon University medical journal (10巻5号-40巻12号);[1巻1号]-38巻7号 (July 1979) ; 38巻8号 = 391号 (Aug. 1979)-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 超音波画像診断 45. 左室内血栓 / 坂巻達夫
  • 小川一哉
  • 佐藤裕一
  • 藤林陽三
  • 上松瀬勝男
  • 梶原長雄 / p433~
  • 行動科学と行動療法 / 児島克美 / p439~443
  • 慢性肝炎のinterferon療法における末梢血単核球の2-5-oligoadenylate synthetaseとγ-IFNの反応性に関する研究 / 横井治 / p445~452
  • 消化管疾患および慢性肝疾患における胃液中の微量金属動態 / 前川源司 / p453~463
  • インターフェロン治療による慢性B型肝炎の病理学的および免疫組織学的研究 / 金田雅俊 / p464~475
  • アルコール性肝硬変症および慢性膵炎の膵・肝相関 / 宮川正秀 / p476~484
  • 成人発症インスリン依存型糖尿病における急性発症型と緩徐発症型との比較検討 / 高村宏
  • 遠藤素夫
  • 林洋一 / p485~491
  • 胃潰瘍赤色瘢痕期(S₁期)から白色瘢痕期(S₂期)への移行に関する臨床的研究--ことに胃潰瘍維持療法と潰瘍再発を防止する因子について / 岡野憲義 / p492~498
  • 糖尿病治療による下肢振動覚閾値に及ぼす効果 / 竹内仁 / p499~505
  • Langerhans cell histiocytosis(LCH)の長期経過および予後に関する研究 / 清水久志 / p506~513
  • 筋症状を呈する糖原病の臨床的・酵素学的研究 / 小野正恵
  • 大和田操 / p514~521
  • 20年間経過を観察し得た糖尿病患者における網膜症の進展に関する研究 / 岡本聡子 / p522~529
  • ラット単離胃灌流系におけるガストリンとソマトスタチン分泌に及ぼすピレンゼピンとピリラミンの影響 / 吉田俊太郎 / p530~536
  • 体性感覚刺激による胃迷走神経と内臓神経の反射性効果 / 伊藤慎哉 / p537~542
  • ReyeおよびReye様症候群--尿素サイクル代謝異常症とバルプロ酸投与小児の血清カルニチンと血中アンモニアに関する研究 / 蘇裕明 / p543~550
  • 小腸粘膜における3-メチルコランスレンによるベンツピレン水酸化酵素誘導作用に対する迷走神経切断の影響 / 天野俊郎 / p551~556

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日大医学雑誌 = Journal of Nihon University Medical Association
著作者等 日本大学医学会
書名ヨミ ニチダイ イガク ザッシ = Journal of Nihon University Medical Association
書名別名 Nihon University medical journal

Nippon University medical journal

Journal of Nihon University Medical Association
巻冊次 51(5)(541)
出版元 日本大學醫學會
刊行年月 1992-05
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00290424
NCID AN0018408X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想