呼吸と循環  43(7)

醫學書院

国立国会図書館雑誌記事索引 1(1):1953.3-31(12):1983.12 ; 49(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;総目次はCD-ROMとも;1巻1号(1953) - 5巻13号(1957) ; 6巻1号=49号(1958) - 30巻6号=342号(昭和57年6月) ; 30巻7号(July 1982) -;総目次・総索引: 51巻13号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 急性心筋梗塞後のrisk stratification / / p633~679
  • 本邦における心筋梗塞の自然歴とリスク / 深見健一 / p633~642
  • 血栓溶解療法の予後とリスク / 日比野均
  • 神原啓文 / p643~651
  • CAGからみた予後とリスク / 岩瀬孝
  • 中西成元 / p653~659
  • 左心機能からみた予後とリスク / 浅野竜太
  • 住吉徹哉 / p661~669
  • 心筋梗塞後リモデリングとACE阻害薬 / 後藤葉一 / p671~679
  • ジピリダモール負荷心エコー法による虚血性心疾患の診断 / 平野豊・他 / p681~686
  • 慢性肺疾患の右室肥大のマーカーとしての血漿脳性ナトリウム利尿ペプチド / 中元隆明・他 / p687~691
  • 下肢閉塞性動脈硬化症におけるアテレクトミーの有用性 / 中村陽一・他 / p693~697
  • 肥大型心筋症における左室拡張障害の多様性 / 田畑智継・他 / p699~704
  • ペースメーカー植込み例の長期予後 / 三浦博人・他 / p705~711
  • 症例 心侵襲を主体とし心臓原発と考えられた悪性リンパ腫の1例 / 堀田宗文・他 / p713~716
  • 症例 ほぼ同時に発生したと考えられた冠動脈2枝の硬化斑破裂による多発性急性心筋梗塞の1剖検例 / 渡辺宏志・他 / p717~721
  • 症例 PTCAを施行した川崎病既往の1例 / 善家正昭・他 / p723~727
  • 症例 Dumbell型発育を呈した胸壁原発malignant fibrous histiocytoma(MFH)の1例 / 片岡亮・他 / p729~732
  • 書評 / 高木誠 / p728~728,733~733
  • 次号予告 / / p734~734
  • 投稿規定 / / p735~735
  • あとがき / 小川聡 / p736~736

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 呼吸と循環
著作者等 医学書院
書名ヨミ コキュウ ト ジュンカン
書名別名 Respiration and circulation

Kokyu to junkan
巻冊次 43(7)
出版元 医学書院
刊行年月 1995-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 04523458
NCID AN00087174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00008259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想