倉敷中央病院年報  43(1/2)

国立国会図書館雑誌記事索引 20 (2) 1950.04~50 (2) 1982.12;本タイトル等は最新号による

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • HIGONAVISの基礎的検討と臨床応用 / 浮田//昌彦 / p1~18<1685005>
  • インフルエンザ菌性髄膜炎の7症例 / 柴田//史朗
  • 中原//千恵子
  • 田中//陸男 / p19~28<1685009>
  • 乳児肝炎にひきつづき,くる病とテタニ-を併発した1例 / 仲田//永造
  • 田中//陸男 / p29~38<1685008>
  • 肺染土症の一手術例 / 勝田//宏重 / p39~45<1685004>
  • まれな位置に発生した気管支性のう腫の2例と文献的考察 / 真鍋//英夫 / p47~56<1685003>
  • Pseudogout診断規準の再検討 / 藤原//郁郎 / p57~70<1685007>
  • 妊娠中毒症における母児間の電解質および酸塩基平衡についての検討 / 山田//順常 / p71~77<1685006>
  • Busulfanが著効を呈した原発性出血性栓球血病の一例〔英文〕 / 島田//勝政 / p79~87<1685018>
  • 原著及び臨床 総合カンファランス記録「当院における細菌感染症に関する最近の話題」 / / p91~97,99~103,105~109,111~130
  • 中耳炎の起炎菌とその臨床的検討〔含 討論〕 / 八束//敦子 / p91~97<1685011>
  • 胆道感染症,とくに術後の上行性胆管炎における起炎菌について〔含 討論〕 / 平井//潔 / p99~103<1685012>
  • 胸部外科に於ける感染症〔含 討論〕 / 真鍋//英夫 / p105~109<1685013>
  • 倉敷地方に現在流行中の溶連菌感染症とその二次症〔含 討論〕 / 光藤//和代 / p111~118<1685014>
  • 当院細菌検査室分離の多剤耐性菌について〔含 討論〕 / 長谷川//泰子 / p119~128<1685015>
  • 低毒性抗生物質の大量使用について〔含 討論〕 / 中橋//正明
  • 田中//陸男
  • 柳原//博 / p129~130<1685016>
  • 総合討論 / 田中//陸男 / p131~<1685017>
  • 業績抄録 / / p133~147
  • 倉敷中央病院役員録 / / p149~149
  • 倉敷中央病院職員録 / / p149~155

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 倉敷中央病院年報
著作者等 倉敷中央病院
書名ヨミ クラシキ チュウオウ ビョウイン ネンポウ
書名別名 Kurashiki chuo byoin nenpo
巻冊次 43(1/2)
出版元 倉敷中央病院
刊行年月 1975-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03684954
NCID AN00067097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想