形成外科  34(5)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 石田寛友 / p427~427
  • 医療としての形態の改善に対する社会的評価とその将来展望 / 難波//雄哉 / p429~433<3724637>
  • 経験 母指多指症の術後変形 / 中村潔 ほか / p435~443
  • 経験 副耳手術例の検討と副耳の定義 / 中村純次 ほか / p445~453
  • 経験 距踵骨癒合症の骨隆起による足根管症候群 / 木下行洋 ほか / p455~462
  • 経験 Frontal bone advancement法の経験と検討 / 新橋武 ほか / p463~474
  • 経験 胸骨後食道再建不成功例の二次再建術 / 設楽幸伸 ほか / p475~479
  • 経験 山村部小病院における形成外科患者の統計 / 藤岡正樹 ほか / p481~486
  • 手技 きわめて重度な陥没乳頭の治療 / 酒井成身 ほか / p487~494
  • 手技 大胸筋皮弁の機能的作製法と胸部形態に対する配慮 / 清川兼輔 ほか / p495~499
  • 症例 きわめてまれな手指の骨血管腫の1例 / 松村一 ほか / p501~508
  • 症例 前頸部intravascular papillary endothelial hyperplasiaの1例 / 黒川正人 ほか / p509~512
  • 症例 頰部に生じた良性骨腫の1例 / 佐藤薫 ほか / p513~520
  • ラット植皮における"plasmatic imbibition"の証明--ペルオキシダーゼを利用した酵素学的証明 / 福居顕宏 ほか / p521~527
  • 外国文献抄訳 / / p529~534

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery
巻冊次 34(5)
出版元 克誠堂
刊行年月 1991-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想