形成外科  43(10)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 随想 / 大森喜太郎 / p955~955
  • 形成外科手術手技の歴史 「3」 瘢痕拘縮治療手技の変遷(後編-1) / 難波雄哉 / p957~963
  • 経験 舌弁とV-Y前進皮弁併用による下口唇再建の経験 / 田中礼子 ほか / p965~971
  • 経験 非クロストリジウム性ガス壊疽の治療経験 / 竹野巨一 ほか / p973~980
  • 高気孔体水酸アパタイト・リン酸三カルシウム複合体の骨親和性および骨誘導能に関する研究(第3報)気孔体の性状の相違による移植後の変化について / 引地//尚子
  • 高戸//毅
  • 米原//啓之 / 981~987<5504231>
  • 唇・口蓋裂患者の親の意識調査 / 森//浩
  • 田中//克己
  • 平野//明善 / 989~995<5504244>
  • 手技 前頭筋弁前進術による新しい眼瞼下垂の治療 / 申京浩 ほか / p997~1004
  • 手技 小耳症における頭髪の処理 / 山下建 ほか / p1005~1011
  • 症例 髄膜腫と扁平上皮癌を併発した慢性放射線障害の1例 / 松尾由紀 ほか / p1013~1017
  • 症例 胸壁再建を行なった悪性線維性組織球腫の1症例 / 兼森良和 ほか / p1019~1023
  • 症例 篩骨洞皮膚瘻孔を伴った前頭骨欠損の1治験例 / 飯田直成 ほか / p1025~1031
  • 症例 生下時より認められた会陰部皮下腫瘤の1例 / 吉田和代 ほか / p1033~1037
  • 外国文献抄訳 / / p1039~1049
  • お知らせ / / p1055~1056
  • 次号予定目次 / / p1037~1037
  • バックナンバー / / p1051~
  • 投稿規定 / / p1058~1058

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 43(10)
出版元 克誠堂
刊行年月 2000-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想