形成外科  36(5)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 田井良明 / p477~477
  • 経験 再凍結乾燥型2層性人工皮膚(GM901)の多施設における臨床使用結果 / 鈴木茂彦 ほか / p479~487
  • 経験 Sprengel変形に対するWoodward変法の経験 / 寺尾保信 ほか / p489~494
  • 経験 背部組織欠損の修復に有用であった後肋間動脈背側枝皮弁の経験 / 三鍋俊春 ほか / p495~499
  • 経験 広範囲熱傷に対する同種植皮の臨床的検討 / 山下理恵 ほか / p501~505
  • 経験 Tissue expanderを用いて再建した剣傷状鞏皮症の2例 / 瀬野久和 ほか / p507~511
  • 経験 ステロイド剤局注による皮下組織萎縮例の経験について / 吉本信也 ほか / p513~517
  • ピラセタム(piracetam)の皮弁生着限界延長効果に関する実験的研究 / 平瀬雄一 ほか / p519~523
  • 手技 組織化学染色による運動・知覚神経束の識別--簡便な染色液調整法 / 金谷文則 ほか / p525~528
  • 手技 先天性眼瞼下垂に対するわれわれの挙筋短縮術--上横走靱帯を温存した方法 / 海老原妙子 ほか / p529~535
  • 手技 中頭蓋底、側頭下窩の術野の展開法と腫瘍切除後の再建法 / 清川兼輔 ほか / p537~544
  • 症例 先天性正中鼻瘻孔の2例 / 前沢尚美 ほか / p545~551
  • 症例 爪甲下に発生したamelanotic malignant melanomaの1例 / 有吉雅徳 ほか / p553~557
  • 症例 前頭骨眼窩縁に発生した好酸球肉芽腫の1例 / 杉原司 ほか / p559~563
  • 症例 一期的再建を行なった顔面神経麻痺の2例 / 郡司裕則 ほか / p565~574
  • 症例 いわゆる胼胝様局面と称されてきた`coccygeal pad'の1例 / 村澤章子 ほか / p575~579
  • 腋臭症手術患者に対するアンケ-ト調査 / 柴田//裕達 / p581~586<3831083>
  • 外国文献抄訳 / / p587~595

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 36(5)
出版元 克誠堂
刊行年月 1993-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想