慶應医学  43(2)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 31 (4) 1954.04~60 (6) 1983.11 ; 81 (4) 2004.12~85 (2) 2009.04;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft, Organ of the Keio Medical Society, Organ de la Societe medicale de Keio (13巻1号-23巻4号) → Journal of the Keio Medical Society (26巻12号-85巻2号);出版者変遷: 慶應醫學社 (1巻1号-8巻4号);刊行頻度, 大きさの変更あり;1巻1号-85巻2号 (平成21年4月);以後休刊;85巻の総目次: 85巻2号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • シンポジウム 病院の組織について / 倉田正一
  • 関口操
  • 大久保正一
  • 松村はる
  • 岩崎武次 / p61~71<8176078>
  • 網内系とその病理 / 赤崎 兼義 / 73~85<8176079>
  • 腎結核治療の動向 / 大越 正秋 / 87~90<8176080>
  • 再生不良性貧血患者のエリスロポエチンに関する研究 / 松木 康夫 / 91~107<8176081>
  • 抗生剤血中濃度に影響を及ぼす2,3の因子について / 宮地 宏 / 109~116<8176082>
  • 甲状腺機能亢進症の131I療法による晩発性影響,特に恒久的機能低下症について / 橋本 省三 / 117~130<8176083>
  • 極低体温法 遊離頭部実験による脳血流停止許容限界の追究 / 飯坂 陽一 / 131~147<8176084>
  • 甲状腺機能亢進症とるい痩との関係 / 石川 隆子 / 149~166<8176085>
  • 交感神経性狭義体温調節神経中枢(阿部)の生起する対寒第2次化学的体温調節の能力およびそれの限界 / 明楽 泰 / 167~171<8176086>
  • UreaseのAmino酸構成について-1-UreaseのAmide態窒素について / 間宮 群二 / 173~178<8176087>
  • 救急人工呼吸器の開発とその呼吸,循環系に及ぼす影響 / 天野 道之助 / 179~182<8176088>
  • 魚屋におこられそうな話 / 浅見敬三 / p183~184
  • リウマチ熱の成因 / 本間光夫 / p184~185
  • "歌う"と言うこと / 深沢久夫 / p185~186
  • 不思議なこと / 中村嘉三 / p186~186

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 慶應医学
著作者等 慶応医学会
慶應医学会
慶應醫學社
書名ヨミ ケイオウ イガク
書名別名 Organ de la Societe medicale de Keio

Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft

Organ of the Keio Medical Society

Journal of the Keio Medical Society
巻冊次 43(2)
出版元 慶応医学会
刊行年月 1966-03
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 03685179
NCID AN00069296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想