慶應医学  15(10)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 31 (4) 1954.04~60 (6) 1983.11 ; 81 (4) 2004.12~85 (2) 2009.04;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft, Organ of the Keio Medical Society, Organ de la Societe medicale de Keio (13巻1号-23巻4号) → Journal of the Keio Medical Society (26巻12号-85巻2号);出版者変遷: 慶應醫學社 (1巻1号-8巻4号);刊行頻度, 大きさの変更あり;1巻1号-85巻2号 (平成21年4月);以後休刊;85巻の総目次: 85巻2号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 蛔蟲體腔液ノ蛔仔蟲感染時移行ニ及ボス影響 Influence of the Coelomic Fluid of Ascaris upon the Migration of the Larvae of Ascaris / 松島實 / p1405~
  • Dirofilaria immitis仔蟲ノ定期出現性 Periodicity of the Larva of Dirofilaria immitis / 井上太郞 / p1423~1432
  • 再ビ老人班ニ就イテ Encore à propos de la plaques séniles. / 辻山義光 / p1433~
  • 尿中糖排泄ニ及ボス「フロリヂン」ノ影響ニ就テ Influence de la Phlorhizine sur l'élimination du sucre dans l'urine. / 眞鍋力二 / p1441~1454
  • 「アルミニウム・アマルガム」粉末ノ白鼠肉腫發育ニ及ボス作用 Influence de l'amalgame d'aluminium en poudre sur le développement du sarcome chez le Rat blanc / 野元秀雄 / p1455~1612
  • 「レチチン」乳化液ノ變性ニ就テ Über die Denaturierung der Lezithinemulsion / 海渡楠信 / p1613~1615
  • 腦水腫ノ一剖檢例 Ein Sektionsfall von Hydrokephalus. / 牛山篤夫 / p1617~1624
  • 橫隔膜神經捻除術後ニ惹起セル喀血死ニ就テ Über den Tod durch Hämoptoe nach der Phrenicusexairese. / 小山重雄 / p1625~1640
  • 卵黃、卵白ノ胃分泌及ビ運動機能ニ及ボス影響ニ就テ 第四報 「ペプシン」ニヨル卵黃、卵白ノ消化產物ノ胃分泌機能ニ及ボス影響 On the Influences of Deutoplasm and the Albumen upon Gastric Secretion (IV Report) / 芦田光二 / p1641~1622

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 慶應医学
著作者等 慶応医学会
慶應医学会
慶應醫學社
書名ヨミ ケイオウ イガク
書名別名 Organ de la Societe medicale de Keio

Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft

Organ of the Keio Medical Society

Journal of the Keio Medical Society

Keio igaku
巻冊次 15(10)
出版元 慶応医学会
刊行年月 1935-10
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 03685179
NCID AN00069296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想