漢方の臨床  45(11)(531)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 目でみる漢方史料館 (126) 北京図書館蔵、多紀元堅ら手沢の古医籍(二) / 真柳誠 / p2~4
  • 東亜医学協会創立六十周年記念号に寄せて / 大塚恭男 / p11~11
  • 日本漢方医学会の創立時の記録--東亜医学協会の芽生え / 矢数道明 / p12~14
  • 傷寒論の三陰三陽(六病位)の由来を尋ねて / 山田光胤 / p15~26
  • 『傷寒論』を読みつつ昔の腸チフス診療を回顧する / 長谷川弥人 / p27~33
  • 月湖編纂『全九集』の諸問題--『月湖抜粋医学迪蒙』からの再検討 / 遠藤次郎
  • 中村輝子 / p35~46
  • 『本草綱目』の日本初渡来記録と金陵本の所在 / 真柳誠 / p47~55
  • 『史記』扁鵲倉公列伝の三家注の注音について / 宮川浩也 / p57~72
  • 向井元升の事蹟とその家族 / 難波恒雄 / p73~96
  • 二味の薬徴による薬方の展開図と方意・方格 / 田畑隆一郎 / p97~114
  • 台湾の伝統医学 / 宮崎瑞明 / p115~124
  • 突発性発疹症に対する白虎加人参湯の解熱効果 / 阿部勝利
  • 田中清 / p125~130
  • 私の好きな処方、茯苓四逆湯 / 井上淳子 / p131~138
  • 桑菊飲の使用経験 / 木下恒雄 / p139~144
  • 葛根黄苓黄連湯の三治験例と腹証について / 森由雄 / p145~149
  • 慢性膵炎の疼痛に対する漢方薬の効果 / 土方康世 / p150~155
  • 茯苓沢瀉湯の応用 / 南利雄 / p156~159
  • 炎症性耳下腺腫瘤の一例 / 小泉久仁弥 / p160~162
  • 疾病史から見た『傷寒論』 / 中村昭 / p163~187
  • 『康平傷寒論』の格写について / 玉置英成 / p188~201
  • 奥田謙蔵著『傷寒論講義』をめぐって / 鎌田慶市郞 / p202~204
  • 「痰飲」考 / 小髙修司 / p205~213
  • 「精・気・神」補遺 / 吉元昭治 / p214~217
  • 生姜類について / 鈴木堯 / p218~223
  • 原点に戻りたい!! / 王瑞雲 / p224~226
  • 漢方薬は世につれ、世は漢方薬につれ ~揺れ動く庶民の漢方観 / 吉岡信 / p227~233
  • 再生の医学・希望の医学 / 笠原栄司 / p233~234
  • 五行鍼の活用 / 柿田秀明 / p235~243
  • 女子医大雑話 (63) 高齢者の3症例 / 新井信
  • 盛岡頼子
  • 溝部宏毅 / p244~250
  • 漢方治療中に著しい改善を見た胃底腺ポリポージスの一症例 / 岡田耕造 / p251~256
  • 東洋堂経験余話 (98) 関節リウマチに防風通聖散合通導散料ほか / 松本一男 / p257~259
  • 漢方診療おぼえ書 (180) 不眠症に養心湯ほか / 緒方玄芳 / p260~261
  • 多紀元堅の傷寒論講義 (1) (存誠塾傷寒論記聞) / 岡利幸 / p262~268
  • 山田業広著『金置要略集注』訓読 (12) / 千葉古方漢方研究会 / p269~276
  • 腎気、天癸、衝任の検討及び産婦人科との関係 / 小野正弘 / p277~285
  • 中国の雑誌「医学与哲学」について (上) -その歴史・内容・評価 / 図亜
  • 津谷喜一郎 / p286~293
  • 中国衛生部前部長崔月犁先生の逝去を悼む / 矢数道明 / p294~295

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine

Kanpo no rinsho
巻冊次 45(11)(531)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1998-11
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想