The Japanese journal of antibiotics  29(6)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • グラム陰性桿菌に対するSulbenicillinとDibekacinの併用効果に関する研究 / 小林//芳夫
  • 富岡//一 / p597~600<1713844>
  • Rifampicinを使用したオ-ム病の1例 / 金沢//裕 / p601~606<1713842>
  • 開腹術後の持続導尿について--逆行性尿路感染症の検討 / 大田//治幸 / p607~611<1713843>
  • Cefatrizine(S-640P)の毒性に関する研究-1-急性毒性およびラットにおける亜急性毒性 / 松崎//明紀 / p612~638<1713845>
  • Cefatrizine(S-640P)の毒性に関する研究-2-ラットの30日間および102日間経口投与における亜急性毒性 / 松崎//明紀 / p639~669<1713846>
  • Cefatrizine(S-640P)の毒性に関する研究-3-ラットにおける慢性毒性 / 松崎//明紀 / p670~686<1713847>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CXXXXIV / / p600~600,611~611,638~638,669~669,687~689
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CXVIII / / p690~694

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 29(6)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1976-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想