科学警察研究所報告  39(1)(153)

科学警察研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 32 (1) 1979.02~56 (1) (通号: 205) 2006.03;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版地の変更あり;32巻1号[通号]125号(昭和54年2月)~56巻1号[通巻]205号(平成18年3月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 平均値の差の検定による筆者識別の妥当性について / 高沢//則美
  • 谷本//益巳 / p1~5<3088182>
  • 精神生理学的情報検出における刺激の有意味性と慣れの変化 / 中山//誠
  • 木崎//久和 / p6~12<3085785>
  • 双生児音声の研究-2-双生児の5母音ホルマント周波数のユ-クリッド距離 / 野村//博
  • 鈴木//隆雄 / p13~16<3088177>
  • 熱分解ガスクロマトグラフ法によるボ-ルペンインキの分析-2- / 荏原//秀介 / p17~22<3088181>
  • 覚せい剤類似類化合物(3,4-Methylenedioxymethamphetamine Hydrochloride)の分析 / 山内//知樹 / p23~28<3088175>
  • 農薬の赤外吸収スペクトル-1-有機リン系農薬-1- / 西田//祥一
  • 大津留//修
  • 富山//次雄 / p29~38<3084292>
  • 農薬の赤外吸収スペクトル-2-有機リン系農薬-2- / 西田//祥一
  • 大津留//修
  • 富山//次雄 / p39~48<3084293>
  • 黙秘又は否認した被疑者の自供に至る心理過程-3-窃盗被疑者の事例を中心として / 渡辺//昭一 / p49~54<3088183>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 科学警察研究所報告
著作者等 警察庁科学警察研究所
科学警察研究所
書名ヨミ カガク ケイサツ ケンキュウジョ ホウコク
書名別名 Research on forensic science

Reports of the National Research Institute of Police Science

Kagaku keisatsu kenkyujo hokoku
巻冊次 39(1)(153)
出版元 科学警察研究所
刊行年月 1986-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02857960
NCID AN00037041
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00032511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想