泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica  40(9)

泌尿器科紀要編集部

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1955.03~29 (10) 1983.10 ; 51 (1) 2005.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;6巻7号までの並列タイトル: Acta urologica;1巻1号 (昭和30年3月)-;出版者変遷: 京都大学医学部 (1巻1号-28巻5号)→ 泌尿器科紀要刊行会 (28巻6号-);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 腎原発性転移性肺腫瘍に対する遺伝子組換えインターフェロンγの吸入療法の試み(予報) / 川田望・ほか / p773~776
  • 腎盂尿管腫瘍の臨床的検討 / 奥村昌央・ほか / p777~780
  • 前立腺肥大症に対する薬物療法の経過と限界 / 北川憲一・ほか / p781~788
  • 小さい前立腺肥大症患者に対する経尿道的前立腺剝離切除術 / 渡辺潤・ほか / p789~794
  • 前立腺癌に対する前立腺全摘除術と放射線療法の治療成績の比較 / 金丸洋史・ほか
  • 片山喬 / p795~801
  • 泌尿器癌を有する高齢患者の治療 / 宮永直人・ほか / p803~806
  • 唾液中テストステロン濃度の加齢に伴う変化についての検討 / 郝金瑞・ほか / p807~811
  • 症例 神経特異的エノラーゼ(NSE)とカルシトニンが高値を示した悪性褐色細胞腫の1例 / 池田伊知郎・ほか / p813~816
  • 症例 動脈硬化が原因と考えられた腎自然破裂の1例 / 沼里進・ほか / p817~820
  • 症例 薬理学的血管造影で診断できた多房性囊胞状腎細胞癌の1例 / 相澤卓・ほか / p821~824
  • 症例 5-Fluorouracil単剤持続点滴静注療法が奏効した進行腎盂癌の1例 / 中川淳一郎・ほか / p825~828
  • 症例 原発性腎盂移行上皮内癌の1例 / 石橋克夫・ほか / p829~832
  • 症例 プロスタグランジンF₂α膀注療法により治癒したサイクロフォスファマイドによる出血性膀胱炎(英文) / 山本雅憲・ほか / p833~835
  • 症例 骨転移が消失し14年間生存しているStage D2前立腺癌の1例 / 続真弘・ほか / p837~840
  • 症例 鎖肛と尿道狭窄を伴ったPrune belly症候群の1例 / 恵謙・ほか / p841~844
  • 症例 陰囊内石灰化を合併した小児陰囊水腫の1例 / 我喜屋宗久・ほか / p845~847
  • 治験 リソクラスト®による内視鏡的尿路結石破砕 / 竹内秀雄・ほか / p849~852
  • 治験 急性単純性膀胱炎に対するCefpodoxime proxetilの有効性と安全性の検討 / 古澤太郎・ほか / p853~860

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica
著作者等 京都大学医学部
泌尿器科紀要刊行会
泌尿器科紀要編集部
書名ヨミ ヒニョウキカ キヨウ = Acta urologica Japonica
書名別名 Acta urologica

泌尿紀要

Acta urologica Japonica
巻冊次 40(9)
出版元 泌尿器科紀要刊行会
刊行年月 1994-09
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00181994
NCID AN00208315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00020217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想