泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica  35(10)

泌尿器科紀要編集部

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1955.03~29 (10) 1983.10 ; 51 (1) 2005.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;6巻7号までの並列タイトル: Acta urologica;1巻1号 (昭和30年3月)-;出版者変遷: 京都大学医学部 (1巻1号-28巻5号)→ 泌尿器科紀要刊行会 (28巻6号-);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 腎細胞癌のマーカーとしてのImmunosuppressive Acidic Protein (IAP)の有用性について / 星野眞希夫・ほか / p1647~1652
  • フローサイトメトリーを用いた尿路性器腫瘍のBromodeoxyuridine(BrdU)/DNA同時解析法 / 島袋智之・ほか / p1653~1657
  • 尿路上皮癌腫瘍マーカーとしての膵分泌性トリプシン・インヒピター / 田代和也・ほか / p1659~1663
  • 腎盂尿管腫瘍の臨症病理学的検討 / 米田文男・ほか / p1665~1671
  • 腎盂尿管癌の治療成績 / 丸岡正幸・ほか / p1673~1677
  • Oval型蓚酸カルシウム結晶の研究 / 戸塚一彦・ほか / p1679~1681
  • 尿管狭窄に対するEndourological Management / 山本晶弘・ほか / p1683~1686
  • 膀胱癌の病理組織学的検討--生検標本と全摘除術施行全層標本との比較 / 宮本憲治・ほか / p1687~1691
  • 初診時骨シンチグラフィーによる前立腺癌骨転移症例の予後の検討 / 久保田洋子・ほか / p1693~1699
  • 50歳以上の男子における前立腺症の検討--第2回端野町前立腺検診の結果の検討から / 塚本泰司・ほか / p1701~1708
  • 前立腺肥大症患者の手術と予後についての検討 / 村瀬達良・ほか / p1709~1714
  • 思春期早発症例の検討 / 南部明民・ほか / p1715~1720
  • Chlamydia trachomatis診断試薬としてのChlamydia Testpackの有用性 / 岩佐嗣夫・ほか / p1721~1724
  • 症例 後腹膜形質細胞腫の1例 / 高野右嗣・ほか / p1725~1730
  • 症例 小児男性化副腎皮質腫瘍の1例 / 仲川嘉紀・ほか / p1731~1736
  • 症例 長期透析患者に発生した腎癌の1例 / 池上雅久・ほか / p1737~1740
  • 症例 TAEを契機として発症した腎細胞癌腫瘍内感染の1例 / 河原優・ほか / p1741~1744
  • 症例 両側性腎癌の一例 / 安永豊・ほか / p1745~1747
  • 症例 Congenital Mesoblastic Nephromaの成人例と思われる巨大腎過誤腫の1例 / 小川修・ほか / p1749~1753
  • 症例 腎血管筋脂肪腫の1例--本邦429例の統計的考察 / 林祐太郎・ほか / p1755~1759
  • 症例 腎動静脈奇形に対しTranscatheter Arterial Embolizationを施行した2症例 / 森田照男・ほか / p1761~1765
  • 症例 腎盂尿管外への尿自然溢流の3例 / 石坂和博・ほか / p1767~1771
  • 症例 盲端二分尿管の1例 / 山田伸一郎・ほか / p1773~1775
  • 症例 外尿道口より突出した尿膜管囊腫の1例--本邦報告172例についての統計的観察 / 菊地悦啓・ほか / p1777~1780
  • 症例 試験開腹後27年を経過してセミノーマの発生を見た混合型性腺形成不全症の1例 / 内田亮彦・ほか / p1781~1785
  • 症例 精巣網腺癌の1例 / 大東貴志
  • 山本正 / p1787~1790
  • 症例 停留睾丸に発生した睾丸腫瘍の2例--本邦報告179例についての統計的観察 / 菊地悦啓・ほか / p1791~1793
  • 症例 両側精細胞性睾丸腫瘍の1例--本邦報告136例の臨床的検討 / 入澤千晶・ほか / p1795~1800
  • 症例 小児精索横紋筋肉腫の1例 / 河原優・ほか / p1801~1805
  • 症例 精索転移をきたした胃癌の1例 / 入澤千晴・ほか / p1807~1809
  • 症例 持続性勃起症を呈した悪性リンパ腫の1例 / 朝倉博孝・ほか / p1811~1814
  • 症例 睾丸類表皮囊腫の2例 / 内田欽也・ほか / p1815~1818
  • 治験 Immunoenzyme assay法による前立腺性酸性フォスファターゼの臨床的検討 / 吉田和弘・ほか / p1819~1822
  • 治験 経尿道的前立腺切除後の膿尿について--NFLX使用における検討 / 合谷信行・ほか / p1823~1827

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica
著作者等 京都大学医学部
泌尿器科紀要刊行会
泌尿器科紀要編集部
書名ヨミ ヒニョウキカ キヨウ = Acta urologica Japonica
書名別名 Acta urologica

泌尿紀要

Acta urologica Japonica

Hinyokika kiyo
巻冊次 35(10)
出版元 泌尿器科紀要刊行会
刊行年月 1989-10
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00181994
NCID AN00208315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00020217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想