癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics  44(7)(558)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1954.09~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: Japanese journal of cancer clinics (1巻1号-15巻5号)→ Japan journal of cancer clinics (16巻6号-24巻1号);1巻1号 (1954年9月)-5巻7号 (1959年7月) ; 5巻8号 = 34号 (1959年7月)-;出版者変遷: 医歯薬出版 (1巻1号-21巻3号)→ 篠原出版 (21巻4号-46巻1号);1巻1号から31巻15号までの総索引: 「乳癌の臨床」1巻1号収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 末梢血幹細胞移植 / 679~747<4497638>
  • 序文 / 小川一誠 / p679~679
  • I.自己末梢血幹細胞移植 幹細胞動員のメカニズム / 島崎千尋・他 / p681~687
  • I.自己末梢血幹細胞移植 幹細胞採取と保存 / 品川克至・他 / p689~696
  • I.自己末梢血幹細胞移植 幹細胞中の腫瘍細胞の混入 / 横田昇平・他 / p697~702
  • I.自己末梢血幹細胞移植 純化幹細胞移植 / 森島泰雄 / p703~707
  • I.自己末梢血幹細胞移植 小児固形癌治療における自家末梢血幹細胞移植の有用性 / 渡辺新・他 / p709~716
  • I.自己末梢血幹細胞移植 成人造血器癌への応用 / 池田和真・他 / p717~723
  • I.自己末梢血幹細胞移植 成人固形癌におけるガイドラインに向けて / 田島知郎・他 / p725~730
  • II.同種末梢血幹細胞移植 同種末梢血幹細胞移植の現況 / 笠井正晴・他 / p731~736
  • III.臍帯血幹細胞移植 臍帯血移植および臍帯血バンク / 豊田恭徳・他 / p737~742
  • IV.造血幹細胞の遺伝子治療への応用 造血幹細胞を標的とした遺伝子治療の現状と新しいテクノロジーの開発 / 小澤敬也 / p743~747
  • 食道癌における多重癌--放射線療法例での検討 / 副島俊典・他 / p749~753
  • 生存時間解析よりみた乳癌術後追跡調査の精度管理 / 野村雍夫・他 / p755~761
  • 症例 全身への広範な転移を認めた胃小細胞癌の1例 / 今津浩喜・他 / p763~767
  • 症例 乳腺原発悪性リンパ腫の2治験例 / 山田哲司・他 / p769~772
  • 座談会 太田邦夫先生を偲んで / 影山//圭三
  • 春日//孟
  • 菅野//晴夫 / 773~789<4497639>
  • がん・アナウンスメント 第7回(平成10年度)研究助成案件等募集のご案内 / / p688~688
  • がん・アナウンスメント 第8回日本癌病態治療研究会 / / p748~748
  • がん・アナウンスメント 日本医学放射線学会生物部会 第28回放射線による制癌シンポジウム開催のお知らせ / / p761~761
  • がん・アナウンスメント 第14回ブリストル・マイヤーズ名古屋癌治療国際シンポジウムのお知らせ(14th Bristol-Myers Squibb Nagoya International Cancer Treatment Symposium) / / p762~762

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics
著作者等 医歯薬出版株式会社
篠原出版新社
篠原出版株式会社
書名ヨミ ガン ノ リンショウ = Japanese journal of cancer clinics
書名別名 Japan journal of cancer clinics

Japanese journal of cancer clinics

Gan no rinsho
巻冊次 44(7)(558)
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1998-07
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00214949
NCID AN00048401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想