看護技術  31(10)(441)

メヂカルフレンド社

国立国会図書館雑誌記事索引 31 (1) 1985.01~;本タイトル等は最新号による;大きさ: 変更あり;[1号]~[ ],[ ]~;総目次・総索引あり;改題注記 : 「看護のbooks」の改題

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 外来看護の新しい機能と展開<焦点> / p5~120<3049360>
  • 看護管理・教育からみた外来看護 看護の役割拡大と外来看護の明日 / 野口美和子 / p5~11
  • 看護管理・教育からみた外来看護 外来看護の人員配置について / 前田マスヨ / p12~20
  • 看護管理・教育からみた外来看護 院内教育における外来看護教育について / 門田邦代
  • 森表つや子 / p21~26
  • 看護管理・教育からみた外来看護 外来看護の評価について / 葭原和子
  • 鴇幸恵・他 / p27~32
  • 役割機能の分化と外来看護の課題 診療機能の分化と外来看護変革の波 / 前沢政次
  • 渋川準子・他 / p33~36
  • 役割機能の分化と外来看護の課題 総合診療部における外来看護 / 萩尾靖子
  • 増本靖子 / p37~42
  • 役割機能の分化と外来看護の課題 これからの外来看護に求められる看護実践能力とは / 林茂 / p43~47
  • 役割機能の分化と外来看護の課題 看護情報をいかに継続させていくか / 加藤澄子
  • 坪川二六子 / p48~58
  • ケア中心の外来へ 外来看護における心疾患患者の看護 / 束原加代子
  • 平沢恵子
  • 中村玲子 / p59~62
  • ケア中心の外来へ 呼吸器外来における看護指導 / 塩田有規子
  • 宮地光子
  • 松尾美須恵 / p63~67
  • ケア中心の外来へ 内科外来における糖尿病患者への取り組み / 仁木美千代 / p68~71
  • ケア中心の外来へ 血友病患者の包括医療をめざして / 中村多恵子
  • 伊藤久江
  • 白幡聰・他 / p72~77
  • ケア中心の外来へ 患者から学んだ生活の場での療養の優位性 / 久保智代恵
  • 峰田あけみ / p78~81
  • ケア中心の外来へ 膀胱炎患者の生活指導 / 石原操子
  • 小浜米子・他 / p82~85
  • ケア中心の外来へ 脳神経外来における継続看護基準 / 椋橋良子
  • 浅野好子・他 / p86~89
  • ケア中心の外来へ 整形外科外来における腰痛・膝痛の生活指導の経験 / 梶田順子 / p90~93
  • ケア中心の外来へ 喘息児の管理と地域活動 / 関口ミスズ
  • 神戸哲子 / p94~97
  • ケア中心の外来へ 産科外来における助産婦業務 / 奈良岡栄子
  • 小林栄子・他 / p98~103
  • ケア中心の外来へ 患者に求められる看護を / 木下由美子 / p104~106
  • 外来看護への提言 地域のニーズに応じられる外来看護への真剣な追求を / 若月俊一 / p107~107
  • 外来看護への提言 看護婦さんが遠くなる / 高橋令子 / p108~108
  • 外来看護への提言 Careを主体とする訪問外来 / 佐藤登美 / p109~109
  • 外来看護への提言 対象者の自律と自立の芽をつまない対応を / 奥川幸子 / p110~110
  • アメリカにおける外来看護の動向 / 江川隆子 / p111~116
  • 喘息友の会(向陽会)活動1年間の経験 / 大野清美
  • 増田千春
  • 中川秀昭・他 / p117~120
  • 水野肇連載対談 (現代医療への視点) その23 眼の健康に目配りを / 水野肇
  • 増田寛次郎 / p121~131

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護技術
著作者等 メヂカルフレンド社
書名ヨミ カンゴ ギジュツ
書名別名 Japanese journal of nursing arts

The Japanese journal of nursing arts
巻冊次 31(10)(441)
出版元 メヂカルフレンド社
刊行年月 1985-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0449752X
NCID AN00407639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想