医用電子と生体工学 : 日本ME学会雑誌論文号 = Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME  30秋季特別号

日本ME学会編集

国立国会図書館雑誌記事索引 3 (1) 1965.01~39 (4) (通号: 207) 2001.12;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;1巻1号から26巻4号までのタイトル関連情報: 日本ME学会雑誌;1巻1号から26巻4号までの編者: 日本ME学会;特別号あり;1巻1号 = [1号] (昭和38年1月)-[ ];出版者変遷: コロナ社 (1巻1号-4巻4号)→ 日本ME学会 (4巻5号-39巻1号);頒布者変遷: コロナ社 (4巻5号-24巻7号)→ 秀潤社 (25巻1号-26巻4号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 1-A-1 出産直後の新生児評価のためのApgar Fuzzy Expert System / 下村恭子
  • 庄野秀明
  • 山崎実好
  • 室雅巳
  • 伊藤雄二
  • 杉森甫 / p1~1
  • 1-A-2 全身麻酔とファジィ制御 / 筒井俊徳
  • 有田清三郎
  • 濱田眞悟 / p2~2
  • 1-A-3 医療情報の境界値処理におけるファジィ理論の有用性 / 牧野和隆 / p3~3
  • 1-A-4 ファジィによる医用画像診断支援について / 岩橋正國
  • 吉浦敬 / p4~4
  • 1-A-5 検査値をファジーで読むと ~症例を中心に~ / 只野寿太郎 / p5~5
  • 1-A-6 主観観測モデル理論を用いたニューラルネットワークの構造表現 / 矢鳴虎夫 / p6~6
  • 1-A-7 少産少子時代と妊娠のホームケア / 田中慶司 / p7~7
  • 1-A-8 ニューメディアによる妊婦のホームケアとそのハードウエア / 竹内康人 / p8~8
  • 1-A-9 ニューメディアによる妊娠のホームケアとそのソフト / 村上雅義 / p9~9
  • 1-A-10 患者による医療データ管理の実際 / 原量宏
  • 柳原敏宏
  • 神保利春 / p10~10
  • 1-B-1 冠動静脈血流の成因--モデル論的検討 / 小笠原康夫
  • 後藤真己
  • 辻岡克彦
  • 梶谷文彦 / p11~11
  • 1-B-2 20MHz Doppler cartheterを用いたatrial coveの分析 / 半谷静雄
  • 西山清敬
  • 石原昭 / p12~12
  • 1-B-3 再帰形パラメトリック法による大動脈入力インピーダンスの算出 / 原澤泰比古
  • 砂川賢二 / p13~13
  • 1-B-4 血液の慣性力が収縮末期の左室圧を急速に低下させる / 内田啓介
  • 菅原基晃
  • 近藤順義 / p14~14
  • 1-B-5 内皮細胞をDynamicに考える / 土屋雅春
  • 鈴木秀和
  • 末松誠 / p15~15
  • 1-B-6 Endothelin-1のautocrine作用について / 青木浩樹
  • 深井真寿子
  • 金出英夫 / p16~16
  • 1-B-7 エンドセリンと胃粘膜障害 / 川野淳
  • 増田栄治
  • 辻晋吾
  • 房本英之
  • 鎌田武信 / p17~17
  • 1-B-8 毛細血管透過性の血流速度依存性について / 柴田政廣
  • 神谷瞭 / p18~18
  • 1-B-9 微小循環における酸素運搬調節と血管内皮 / 原田昇
  • 小坂博昭
  • 渡邊学
  • 志賀健 / p19~19
  • 1-B-10 皮膚血流と褥瘡 / 新妻淳子
  • 矢野英雄 / p20~20
  • 1-B-11 レーザースペックル血流画像化システムの現状 / 藤居仁
  • 小西直樹
  • 貞光和俊
  • 篠崎康裕
  • 藤懸英昭 / p21~21
  • 1-C-1 臨床検体検査におけるロボットの現状と動向 / 小澤恭一
  • A.トリショー
  • H.パーデユー
  • P.シュニペルスキー
  • J.プレイス / p22~22
  • 1-C-2 脳神経外科用マイクロサージェリロボットの開発 / 小山浩幸
  • 内田千城
  • 米田隆志
  • 宮城政雄
  • 舟久保煕康
  • 高倉公朋 / p23~23
  • 1-C-3 医用マイクロロボット医用メカトロデバイス / 生田幸士
  • 有冨智 / p24~24
  • 1-C-4 階段昇降歩行が可能な動力化大腿義足 / 藤本浩志 / p25~25
  • 1-C-5 介助用モビルロボットシステムの開発 / 米田隆志
  • 内田千城
  • 宮城政雄
  • 小山浩幸
  • 舟久保煕康 / p26~26
  • 1-C-6 病院案内メッセンジャロボットのインテリジェント化 / 木村一路
  • 湯軍
  • 季徳勝
  • 只野寿太郎 / p27~27
  • 1-D-1 インピーダンス法による体組成計測の原理について / 金井寛 / p28~28
  • 1-D-2 小児の栄養指標としてのBioelectrical Impedance Analysisの有用性 / 角田美紀
  • 水田祥代
  • 坂口点
  • 村守華都己
  • 山内健 / p29~29
  • 1-D-3 重症肥満の外科治療後のBodyComposition推移 / 児玉多曜
  • 朱琮杰
  • 磯野可一 / p30~30
  • 1-D-4 筋肉のMRI診断-肉離れ、筋炎、- / 阿武泉
  • 吉岡大
  • 板井悠二 / p31~31
  • 1-D-5 外科領域におけるBIAの意義とCTによる術前後のBody Compositionの変化について / 草間昭夫
  • 佐藤信昭
  • 武藤輝一
  • 牧野春彦
  • 親松学
  • 小山諭
  • 川合千尋 / p32~32
  • 1-D-6 衝撃波焦点の深度と腎組織損傷との関連性について / 桑原正明
  • 庵谷尚正
  • 田口勝行
  • 斉藤敏典
  • 白井修一
  • 折笠精一
  • 高山和喜
  • 相田聡 / p33~33
  • 1-D-7 体外衝撃波胆石破砕療法の現状と問題点 / 北山修
  • 伊勢秀雄
  • 松野正紀 / p34~34
  • 1-D-8 生体内を伝播する衝撃波に関する研究 / 名児耶肇
  • 小原哲郎
  • 桑原正明
  • 高山和喜 / p35~35
  • 1-D-9 平面衝撃波の生体作用の特徴(I)--実験装置ならびに実験の数理解析 / 玉川雅章
  • 赤松映明
  • 内田睦
  • 渡辺泱
  • 今出陽一朗 / p36~36
  • 1-D-10 平面衝撃波の生体作用の特徴(II)--生体への影響 / 内田睦
  • 今出陽一朗
  • 渡辺泱
  • 玉川雅章
  • 赤松映明 / p37~37
  • 1-D-11 衝撃波による結石破砕メカニズムに関する検討 / 相田聡
  • 藤本克彦
  • 柴田真理子
  • 桑原正明
  • 高山和喜 / p38~38
  • 1-D-12 衝撃波の簡便な評価方法(結石破砕装置の標準化に向けて) / 幾島康夫 / p39~39
  • 1-E-1 ウォータージェット手術用加圧システムについて / 西坂剛 / p40~40
  • 1-E-2 肝切除におけるウォータージェットメスの使用の問題点と対策 / 杉山貢 / p41~41
  • 1-E-3 肝切除術におけるウォータージェットメスの有用性 / 中島保明
  • 増子佳弘
  • 安原満夫
  • 嶋村剛
  • 三澤一仁
  • 佐藤直樹
  • 宇根良衛
  • 内野純一
  • 米川元樹 / p42~42
  • 1-E-4 アクアジェットメスの臨床応用拡大の試み / 大宮東生
  • 泉家久直
  • 古田一徳
  • 高橋毅
  • 吉田宗紀
  • 塚本秀人
  • 竹中晴幸
  • 比企能樹
  • 柿田章 / p43~43
  • 1-E-5 ウォータージェットの腹腔鏡下手術への応用 / 佐久間洋一
  • 西坂剛 / p44~44
  • 1-E-6 婦人科開腹手術後の術後癒着予防対策としての術後早期Second-Look Laparoscopy下のaquadissectionによる癒着剝離 / 川内博人
  • 釼持稔
  • 石川雅一
  • 飯野譲二
  • 中居光生 / p45~45
  • 1-E-7 ジェット噴流を用いた制癌剤局所注入法 / 米村豊
  • 宮崎逸夫 / p46~46
  • 1-E-8 血管病変に対するウォータージェットの効果と影響 / 加藤淳也
  • 岩崎甫
  • 神谷喜八郎
  • 多田祐輔 / p47~47
  • 1-E-9 Water Jetを用いた血管形成術の基礎的検討 / 小林正美
  • 澤田敏
  • 小山司
  • 藤原義夫
  • 谷川昇
  • 岩宮孝司
  • 森岡伸夫
  • 中村一彦
  • 奥田良和
  • 橋本政幸
  • 太田吉雄 / p48~48
  • 1-E-10 代謝からみた身体活動量の推定 / 吉田敬義 / p49~49
  • 1-E-11 携帯型身体活動・行動記録計の開発とその臨床応用 / 牧川方昭
  • 今井勝喜
  • 新土井賢
  • 田野岡和紀 / p50~50
  • 1-E-12 身体活動量の計測と解析 / 三田勝己 / p51~51
  • 1-E-13 身体活動量計測と臨床医学応用 / 藤元登四郎
  • 斉藤浩一
  • 辻隆之
  • 戸川達男 / p52~52
  • 1-E-14 多動児と身体活動量 / 川村みや子 / p53~53
  • 1-E-15 下肢切断者の身体活動量測定と義足構造強度設計への応用 / 森本正治 / p54~54
  • 1-F-1 大脳皮質の磁気刺激 / 藤木稔
  • 上野照剛
  • 磯野光夫
  • 堀重昭 / p55~55
  • 1-F-2 磁気刺激に対する神経興奮特性 / 樋脇治
  • 上野照剛 / p56~56
  • 1-F-3 横隔膜の磁気刺激 / 中川正祥 / p57~57
  • 1-F-4 心臓の磁気刺激 / 山口益弘 / p58~58
  • 1-F-5 磁気刺激の安全性 / 辻貞俊 / p59~59
  • 1-F-6 SQUID技術と生体磁気計測 / 葛西直子 / p60~60
  • 1-F-7 体性感覚誘発脳磁図 / 内川義則
  • 小谷誠 / p61~61
  • 1-F-8 脳磁図計測と脳磁図イメージング / 伊良皆啓治
  • 上野照剛 / p62~62
  • 1-F-9 聴性誘発脳磁図を初めとしたSQUIDの臨床応用 / 山本智矢 / p63~63
  • 1-F-10 脳磁図の臨床応用 / 中里伸和 / p64~64
  • 1-F-11 てんかん脳磁図の計測と電源推定 / 湯本真人
  • 金子裕
  • 上坂義和
  • 丹羽真一
  • 大久保昭行 / p65~65
  • 1-G-1 超音波診断装置による下顎骨頭の運動の観察 / 長本伸哉
  • 小林繁 / p66~66
  • 1-G-2 CTの歴史と画像の符号化 / 田中寛
  • 厳壮志 / p67~67
  • 1-G-3 空気流れの速度分布を再構成するための時間差超音波CT / スタム・ティラワタナチャイ
  • 小宮勤一 / p68~68
  • 1-G-4 X線散乱断層撮影法 / 近浦吉則
  • 米田泰治 / p69~69
  • 1-G-5 コーンビームによるCT / 日下部正宏 / p70~70
  • 1-G-6 光CTについて / 高田通之助 / p71~71
  • 1-H-1 31P-MRSからみたラット咬筋の強縮の疲労回復過程 / 馬場俊輔
  • 田中昌博
  • 更谷啓治
  • 川添堯彬
  • 西川弘恭 / p72~72
  • 1-H-2 前頭筋EMGバイオフィードバックによる咀嚼筋弛緩訓練効果 / 沖野憲司
  • 三善潤
  • 藤澤政紀
  • 松田葉
  • 東海林理
  • 深川聖彦
  • 石橋寛二 / p73~73
  • 1-H-3 交流磁界型磁気センサ(チップコイル)を用いた顎運動計測装置の開発 / 筒淵徳蔵
  • 山本隆昭
  • 梅田和宏
  • 今井徹
  • 中村進治
  • 伊福部達 / p74~74
  • 1-H-4 種々の咬合機能時にみられる胸鎖乳突筋のco-activationの特徴について / 佐藤康弘
  • 河野正司
  • 吉田恵一
  • 土田幸弘 / p75~75
  • 1-H-5 若年者における各種食品咀嚼時の筋電図と顎運動 / 長澤亨
  • 阿部泰彦
  • 津賀一弘
  • 大川周治
  • 津留宏道 / p76~76
  • 1-H-6 咀嚼運動における運動パターンと筋活動パターンの同時表示に関する研究 / 東和生
  • 加藤佳奈子
  • 反橋直也
  • 吉川健司
  • 吉田真理
  • 相馬季世子
  • 高島史男
  • 丸山剛郎 / p77~77
  • 1-H-7 頭蓋下顎機能障害患者の夜間睡眠中の病態生理--睡眠時無呼吸の発現頻度 / 仁村秀由喜
  • 武田悦孝
  • 小林義典 / p78~78
  • 1-H-8 母音持続発音時における下顎位の動態について / 森本進
  • 守谷直史
  • 阿部泰彦
  • 櫻井裕也
  • 佐藤裕二
  • 大川周治
  • 長澤亨
  • 津留宏道 / p79~79
  • 1-H-9 調音機能と補綴物との関係 III-5実験的局部口蓋床が音声継続時間、発音前の表情筋・舌筋筋放電活動、舌圧および舌・下顎運動に及ぼす経日的変化様相 / 竹内英明
  • 森谷良彦 / p80~80
  • 1-H-10 口唇付近の動きに関する多点時系列解析--システム開発 / 瀬高昌士
  • 川崎貴生
  • 長崎健
  • 川嶋稔夫
  • 青木由直 / p81~81
  • 1-H-11 空口運動時と咀嚼運動時の顎間関係の相違 / 大久保由紀子
  • 鈴木温
  • 中野雅徳
  • 坂東永一 / p82~82
  • 1-H-12 骨格性下顎前突の外科的矯正治療前後における下顎運動の変化 / 韮澤敏
  • 岩片信吾
  • 野村修一
  • 石岡靖
  • 小林正治
  • 中島民雄
  • 八巻正樹
  • 花田晃治
  • 林豊彦 / p83~83
  • 1-H-13 小児の下顎滑走運動と前歯被蓋との関係について / 早崎治明
  • 山崎要一
  • 成瀬克子
  • 緒方哲朗
  • 石井光治
  • 中田稔 / p84~84
  • 2-A-1 人工循環時の脱血回路における振動流 / 辻隆之
  • 須磨幸蔵
  • 戸川達男 / p85~85
  • 2-A-2 冠血流制御における心筋収縮の意義 / 辻岡克彦
  • 小笠原康夫
  • 後藤真己
  • 梶谷文彦 / p86~86
  • 2-A-3 細胞付着担体孔内での細胞集合体の構造形成と機能発現 / 船津和守
  • 松下琢
  • 澤野正雄 / p87~87
  • 2-A-4 過負荷に対する家兎前十字靱帯の力学的反応 / 山本憲隆
  • 林文弘
  • 林紘三郎 / p88~88
  • 2-A-5 解剖学的関節に伝わる荷重の計算 / 広川俊二 / p89~89
  • 2-A-6 人間の歩行の過渡特性--大型床反力計による解析 / 佐藤正視
  • 山下忠 / p90~90
  • 2-A-7 生体での人工心臓駆動制御についての経験 / 妙中義之
  • 増澤徹
  • 木下正之
  • 中谷武嗣
  • 赤城治彦
  • 高野久輝 / p91~91
  • 2-A-8 完全人工心臓置換動物の揺らぎと制御 / 山家智之
  • 仁田新一
  • 片平美明
  • 薗部太郎
  • 永沼滋
  • 柿沼義人
  • 小林信一
  • 芳賀洋一
  • 田中元直
  • 福寿赳雄
  • 三浦誠
  • 佐藤尚
  • 毛利平小出訓
  • 竹田宏
  • 吉沢誠 / p92~92
  • 2-A-9 人工心臓監視システムにおけるモデルの役割 / 吉澤誠
  • 竹田宏
  • 山家智之
  • 仁田新一 / p93~93
  • 2-A-10 補助心臓ポンプ制御法解明のための機械モデルの有用性 CHARACTERISTICS OF A MECHANICAL CIRCULATORY SYSTEM FOR THE ANALYSIS OF CARDIAC ASSIST DEVICES / 梅津光生 / p94~94
  • 2-A-11 大規模循環システムモデルHumanの使い方--実時間患者モデルを目指して / 喜多村直 / p95~95
  • 2-A-12 完全人工心臓動物モデルにおけるα作用、β作用と1/R制御 / 阿部裕輔
  • 鎮西恒雄 / p96~96
  • 2-A-13 技術と人間 / 吉岡斉 / p98~98
  • 2-A-14 医療産業と人間 / 荻野和郎 / p99~99
  • 2-A-15 生命支援技術と人間 / 土肥健純 / p100~100
  • 2-A-16 人工臓器と人間 / 仁田新一 / p101~101
  • 2-A-17 人工知能と人間 / 津田一郎 / p102~102
  • 2-A-18 医療と技術におけるパラダイムシフト / 土屋喜一 / p103~103
  • 2-A-19 医療機械と文化 / 波平恵美子 / p104~104
  • 2-A-20 自然と文化・道徳相と技術相 / 染谷臣道 / p105~105
  • 2-B-1 Holter心電図による心拍変動 / 川田浩
  • 白川修 / p106~106
  • 2-B-2 ホルター心電図システムの技術的現状 / 原澤栄志 / p107~107
  • 2-B-3 微小心電図の現状 / 中橋義尚
  • 鈴木巧 / p108~108
  • 2-B-4 周波数解析に要求される技術 / 松浦史郎 / p109~109
  • 2-B-5 心腔内心電図 / 塩田伸二 / p110~110
  • 2-B-6 高周波通電法によるカテーテルアブレーションの実験的検討--通電カテーテルの特性が焼均に及ぼす影響 / 加藤千雄
  • 嶋地健
  • 安井直
  • 可児篤
  • 野場万司
  • 松山裕宇
  • 近松均
  • 菱田仁
  • 渡辺佳彦
  • 水野康 / p111~111
  • 2-B-7 心房細動に合併する変行伝導と心室性不整脈との鑑別--二次元四象限表示によるRP間隔解析法を用いて / 田辺章弘
  • 古賀義則
  • 戸嶋裕徳 / p112~112
  • 2-B-8 臨床工学技士の卒前・卒後教育 / 櫛山三藏 / p113~113
  • 2-B-9 臨床工学技士と呼吸療法業務 / 原直哉
  • 原野政則
  • 小川一彦
  • 荒巻晴美
  • 古賀俊彦 / p114~114
  • 2-B-10 循環療法業務についての現状 / 諫本義雄 / p115~115
  • 2-B-11 透析部門における臨床工学技士の現状と将来 / 山口親光 / p116~116
  • 2-B-12 ME機器管理業務についての現状 / 戸畑裕志 / p117~117
  • 2-C-1 周期性変動の数学的解析法 / 砂川賢二
  • 杉町勝 / p118~118
  • 2-C-2 周期性変動の工学的モデル / 西村敏博
  • 井上猛
  • 斉藤正男 / p119~119
  • 2-C-3 概日リズムの中枢制御機構 / 坂田利家
  • 吉松博信 / p120~120
  • 2-C-4 高血圧における血圧概日変動の意義 / 田村康二
  • 本間元
  • 河埜功
  • 中村享道 / p121~121
  • 2-C-5 長時間胎児心拍数図を用いた心拍数微細変動におけるresting-active cycleの解析 / 庄野秀明
  • 室雅巳
  • 山崎実好
  • 伊藤雄二
  • 杉浦甫 / p122~122
  • 2-C-6 味覚情報処理の生理学的研究 / 村山伸樹 / p123~123
  • 2-C-7 人の舌を超えたマルチチャネル味覚センサー / 林健司
  • 都甲潔
  • 山藤馨 / p124~124
  • 2-C-8 味センサーと食品管理 / 池崎秀和
  • 佐藤勝史
  • 河原井茂義 / p125~125
  • 2-C-9 においセンサとニューラルネットワーク / 櫻庭祐一
  • 中本高道
  • 森泉豊榮 / p126~126
  • 2-C-10 生体模倣技術を用いて作製した匂い分子識別システム / 大西通博
  • 石橋義
  • 鬼島靖典
  • 石本光
  • 瀬戸順悦 / p127~127
  • 2-D-1 在宅酸素療法患者のパルスオキシメータを用いたモニタリングシステム` / 矢那瀬信雄
  • 近藤えり
  • 久保田勝
  • 高田信和
  • 小林弘祐
  • 阿部直
  • 冨田友幸
  • 鎌田實
  • 今井澄
  • 麻生茂 / p128~128
  • 2-D-2 インピダンス式尿失禁予防モニタの検討と在宅ケアヘの応用 / 山田明夫
  • 布施政好
  • 青柳卓雄
  • 保坂栄弘
  • 柳沢博
  • 東間紘 / p129~129
  • 2-D-3 非観血的方法による血圧波形計測の可能性 / 磨田裕
  • 奥村福一郎 / p130~130
  • 2-D-4 ニューメディァによる在宅妊婦管理システム / 原量宏
  • 柳原敏宏
  • 神保利春 / p131~131
  • 2-D-5 在宅医療・在宅介護用ナースコール方式の新しい電話機 / 田中孝也
  • 寺松孝
  • 中村健 / p132~132
  • 2-D-6 高齢者の在宅診療支援システムの開発 / 池尻泰二
  • 山家滋
  • 原寛
  • 柏木征三郎 / p133~133
  • 2-D-7 留守番電話、ファックスを用いた、患者病歴参照システム / 川越厚
  • 佐藤智
  • 辻和男
  • 池田俊也 / p134~134
  • 2-D-8 訪問看護におけるTV電話の利用 / 松岡順之介
  • 大北良輔
  • 土田はる
  • 渡辺章子
  • 岡田幸久 / p135~135
  • 2-D-9 ホームヘルスモニタリングの概念 / 石島正之 / p136~136
  • 2-D-10 生体情報収集の完全自動化の試み / 田村俊世 / p137~137
  • 2-D-11 高齢者の生理情報の把握と健康管理 / 藤元登四郎
  • 斉藤浩一
  • 高橋紳一
  • 川野龍三
  • 辻隆之
  • 戸川達男 / p138~138
  • 2-D-12 ストレスの客観的評価の試み / 大須賀美恵子 / p139~139
  • 2-D-13 サニタリー設備に設置する生体情報収集装置の可能性 / 有福潔
  • 原賀久人 / p140~140
  • 2-D-14 浴室を利用したヘルスモニタリング / 馬場秀運 / p141~141
  • 2-D-15 住宅と健康 / 鈴木徳彦 / p142~142
  • 2-E-1 負性抵抗を用いた補助呼吸器 / 川嶋健嗣
  • 野城真理
  • 清水優史
  • 香川利春
  • 龍前三郎 / p143~143
  • 2-E-2 気管内挿管下呼吸インピーダンス連続測定システムの検討 / 川上賢三
  • 三嶋理晃
  • 平井豊博
  • 酒井直樹
  • 杉浦直治
  • 田中螢子
  • 福永隆文
  • 久野健志 / p144~144
  • 2-E-3 新生児・乳児気管支を対象とするファイバースコープ観察下におけるレーザー治療の試み / 黒米啓順
  • 保坂栄弘
  • 前川康弘
  • 金田道寛
  • 長谷川久弥 / p145~145
  • 2-E-4 三次元立体法による換気機構の解析 / 吉野克樹
  • 鏑木孝之
  • 井澤裕
  • 北山和貴
  • 山口美沙子
  • 金野公郎
  • 真野三佳 / p146~146
  • 2-E-5 人工呼吸管理における呼吸仕事量測定の意義 / 今中秀光
  • 内山昭則
  • 妙中信之 / p147~147
  • 2-E-6 人体の熱バランスと温度分布 / 小坂光男
  • 大渡伸 / p148~148
  • 2-E-7 ヒト深部の体温測定 / 辻隆之
  • 井筒岳
  • 戸川達男 / p149~149
  • 2-E-8 ハイパーサーミア温度シミュレーション / 松田甚一
  • 加藤和夫 / p150~150
  • 2-E-9 MRI温度マッピング-拡散係数法 / 的崎健 / p151~151
  • 2-E-10 NMRによる温度分布の無侵襲画像計測(III)--水プロトンMRSIによる温度分布画像化法の検討 / 黒田輝
  • 阿部公輔
  • 堤四郎
  • 石原康利
  • 鈴木義規
  • 佐藤幸三 / p152~152
  • 2-E-11 マイクロ波温度イメージング / 宮川道夫 / p153~153
  • 2-E-12 マイクロ波温度プロファイリング / 水品静夫
  • 大庭弘行
  • 杉浦敏文 / p154~154
  • 2-F-1 振動の場のエネルギーを使用する集積型アクチュエータの開発 / 松浦弘幸
  • 鎮西恒雄
  • 井街宏
  • 田子友太郎
  • 藤正巌 / p155~155
  • 2-F-2 モータータンパク・ミオシンの分子機械としての特性 / 太和田勝久
  • 今福泰浩 / p156~156
  • 2-F-3 薬物送達システム(DDS) / 東條角治 / p157~157
  • 2-F-4 RSMA薄膜アクチュエータを用いたミクロンサイズアーム / 栗林勝利
  • 西ノ原隆行
  • 谷口隆雄
  • 吉竹正明
  • 小川倉一 / p158~158
  • 2-F-5 マイクロ光造形法 / 生田幸士
  • 広渡憲 / p159~159
  • 2-F-6新しい超音波医学の展望 総論 超音波医工学の達成目標 / 伊東紘一 / p160~160
  • 2-F-7心筋内潅流状態の定量的評価の試み / 椎名毅
  • 寒河井博
  • 高元俊彦 / p161~161
  • 2-F-8高周波超音波顕微鏡による生物組織性状について / 西村敏博
  • 千田彰一
  • 枡形尚
  • 菅敬彦
  • 松尾裕英 / p162~162
  • 2-F-9超音波断層法の超解像化への試み / 石原謙
  • 桝田晃司
  • 古川俊之 / p163~163
  • 2-F-10超音波画像の3次元表示 / 馬場一憲
  • 石井繁夫
  • 岡井崇 / p164~164
  • 2-F-11 Integrated Backscatter(IB)の絶対値による心筋の組織性状診断 / 司波章
  • 村上敬一
  • 志村孚城
  • 内藤丈詞
  • 増山理
  • 田内潤
  • 堀正二
  • 鎌田武信 / p165~165
  • 2-F-12不均一媒質層による劣化画像の補正 / 神田良一
  • 高見沢欣也
  • 平間信
  • 佐々木博 / p166~166
  • 2-F-13高周波超音波診断装置の開発 / 加藤恵司
  • 城和博
  • 坂下肇
  • 入江喬介
  • 伊藤寿夫
  • 松中敏行
  • 河西千廣 / p167~167
  • 2-F-14健常者および心不全患者における立位耐容能のちがい 下半身陰圧負荷法による検討 / 原沢泰比古
  • 今泉勉
  • 砂川賢二
  • 竹下彰 / p168~168
  • 2-F-15バソプレッシンと動脈圧反射 / 山崎登自
  • 二宮石雄 / p169~169
  • 2-F-16圧反射の心臓と動脈系の結合効率に及ぼす影響 / 久保田徹 / p170~170
  • 2-F-17慢性心不全における運動と自律神経のかかわり / 佐藤秀幸
  • 今井克次
  • 堀正二
  • 鎌田武信 / p171~171
  • 2-F-18慢性心不全における血圧調節は合理的か / 麻野井英次
  • 亀山智樹
  • 石坂真二 / p172~172
  • 2-G-1マイクロフォーカスX線源とCTスキャナー / 小石川篤
  • 中村栄一郎
  • 岩倉利幸 / p173~173
  • 2-G-2ヘリカルCTについて / 東木裕介 / p174~174
  • 2-G-3 Digital tomosynthesis法の臨床応用のための展開 / 曾根脩輔
  • 春日敏夫
  • 平野浩志
  • 竹村國彦
  • 細羽実 / p175~175
  • 2-G-4核医学におけるCTの進歩 / 米倉義晴 / p176~176
  • 2-G-5MRIによる三次元イメージング / 杉山公夫
  • 藤井清文
  • 南方大 / p177~177
  • 2-G-6X線CT情報より3次元模型の製作と臨床応用 / 後藤昌昭
  • 香月武
  • 久保田英朗
  • 内田雄基
  • 井原功一郎
  • 野口信宏
  • 大山永昭
  • 坪井桂一 / p178~178
  • 2-G-7 CT-LINAC ON LINE SYSTEM / 松岡順之介
  • 吉瀬孝志
  • 谷口和博
  • 郷家均
  • 高野英明 / p179~179
  • 2-G-8コンピュータグラフイックスの医療応用 / 安田孝美 / p180~180
  • 2-G-9立体HDTVの眼科応用 / 宮田和典 / p181~181
  • 2-G-10医用ホログラフィック3Dシステム / 鈴木正根
  • 斎藤隆行 / p182~182
  • 2-H-1 MEGのフラクタル次元解析 / 児玉泰輝
  • 今田俊明
  • 合原一幸
  • ケビン・ジュッド
  • 小谷誠 / p183~183
  • 2-H-2胎児体重推定における階層型ニューラルネットワークの応用 / 重光貞彦
  • 稲葉淳一
  • 久保武士 / p184~184
  • 2-H-3ニューラルネットによるホルター心電図データ圧縮 / 長坂保典
  • 岩田彰 / p185~185
  • 2-H-4ニューラルネットワークを用いた睡眠脳波の状態判定 / 島田尊正
  • 竹村淳
  • 横山幸生
  • 椎名毅
  • 斉藤陽一 / p186~186
  • 2-H-5筋電操作ハンドの制御のための皮膚表面筋電のニューラルネットによる認識 / 平岩明
  • 内田典佳
  • 曾根厚登
  • 下原勝憲 / p187~187
  • 2-H-6 BPニューラルネットワークによるラットの味覚神経系データの解析 / 片山洋志
  • 安達雅春
  • 合原一幸
  • 小谷誠
  • 長井孝紀
  • 山本隆 / p188~188
  • 2-H-7ニューラルネットを用いた非線系性の検出とその生体信号処理への応用 / 八名和夫
  • 水田博久
  • 駒井雅宣 / p189~189
  • 2-H-8 Radial Basis Function Networksを用いた非線形写像近似 / 鈴木政伸
  • ケビン・ジュッド
  • 合原一幸
  • 小谷誠 / p190~190
  • 2-H-9競合と協調による医用画像の非線形変換 ~ネットワークインバーションを用いたポジトロン分布の復元~ / 木下直幸
  • 桑谷浩
  • 佐瀬幹哉
  • 小杉幸夫
  • 西川潤一
  • 百瀬敏光
  • 渡辺俊昭 / p191~191
  • 2-H-10ニューラルネットワークを用いたシングルフォトンエミッションCTにおける散乱成分の推定 / 尾川浩一 / p192~192
  • 2-H-11ニューラルネットワークを用いた肝硬変のパターン情報抽出法の試み / 吉野進也
  • 小林暁
  • 谷萩隆嗣
  • 福田浩之
  • 江原正明
  • 大藤正雄 / p193~193
  • 2-H-12多重確率診断ネットワーク--知識互換性と個人差の学習 / 飯田一浩 / p194~194

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 医用電子と生体工学 : 日本ME学会雑誌論文号 = Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME
著作者等 日本ME学会
日本エムイー学会
書名ヨミ イヨウ デンシ ト セイタイ コウガク : ニホン ME ガッカイ ザッシ ロンブンゴウ = Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME
書名別名 日本ME学会雑誌

Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME

Iyo denshi to seitai kogaku
巻冊次 30秋季特別号
出版元 日本エム・イー学会
日本学会事務センター
刊行年月 1992-10
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00213292
NCID AN00016981
AA12119469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00001674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想