環境感染  7(1)

日本環境感染学会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 14 (2) 1999.05~23 (Suppl.) 2008;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版地, 大きさの変更あり;Suppl.とも;1巻1号 (Feb. 1986)-22巻4号 (2007), 23巻suppl. (2008)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • メチシリン耐性Staphylococcus aureus(MRSA)感染症対策の疫学マーカーとしての抗菌剤耐性パターンによる型別 / 三木寛二,他 / p1~4
  • IVH輸液の細菌汚染の因子 / 高山哲,他 / p5~8
  • 消化器術後MRSA感染症とその臨床的背景因子の検討 / 花谷勇治,他 / p9~13
  • 第7回 総会学術集会講演会 / / ~84
  • 特別講演 成人T細胞白血病とエイズ / 高月清 / p17~20
  • シンポジウム I「環境感染としてのSTD」 STD病原微生物をめぐる問題点 / 山崎修道 / p21~22
  • シンポジウム I「環境感染としてのSTD」 HIV陽性者と医療現場 / 高橋成輔 / p23~24
  • シンポジウム I「環境感染としてのSTD」 環境感染としてのAIDS / 北村敬 / p25~27
  • シンポジウム I「環境感染としてのSTD」 歓楽街のSTD汚染 / 大里和久 / p28~29
  • シンポジウム I「環境感染としてのSTD」 環境感染としての女性性器ヘルペス / 川名尚 / p30~32
  • シンポジウム II「病院(院内)感染対策の現状と将来」 病院(院内)感染をめぐる諸問題 / 小林寛伊 / p33~34
  • シンポジウム II「病院(院内)感染対策の現状と将来」 病院(院内)感染対策からみた臨床分離菌の評価 / 菅野治重 / p35~37
  • シンポジウム II「病院(院内)感染対策の現状と将来」 小児科病棟で経験する細菌・ウイルスの病院(院内)感染の実態と防止対策の試行 / 武内可尚 / p38~40
  • シンポジウム II「病院(院内)感染対策の現状と将来」 肝炎ウィルスの病院(院内)感染と病院(院内)感染の監視対策 / 柏木征三郎 / p41~42
  • シンポジウム II「病院(院内)感染対策の現状と将来」 病院(院内)感染対策の現況と将来 / 今田寛睦 / p43~44
  • 一般演題 (演題番号1~81) / / p45~84
  • 学会会則 / / p85~86
  • 学会役員名簿 / / p87~88
  • 理事会議事録 / 山田泰
  • 出月康夫
  • 神木照雄
  • 川名林治
  • 熊澤淨一
  • 熊本悦明
  • 黒坂公生
  • 五島嵯智子
  • 小林寛伊
  • 紺野昌俊
  • 斎藤厚
  • 坂崎利一
  • 清水喜八郎
  • 松本文夫
  • 三輪谷俊夫 / p89~90

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 環境感染
著作者等 日本環境感染学会
書名ヨミ カンキョウ カンセン
巻冊次 7(1)
出版元 日本環境感染学会
刊行年月 1992-06
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 09183337
NCID AA12316798
AN1019475X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00090528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想