Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research  2(2)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 2001.01~10 (12) 2004.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号(1995年1月) - 10巻12号(2004年12月);以後休刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • <特集> 看護教育カリキュラムを考える / / p4~50
  • 看護カリキュラム評価の現状と課題 -評価の方法論を中心に / 宮岡久子 / p4~10
  • 新カリキュラムを考える -特に問題解決能力の育成 / 山口瑞穂子 / p11~17
  • 新カリキュラムに対する評価 -看護学に必要な新しいシフト / 神郡博 / p18~23
  • 新カリキュラム改正に伴う看護界の反応とその傾向 -教育・管理者への調査 / 森田チヱコ
  • 太田節子 / p24~31
  • 看護系大学編入学教育カリキュラムに関する考察 -編入学生の意識をもとに / 平河勝美
  • 近田敬子 / p32~37
  • 看護教育カリキュラム試案 -吉備国際大学保健科学部看護学科の教育目標とカリキュラム編成 / 中桐佐智子 / p38~43
  • CDE(糖尿病教育士)養成カリキュラムの検討 -特定疾患教育スペシャリスト:CDEとCNS(専門看護婦)との共存 / 河口てる子
  • 田村誠
  • 吉田亨
  • 川田智恵子 / p44~50
  • 看護教育におけるユニフィケーションの実践にむけて / 小松美穂子
  • 加藤政子
  • 佐々木順子
  • 野々村典子
  • 奥宮暁子
  • 前田和子
  • 巻田ふき
  • 宮腰由紀子
  • 板垣昭代
  • 山本恵子
  • 加納尚美
  • 市村久美子 / p52~59
  • 看護教師のためのカウンセリング入門 6 カウンセラーに求められる基本的態度-「自己一致」と「無条件の積極的関心」- / 影山セツ子 / p64~67
  • 実践看護研究講座 11 研究の手法と情報活用(6) 実験研究の基本的考え方 / 山田一朗
  • 山田律子 / p68~71
  • One Point Column 脊損患者の性に対するナースの態度 / 川西千恵美 / p60~60
  • One Point Column 記述することの大切さ / 荻原修代 / p60~60
  • One Point Column 大学院へ行こう / 森田敏子 / p61~61
  • One Point Column 体験して初めて知ること / 古家明子 / p61~61
  • One Point Column 白衣の天使 / 小松奈美子 / p62~62
  • One Point Column 事故を二度と繰り返さないために / 増田敦子 / p62~62
  • One Point Column 心にゆとりと確かさを / 海上芙美子 / p63~63
  • One Point Column 「お世話になる」「お世話する」ということ / 水戸美津子 / p63~63
  • 医学セミナー 糖尿病治療の最前線 2 肥満と糖尿病 / 岡本元純
  • 細田公則
  • 中尾一和 / p72~75
  • 学会告知板 / / p76~77
  • 投稿規定 / / p79~79

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research
著作者等 文光堂
書名別名 Quality nursing : Japanese journal of nursing education and nursing research

Quality nursing
巻冊次 2(2)
出版元 文光堂
刊行年月 1996-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13409875
NCID AN10462338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00099829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想