臨床と薬物治療  11(4)(70)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (6) 1996.06~23 (4) (通号: 205) 2004.04;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版者, 大きさの変更あり;6巻3号 = 30号 (1987年5月)-23巻4号 = 205号 (2004年4月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集=内科医のための皮膚外用剤の使い方 / 西岡清 / ~42,44~52,54~58,61~64,66~71,73~76,79~98,100~103,105~123
  • 外用剤の種類 / 川島真 / p34~37
  • 外用剤の経皮吸収作用 / 高森建二 / p38~42
  • 外用剤の使い方とその注意 ステロイド外用剤 / 岩崎和美 / p44~52
  • 外用剤の使い方とその注意 非ステロイド外用剤 / 浦野一志
  • 松尾聿朗 / p54~58
  • 外用剤の使い方とその注意 抗生物質外用剤 / 西嶋攝子 / p61~64
  • 外用剤の使い方とその注意 抗真菌外用剤 / 加藤卓朗 / p66~71
  • 外用剤の使い方とその注意 古典的外用剤 / 山本達雄 / p73~76
  • 外用剤の使い方とその注意 スキンケア用外用剤 / 山本一哉 / p79~83
  • 外用剤の副作用 ステロイド外用剤 / 幸田弘 / p84~88
  • 外用剤の副作用 非ステロイド性抗炎症外用剤 / 小塚雄民 / p89~93
  • 外用剤の副作用 抗生物質外用剤・抗真菌外用剤 / 庄司昭伸 / p94~98
  • 内科医への外用療法のアドバイス / 西岡清 / p100~103
  • 皮膚外用剤使用上のQ&A / 西岡清 / p105~106
  • 皮膚外用剤の禁忌・慎重投与・副作用一覧 / 臨床と薬物治療編集部 / p107~123
  • DI FILE 製品情報 / 国立病院医療センター薬剤部医薬品情報管理室 / p1~6
  • DI FILE 文献副作用情報 / 高杉益充 / p6~10
  • DI FILE 医薬品副作用情報 113 / / p11~32
  • バックナンバーのお知らせ / / p125~126
  • これからの特集テーマと"Q&A"の質問募集 / / p127~127
  • 7月号予告 / / p128~128

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床と薬物治療
著作者等 ありい出版
ミクス
エルゼビアジャパン株式会社
書名ヨミ リンショウ ト ヤクブツ チリョウ
書名別名 Clinics & drug therapy
巻冊次 11(4)(70)
出版元 エルゼビア・ジャパン
刊行年月 1992-05
ページ数
大きさ 29cm
ISSN 09137505
NCID AN10080433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00056044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想