自律訓練研究 = Japanese journal of autogenic therapy  18(2)(26)

日本自律訓練学会編編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 27 (2) (通号: 37) 2007.10~;本タイトル等は最新号による;1巻1号 (1979年4月)-11巻1号 (1990年7月) ; 11巻2号 = 15号 (1990年12月)-31巻2号 = 44号 (2011年12月) ; 32巻1/2号 (2012年12月)-;出版地の変更あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集「自律訓練法の新しい適用可能性・適用領域」 / / p1~98
  • 追悼 池見酉次郎先生と自律訓練法 / 佐々木雄二 / p1~1
  • 特別講演 認知行動療法における自律訓練法の位置づけ 自律行動療法の新しい展開 / 坂野雄二 / p2~10
  • シンポジウムII 司会のことば / 内山喜久雄 / p11~12
  • シンポジウムII 日本自律訓練学会第20回大会 自律訓練法の新しい適用可能性 症例検討を中心に / 原信一郎
  • 吾郷晋浩
  • 石川俊男 / p13~23
  • シンポジウムII 難治性過換気症候群に対するAT / 出雲路千恵
  • 芦原睦
  • 佐田彰見
  • 大澤麻子
  • 堤三希子 / p24~32
  • シンポジウムII 脳挫傷と脳梗塞への自律訓練法の適用--不安・身体症状・精神機能の検討 / 高野美智子
  • 安東末廣 / p33~39
  • シンポジウムII 自律訓練法の新しい適用可能性--症例検討を中心に / 松野俊夫 / p40~44
  • シンポジウムIII 自律訓練法の新しい適用領域 / / p45~67
  • 司会のことば / 石津宏
  • 笠井仁 / p45~46
  • 高校生に及ぼすATの効果 / 大井健次
  • 笠井仁
  • 内山喜久雄 / p47~55
  • 自律訓練法による介護疲労軽減効果(第3報) / 福山嘉綱
  • 五艘香
  • 青木佐奈枝
  • 北島正人
  • 末吉美佳
  • 中島節夫 / p56~63
  • 指定討論 / 中村延江 / p64~67
  • クリニカル ラウンド テーブル ディスカッション 自律訓練法の明日に向けて / 坂井誠 / p68~71
  • クリニカル ラウンド テーブル ディスカッション わが国における自律訓練法:これまでの20年,これからの20年 / 中島節夫 / p72~74
  • クリニカル ラウンド テーブル ディスカッション 我が国における自律訓練法:これまでの20年,これからの20年 これまでの20年(自律訓練法との出会い) / 松永一郎 / p75~77
  • クリニカル ラウンド テーブル ディスカッション 我が国における自律訓練法:これまでの20年,これからの20年 / 村上正人 / p78~81
  • 糖尿病による視覚障害者のリハビリテーションにおける自律訓練法の適用 / 上田幸彦 / p82~90
  • 自律訓練法の学級への応用に関する研究 / 与那城郁子
  • 松岡洋一
  • 松岡素子
  • 大宜見義夫 / p91~98
  • 日本自律訓練学会会則(抜粋) / / p101~101

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 自律訓練研究 = Japanese journal of autogenic therapy
著作者等 日本自律訓練学会
日本自律訓練学会編集委員会
書名ヨミ ジリツ クンレン ケンキュウ = Japanese journal of autogenic therapy
書名別名 Japanese journal of autogenic therapy

Jiritsu kunren kenkyu
巻冊次 18(2)(26)
出版元 日本自律訓練学会
刊行年月 2000-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09134964
NCID AN10231823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00055345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想