疲労と休養の科学  12(1)

疲労研究会 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 14 (1) 1999.08~20 (1) 2008.03;本タイトル等は最新号による;1巻1号~20巻1号(2008年3月);以後廃刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 多元的休養のストラテジー:疲労と休養の関係をさぐる / / p1~30
  • 多元的休養のストラテジー 疲労と休養の関係をさぐる / 調枝孝治
  • 小野寺昇 / p1~2
  • 主観的な快適圏の探求 / 長町三生 / p3~8
  • 眠れない人の最適睡眠法 / 堀忠雄 / p9~14
  • 疲労と癒し 行動的瞑想のすすめ / 山田冨美雄 / p15~24
  • 緊急災害時の休養スタイル---阪神・淡路大震災における障害者や高齢者の実態から / 大谷強 / p25~30
  • スズメバチ幼虫分泌アミノ酸(HLSA)摂取の運動時代謝応答に及ぼす影響 / 水野康
  • 浅野勝己
  • 阿部岳
  • 森下幸治 / p31~41
  • ウルトラマラソンの疲労回復におけるアミノ酸サプリメントの効果 / 高田英臣
  • 大庭治雄
  • 粟屋透
  • 大宮一人
  • 長嶋淳三
  • 武者春
  • 村山正博 / p43~48
  • 連続する長時間のウォーキングが骨代謝に及ぼす影響 / 木村靖夫
  • 山崎省一
  • 佐藤昭男
  • 浜田佳一
  • 窪田登
  • 内丸仁 / p49~57
  • 2つの異なる運動様式が陸上長距離選手の身体諸機能と血液性状に及ぼす影響 / 鈴木省三
  • 佐藤佑
  • 高橋弘彦
  • 藤井久雄 / p59~71
  • 夜間覚醒・運動と生理反応の変化 / 武安典代
  • 加藤達雄
  • 金井幸子
  • 吉岡利忠 / p73~82
  • 病棟勤務看護婦の勤務パターンと疲労についての調査研究 / 平柳要
  • 岩崎賢一
  • 神田省吾
  • 衣笠秀樹
  • 谷島一嘉 / p83~90
  • 安静時運動後の回復時における自然音の休養効果について / 小田史郎
  • 森谷絜
  • 福地保馬 / p91~101
  • 「証」の概念を用いた疲労感調査 II / 石塚盈代
  • 津田昌樹
  • 土佐寛順 / p103~113
  • 生理的諸機能の統合化による疲労評価の検討 / 吉藤宏哉
  • 吉村勲
  • 森健一 / p115~126
  • 第12回疲労研究会プログラム / / p127~128
  • 疲労研究会規約 / / p129~129
  • 「疲労と休養の科学」投稿規定 / / p130~131

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 疲労と休養の科学
著作者等 疲労研究会
書名ヨミ ヒロウ ト キュウヨウ ノ カガク
書名別名 Hiro to kyuyo no kagaku
巻冊次 12(1)
出版元 疲労研究会
刊行年月 1997-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09130241
NCID AN10084660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00052389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想