民医連医療  (212)

全日本民主医療機関連合会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 232) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;[ ]~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 核兵器廃絶と被爆者医療 第6回全日本民医連被爆者医療交流集会から / 編集部 / ~49
  • パネルディスカッション「いま、なぜ被爆者医療か」 核兵器をめぐる最近の動向 / 沢田昭二 / p8~15
  • パネルディスカッション「いま、なぜ被爆者医療か」 被団協「原爆被害者調査」と被爆者援護法 / 岩佐幹三 / p16~21
  • パネルディスカッション「いま、なぜ被爆者医療か」 岩手県における被爆者医療と被爆者運動 / 斉藤義雄 / p22~25
  • パネルディスカッション「いま、なぜ被爆者医療か」 被爆者医療の歩みと被爆者運動の現状 / 田阪正利 / p28~32
  • 原子爆弾被爆者がん検診のまとめ / 全日本民医連被爆者医療委員会 / p34~39
  • 被爆者認定をめぐる動向とその問題点 / 小林栄一 / p40~43
  • 被爆者対策の問題点と援護法制定運動 / 伊藤直子 / p44~45
  • 「長崎原爆松谷訴訟」の経過とそのたたかい / 編集部 / p48~49
  • 居住地別原爆被爆者数 / / p19~19
  • 日本被団協「被爆45周年援護法制定をめざす国民運動」要項 / 日本被団協 / p26~27
  • 原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律による諸手当受給状況 / / p33~33
  • 現行法と原子爆弾被害者等援護法案との比較 / / p46~47
  • 参議院社会労働委員会での被爆者援護法についての討論から / / p50~53
  • 昭和63年度癌検診(初年度)受診状況 / / p54~54
  • 第9回IPPNW世界大会に参加して / 菅政和 / p60~63
  • 第9回IPPNW世界大会の報告 / / p64~65
  • 第9回IPPNW世界大会決議 広島・長崎アピール / / p66~67
  • 新入職員の力を職場の活力に ともに育ちあう仲間として / 松下睦子
  • 黒津文明 / p68~79
  • 心に残った患者さん / 熊川祐子 / p56~
  • 県連・法人の看護婦教育 / 後藤幸子 / p80~82
  • わだいのひと / 高橋安子 / p55~55
  • 交流のひろば・写真サークル「我楽多」 / 岡村啓佐 / p83~85
  • 随筆 / 新垣米子 / p2~2
  • グラビア 福岡・田川診療所 / 豆塚猛 / p3~
  • 閲覧室 / / p59~59
  • 読者のひろば / 坂本和代
  • 宮里ワカネ
  • 高井礼子
  • 生松みち子 / p58~58
  • 編集部から / 高橋
  • 伊藤
  • 平尾 / p86~86

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 民医連医療
著作者等 全日本民主医療機関連合会
書名ヨミ ミンイレン イリョウ
巻冊次 (212)
出版元 全日本民主医療機関連合会
刊行年月 1990-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02852241
NCID AN0023657X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00035359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想