月刊ナーシング = Nursing  5(13)(61)

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) (通号: 257) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of nursing (1巻1号-8巻13号)→ The Japanese journal of nursing, Nursing (9巻1号-15巻6号);1巻1号 = 1号 (1981年4月)-;1巻1号から29巻11号までの出版者: 学習研究社;29巻12号から35巻11号までの頒布者: 学研マーケティング

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 "死"そして死にゆく人々のいのちへのケア〔II〕 / p1885~1980
  • 巻頭特別インタビュー 生きている人として,看護婦として死にゆく人々とどうかかわるか ターミナル・ケアの基本となるものを求めて / 馬場昌子 / p1886~1891
  • 人のいのちにかかわるにあたって"Quality of Life"をどう考えるか / 河野博臣 / p1892~1898
  • 死と闘う人々といかにして"ともに歩む"か 看護者側の対応を中心に / 木戸幸聖 / p1899~1905
  • 死と向かい合っている人たちの"希望"をいかにくみ取り育むか その人にふさわしいターミナル・ケアを実現するために / 寺本松野 / p1907~1913
  • 死のなかの"希望"とは <WISH>ではなく,現実に即した<HOPE>こそ"ともに生きる力"を生み出す / 斉藤武 / p1914~1917
  • 日本独自のホスピスのあり方を考える 日本的土壌のなかに"ホスピス精神"を根づかせるために / 原義雄 / p1918~1923
  • クリニカル・レポート 「1」死にゆく人の"心を看とる"ケアとは 4年間のホスピス・ケアへの取り組みを通して考える / 田島悦子 / p1926~1930
  • クリニカル・レポート 「2」"ホスピス精神"を生かしたターミナル・ケアとは ミーティング(TCM)を通して目標達成の条件を考える / 福田幸子 / p1931~1938
  • クリニカル・レポート 「3」死にゆく人に"安らぎ"を与えるケアとは 外泊により"末期の痛み"を緩和できた2事例を振り返って / 吉村千代子 / p1939~1945
  • クリニカル・レポート 「4」脳死患者およびその家族への"命と死の尊厳"をふまえたケアとは 悲嘆の淵から徐々に"脳死"を受容していった家族への支援を中心に / 中馬栄子
  • 高橋秀子
  • 田辺明美
  • 小野美津代 / p1946~1953
  • 脳死を考える 臓器移植との関連のなかで / 天野恵市 / p1949~1953
  • クリニカル・レポート 「5」"病名告知"の視点からターミナル・ケアを考える 文献検索および告知事例への授助を振り返って / 谷淑江
  • 及川美智恵
  • 渡会丹和子 / p1954~1959
  • クリニカル・レポート 「6」病名告知を受けた肺癌患者へのアプローチ 1人の人間として"死と向き合うケア"を目指して / 江原くるみ
  • 武田義江
  • 瀬川栄 / p1960~1967
  • クリニカル・レポート 「7」ブロンプトンカクテル使用による"疼痛緩和"へのケア 矯味料と使用法の工夫により効果を高めえた2事例を中心に / 渡稲子・ほか / p1968~1975
  • "ブロンプトンカクテル"とは / 編集部 / p1972~1973
  • いまこそ考えたい"死の教育" アメリカでの学びを通して / 若林一美 / p1976~1977
  • 癌との闘い 癌撲滅の原点はプライマリ・ヘルス・ケアに在り / 相良貞直 / p1978~1980
  • 寛解期白血病患者のケアを通して看護の"継続性"を考える (2) / 柴田弘子
  • 篠原浩美
  • 花田妙子
  • 松田明子 / p1985~1989
  • ナーシング・セミナー 事例(素材)との"対話"的共感をグループで学ぶ自己啓発研修の試み -2 「自己啓発研修」のなかで看護婦たちはいかに"変容"していったか
  • 「事例そのものとの対話」から「自分自身を素材化するための対話」へ / 編集部 / p1990~1994
  • ベッドサイド・ケアを再考する "疾患をもつ患者"によくみられる問題状況とデイリー・ケアの展開 (4) A-Cバイパス術を受ける心筋梗塞患者-術前・術後の呼吸面の問題状況から / 岡田八千恵
  • 松田明子 / p1995~1999
  • ベッドサイドを科学する -15 身近にみる"力学"アラカルト
  • 牽引 / 平田雅子 / p2001~2005
  • ナーシング・エリア 人間のいる風景 ・その22 「娼婦の館」が病院に,「娘子軍」は看護婦に-ある料亭の女中頭・お町さんの満州難民救済秘話 / 藤原作弥 / p2006~2007
  • 巻末連載 ベッドサイドのリハビリテーション ADLからQOLへ 嚥下障害をもつ患者のQOL向上のために
  • 嚥下困難のある患者の看護 / 酒井和江 / 巻末No.1~16
  • 9月号・10月号案内 / p1924~1924
  • 11月号案内 / p2000~2000
  • 1月号予告・編集室 / 中村 / p2008~2008

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊ナーシング = Nursing
著作者等 学研メディカル秀潤社
学習研究社
書名ヨミ ゲッカン ナーシング = Nursing
書名別名 The Japanese journal of nursing

Nursing

Gekkan nashingu
巻冊次 5(13)(61)
出版元 学研プラス
学研メディカル秀潤社
刊行年月 1985-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03898326
NCID AN00357348
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00035099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想