精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis  29(4)

日本精神分析学会

国立国会図書館雑誌記事索引 40 (3) 1996.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;[v. 1, no. 1]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • I-1 長期治療の経過をとる境界例女性 / 三月田洋一 / p5~7
  • I-2 経過中に空虚感を訴え続けた一症例--<空っぽ>から<二面性>へ / 岡秀樹 / p7~10
  • I-3 schizoid personalityの治療における基本的課題-治療同盟をめぐって / 相田信男 / p11~14
  • I-4 いわゆる「良妻賢母空想」と女性・妻・母親であること / 皆川邦直 / p14~17
  • I-5 心身症の一群にみられる過少自己症候群について / 栫井雄一郎 / p17~19
  • I-6 スーパーマン・ボブ--自己愛パーソナリティの精神療法 / 丸田俊彦 / p20~23
  • S-1 開業精神療法--とくにその即物的交流について / 北山修 / p25~28
  • S-2 今日の治療技法--入院治療 / 小倉清 / p28~30
  • S-3 現代の精神分析技法--心理臨床の立場より / 鑪幹八郎 / p30~32
  • S-4 治療場面と治療技法--治療構造論的観点から / 小此木啓吾 / p32~35
  • II-1 心気症患者の治療(その2)転移と逆転移について / 河野正明 / p37~40
  • II-2 自立をめぐる患者の責任性について-一般精神病院における主治医の機能 / 舘哲朗 / p40~43
  • II-3 自己愛性格障害の患者の治療を支えるチーム医療について / 野中幸保 / p43~46
  • II-4 対象喪失とモーニング・ワークの観点から見た親との離別体験 / 渡辺久子 / p46~50
  • II-5 思春期境界例の個人治療と家族治療のジレンマ-その批判的検討 / 滝口俊子
  • 小此木啓吾
  • 乾吉佑 / p50~54
  • II-6 寝椅子を用いる自由連想法の今日的意義 / 渡辺明子 / p54~57
  • III-1 ある女子分裂病者への"しんぽじおん"の利用について--特に入院初期治療におけるholding environmentとして / 岡田和芳 / p59~62
  • III-2 一境界例の治療経過-逆転移と身体化をめぐって / 松原公護 / p62~65
  • III-3 「いじめ-いじめられ」関係の無意識的繰り返し--無気力状態に陥った教師の対象関係の病理 / 生田憲正 / p65~68
  • III-4 Projective Identificationの理解と治療者の機能--いじめられっ子の精神療法を通して学んだもの / 濱田庸子
  • 相田信男 / p69~72
  • III-5 いわゆるHoldingとよばれる治療態度についての考察 / 中村世郎
  • 牛島定信 / p72~75
  • III-6 下剤乱用の一症例の精神療法過程 / 舘直彦
  • 皆川邦直 / p75~78
  • III-7 多彩なヒステリー症状を持った患者の精神分析的精神療法--「知ること」と「遊ぶこと」 / 権成鉉
  • 橋本雅雄 / p78~81
  • IV-1 ある神経症性うつ患者の精神分析(第三報) / 奥村満佐子 / p83~86
  • IV-2 精神療法における漢語の使用について / 是恒正達 / p86~88
  • IV-3 青春期における治療技法の柔軟性について / 新田信也 / p88~91
  • IV-4 ある登校拒否症例の治療 / 野々村説子
  • 渡辺久子 / p92~94
  • IV-5 社交的会話に予期不安を示す英国婦人の一症例--外人を対象にするクリニックにおける症例,治療技法について / 秋山剛
  • 北山修 / p95~98
  • IV-6 情を込めた対決という治療技法(一慢性妄想患者に対する治療経験から) / 平井孝男
  • 下坂幸三 / p98~101
  • IV-7 思い入れと揺れがもたらすもの--てんかんと父親の暴力に悩む患者との治療経験から / 平野学
  • 岩崎徹也 / p101~104
  • V-1 強迫行為の精神分析(第3報) / 赤座叡 / p105~107
  • V-2 男根=乳房に対する羨望--女性同性愛の病理から / 磯田雄二郎 / p108~110
  • V-3 患者の話し方の特徴に対する直面化と明確化入院によって進展した治療過程--神経性無食欲症患者の主症状軽快後の抵抗と防衛に対する治療技法について / 木下悦子 / p111~114
  • V-4 過食嘔吐を示した一男性例の治療経過と精神力動について / 中川慎一郎
  • 荒木志朗
  • 成田善弘 / p115~118
  • V-5 吐き気を主症状とするヒステリー患者の治療段階における「休み」に対する反応 / 尾久裕紀
  • 乾吉佑 / p118~121
  • V-6 「引き込もり型」境界例に対する家族療法的接近--「甘えなおし」から「甘え焦点化法」へ / 田中克江
  • 小倉清 / p121~123
  • V-7 シゾイド機制を持つ重症の境界例の治療経験 / 夏目高明
  • 狩野力八郎 / p124~127

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis
著作者等 日本精神分析学会
日本精神分析学会編集委員会
書名ヨミ セイシン ブンセキ ケンキュウ = The Japanese journal of psycho-analysis
書名別名 The Japanese journal of psycho-analysis

Seishin bunseki kenkyu
巻冊次 29(4)
出版元 日本精神分析学会
刊行年月 1985-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05824443
NCID AN00128318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想