月刊民放  16(11)(185)

日本民間放送連盟

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 26 (6) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号通巻1号]~;総合索引1巻1号通巻1号 (1971年6月) ~27巻3号通巻309号 (1997年3月) : 「月刊民放総合索引」 日本民間放送連盟編集部刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ずいひつ / 高橋喜三郎
  • 藤井勝
  • 池田宏 / p4~5
  • 特集 「多様化」時代のテレビ・ドラマ / / p6~32
  • "テレビの楽しみ方"変化とドラマの可能性 「娯楽性」「情報性」の使い分けを楽しむ視聴者に、まず"生きた人間"の表現を / 岸田功 / p6~9
  • 夜八時台の「長期ドラマ」復権へ、鍵にぎる"感動" 制作者の自信と才能を結集し、テレビ・ドラマの特質を生かせ / 柳井満 / p10~13
  • 視聴者のテレビへの認識変化に、"ジャーナリストの眼"が要 望まれる、時代に積極的にコミットする"時代感覚"と"観察眼"の養成 / 重村一 / p14~17
  • 時代を先取りし、いまを表現するテレビ・ドラマの軌跡 プライムタイム・ドラマ盛衰の底に見える「時代の潮流」 <付表・昭和28~60年ドラマの変遷> / 横山貞利 / p18~24
  • ドラマの原点と時代潮流の狭間で 私のドラマツルギーとドラマのいま--ニーズ多様化のなかで、何を表現するか / 山内久司
  • 和田勉
  • 山口剛 / p25~32
  • 複眼の考査 (2) "例外の時代"の要諦は…… / 神津晁生 / p33~33
  • ズーム・アップ 期待されるメディアの自律自浄機能…… 第30回マス倫懇全国大会 / 牧内良平 / p38~38
  • シリーズ・ドキュメンタリーわが視点 (31) 社会現象のなかの"語りの重み"に心ひかれて / 竹中敬一 / p34~37
  • 制作者の"視座"を通じ、交流深める「テレビ映像祭」 / 柳治郎
  • 酒井昭 / p39~45
  • 放送倫理情報 番組審議会ハイライト 長期取材による演出と少女の素直さに感動/日韓の生きた歴史取材が示す地域局の意欲 / / p46~47
  • 放送倫理情報 番組審議会議題一覧 61年7月 / / p48~49
  • らいぶらりい / 伊豫田康弘
  • 汀邦彦 / p50~51
  • 放送日誌(61年8月) / / p52~52

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊民放
著作者等 日本民間放送連盟
書名ヨミ ゲッカン ミンポウ
巻冊次 16(11)(185)
出版元 コーケン
刊行年月 1986-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03873811
NCID AN0011217X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00032232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想