救急医学 = The Japanese journal of acute medicine  12(5)(127)

へるす出版 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 9 (7) 1985.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;臨時増刊号あり;1巻1号 = 1号 (1977年5月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 スポーツと救急医学 / / p529~588<3188557>
  • 変貌しつつあるスポーツ医学 / 杉本侃 / p529~530
  • 「1」運動に対応した生理機能 / 玉木哲朗 他 / p531~541
  • 「2」最近のスポーツ外傷・障害 / 大畠襄 他 / p543~551
  • 「3」特殊な損傷と病態 / / p553~559,561~567,569~576,577~581
  • (1)スクーバダイビングと潜水病および肺破裂 / 梨本一郎 / p553~559
  • (2)高山病 / 小林俊夫 他 / p561~567
  • (3)暑熱障害について / 野澤福己 他 / p569~576
  • (4)スポーツによる頸髄損傷 / 大村宗久 他 / p577~581
  • 「4」スポーツ時の急性心不全 とくに突然死について / 山崎元 / p583~588
  • 泌尿器科領域の救急疾患としての急性陰嚢症 / 高橋 義人 / p589~593<3188379>
  • 墜落症例の統計的観察 / 高橋 勝三 / p595~599<3188472>
  • 救命センタ-におけるいわゆる"全身打撲"症例の実態と救命への可能性の検討 / 千代 孝夫 / p601~607<3188439>
  • 出血性ショックに対する体液および呼吸管理--重症骨盤骨折症例を対象にして / 矢埜 正実 / p609~617<3188444>
  • 急性期脳動脈瘤に対する術前再破裂予防に関する研究 / 坂本 哲也 / p619~624<3188437>
  • 鈍的腹部外傷の開腹適応--とくに診断的腹腔ドレナ-ジを用いた判定方法の意義 / 石川 隆一 / p625~630<3188474>
  • 症例報告 術前血管造影にて出血部位を確認し救命しえたabdominal apoplexyの1例 / 神崎正夫 他 / p631~635
  • 症例報告 グアザチン中毒の1症例 / 小山完二 他 / p637~640
  • 症例報告 外傷性一次性脳幹部損傷に続発したと思われる外傷性脊髄空洞症の1例 / 横田裕行 他 / p641~646
  • 症例報告 鎖骨下動脈誤穿刺による窒息 鎖骨下静脈穿刺時のまれな合併症 / 水谷彰仁 他 / p647~649
  • 症例報告 ダントロレンが奏効したと思われる破傷風の1例 / 谷岡富美男 他 / p653~656
  • 海外文献紹介 Injury severity score再考,etc. / 北野光秀
  • 吉原秀明 / p658~659
  • 次号予告 / / p607~607
  • 投稿規定 / / p660~660

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine
著作者等 へるす出版
書名ヨミ キュウキュウ イガク = The Japanese journal of acute medicine
書名別名 The Japanese journal of acute medicine

Kyukyu igaku
巻冊次 12(5)(127)
出版元 へるす
刊行年月 1988-05
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03858162
NCID AN00053627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00030226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想