月刊放送ジャーナル  8(12)(87)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特別企画 ニューメディアの可能性を探る 昭和53年度情報化週間/パネルディスカッションの記録 (その1) / 富田徹郎
  • 小林登
  • 伊藤康祐
  • 後藤和彦
  • 小松原久夫
  • 小松崎清介 / p7~14
  • 第4回「日本CATV大賞」自主番組コンクールの全容 / / p16~20,22~34,36~
  • 審査会から贈賞式・発表会まで / 編集部 / p16~20
  • CATV番組コンクールの審査にあたって / / p22~27
  • CATVの技術・芸術で21世紀の日本人の良さを / 磯村英一 / p22~22
  • 視点・内容・役割を重視,年々高まる作品レベル / 片方善治 / p23~23
  • 構成・カメラワークに進歩のあと,それぞれもう一歩の工夫を / 金子覚 / p24~25
  • 期待裏切らぬ確かな手応え,ライブラリーの整備を望む / 小松崎清介 / p25~26
  • 目立った画質の不良,制作機材の整備に万全を / 原正和 / p26~27
  • CATVを認識するためにもう一度現場へ / 藤岡伸一郎 / p27~27
  • 第4回「日本CATV大賞」入賞の喜び / / p28~31
  • 単純に喜んでばかりはいられない気分 / 猪木俊一 / p28~28
  • ラジオ的番組になったが非行防止の役目は果した / 佐藤洋治 / p28~29
  • We Never Give Up! / 平石能敬 / p29~29
  • 自己満足の出品だったが自主制作に限りない夢を / 高橋秋子 / p30~30
  • 出演者こそ番組成功の立役者,ニュータウンの厚い壁に悩む / 高柳泰男 / p30~31
  • 地域に密着した番組とは,これからも勉強してゆく / 大橋俊彦 / p31~31
  • ′78第二世代CATV要覧 保存版 / 放送ジャーナル編集部 / ~62
  • 日本の有線テレビジョン放送施設の概要 / / p40~40
  • 日本の主要CATV局分布図 / / p41~41
  • ′78第二世代CATV要覧 池田町 有線花巻テレビ 所沢ニュータウン有線テレビ 干葉ガーデータウン有線テレビ 館山市教育放送センター 多摩CCIS 上田ケーブルビジョン 日本ネットワークサービス 河口湖有線テレビ CATV富士五湖 下田有線テレビ放送 東伊豆有線テレビ放送 小林テレビ設備 テレビユニオン 富沢町テレビ共聴組合 国府町 下市町 鮎原農協 津山放送 伊万里有線テレビ組合 宮古島有線テレビ / / p42~62
  • グラビア 第4回「日本CATV大賞」贈賞式・発表会 / / p36~
  • 緊急速報! 待望のFMプラスUHF新免プラン成る FM・UHF同時割当てという異例の措置 札幌・仙台・静岡・広島にFM,静岡・熊本・鹿児島にUHF / 編集部 / p64~67
  • 変貌する世界のメディア (25) キューブ・システムの動向 / 片方善治 / p68~71
  • 「CATV大賞」自主番組コンクール3年連続受賞記念 所沢ニュータウン有線テレビ(TCTV)が記念祝賀会 / 佐々木 / p32~33
  • 大規模なCATV・警報設備システム 神奈川県住宅供給公社が若葉台団地へ導入計画 / / p34~34
  • MONTHLY MEMO / / p63~63
  • 行政時報 / / p72~72
  • ビデオ時評 / / p73~73
  • 新製品紹介 / / p74~75
  • 編集局 / S / p76~76
  • 既刊案内 / / p77~77

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル

Gekkan hoso janaru
巻冊次 8(12)(87)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1978-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想