臨床免疫  23(9)(255)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I リンパ球の機能発現と接着因子 / / p1225~1283
  • 胸腺細胞分化誘導におけるフィブロネクチンの役割 / 内海恵郎 / p1225~1231
  • リンパ組織へのホーミング・血管外遊出と接着因子 / 小笠原一誠 / p1232~1238
  • T細胞の活性化と接着因子 / 山田亮 / p1239~1248
  • 癌細胞の接着機序 / 金井隆典,ほか / p1249~1254
  • 白血球接着不全症におけるリンパ球の異常 / 大橋芳之,ほか / p1255~1264
  • 慢性炎症におけるリンパ球の関与と接着因子 / 宮坂信之 / p1265~1274
  • SLE/RAにおけるリンパ球異常と接着因子 / 船内正憲,ほか / p1275~1283
  • 特集II 腫瘍免疫をめぐるトピックス / / p1284~1338
  • 担癌状態におけるTGF-βの役割 / 多田剛 / p1284~1291
  • 腫瘍免疫の標的としての熱ショック蛋白(hsp)--感染免疫,自己免疫,腫瘍免疫をつなぐhsp connectionの意義 / 佐藤昇志,ほか / p1292~1303
  • マウス骨髄中のNatural Suppressor細胞による腫瘍細胞増殖抑制 / 杉浦喜久弥,ほか / p1304~1312
  • マクロファージの抗腫瘍作用におけるL-アルギニン/NO系 / 斉藤慎二,ほか / p1313~1320
  • 悪性黒色腫細胞関連抗原--特異的能動免疫療法における最近の進歩 / 林部一人,ほか / p1321~1328
  • Membrane cofactor protein(CD46)の抗体によって誘起される補体依存性腫瘍細胞障害 / 瀬谷司 / p1329~1338
  • Heat Shock Proteinと免疫応答 / 永田//和宏
  • 細川//暢子 / p1339~1347<3749249>
  • T細胞活性化に必要なクラスIIMHC抗原複合体の数量 / 桑野剛一 / p1348~1352
  • 可溶性補体レセプター(CR1)による炎症の制御 / 中村秀雄 / p1353~1363
  • インターロイキン10 / 石田清 / p1364~1372
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 前付

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 23(9)(255)
出版元 科学評論社
刊行年月 1991-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想