臨床免疫  21(8)(230)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I T細胞の活性化 / / p1159~1224
  • T細胞レセプター・CD3系による活性化 / 吉開泰信 / p1159~1167
  • T細胞レセプター・CD3以外の分子を介するT細胞活性化 / 斉藤隆 / p1168~1178
  • T細胞の活性化と接着分子 / 上出利光,ほか / p1179~1187
  • クラスII MHCとT細胞活性化 / 田村敏生,ほか / p1188~1197
  • クラスI MHCとT細胞活性化 / 橋本修 / p1198~1209
  • T細胞活性化における生化学的変化 / 大谷周造,ほか / p1210~1224
  • 特集II IL-6の臨床的意義-あらたな側面 / / p1225~1283
  • IL-6産生細胞とその生理活性の多様性 / 田合ひろみ,ほか / p1225~1241
  • 急性炎症とIL-6 / 吉崎和幸,ほか / p1242~1253
  • IL-6による骨髄性白血病細胞の分化誘導 / 宮浦千里,ほか / p1254~1260
  • EBV感染B細胞のオートクリン増殖とIL-6 / 宮脇利男,ほか / p1261~1272
  • B細胞の悪性腫瘍化とIL-6 / 河野道生 / p1273~1283
  • 多発性硬化症の発症機構 / 田平//武 / p1284~1293<3250774>
  • NK,LAK感受性とクラスI MHC表出の逆相関 / 菅野明弘,ほか / p1294~1300
  • 血管内皮細胞とサイトカインの影響 / 橋本嘉 / p1301~1306
  • B細胞表面のIgMとIgDとは異なるシグナルを与える / 金光明,ほか / p1307~1313
  • ケラチノサイトの免疫応答における役割 / 佐々木哲雄,ほか / p1314~1323
  • 肥満細胞と好酸球の相互作用 / 高橋清,ほか / p1324~1332
  • 骨髄B細胞産生とその調節機構 / 朴英薫,ほか / p1333~1342
  • 次号予告 / / 表3
  • 投稿規定 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 21(8)(230)
出版元 科学評論社
刊行年月 1989-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想