マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (217)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 中曽根の思惑と藤尾発言の数々 / 鈴木一郎 / p2~8
  • サンケイ新聞の「スミマセン」 / 川北勝治 / p10~17
  • 「304シンドローム」と平和相銀事件の真相 / 室伏哲郎 / p18~23
  • 『新編日本史』にただよう黒い影--朱光会・皇学館・教師会 / 林雅行 / p24~33
  • マスコミ日記--自ら上告を取り下げ司法府を公然と批判した佐藤孝行の計算と報道の"呼称"問題--NHKの組織改正にみる効率化と商業主義への傾斜で心配な公共放送の存在理由--首相の公約違反・税制調査会の大型間接税導入などの動きを批判しないマスコミ--"右寄り路線"による聴取者・スポンサー離れのラジオ日本で二労組が24時間スト--自民圧勝でも中曽根不支持が明らかになった『朝日』とTBSの全国世論調査結果--中曽根政権の体質を象徴する藤尾発言を問題化しなかったジャーナリズムの衰弱--宇宙開発先進国に肩を並べた国産H-1ロケットの成功で懸念される軍事利用--41回目の夏のテレビジャーナリズム-風化のなかで踏んばりが目立ったNHK / 青木貞伸 / p34~47
  • 記者こぼればなし / 岩 / p9~9
  • 市民のひろば / 大竹清風
  • 梅谷哲夫
  • 近藤宏
  • 曽我欽也
  • 桜井善作 / p48~51
  • 記者のメモ帖 記者の思い出 / / p62~63
  • 統一教会"完敗"の判決 / 茶本繁正 / p52~57
  • 韓国にみる統一教会の策動と政局の焦点 / 百田満広 / p58~61
  • 身勝手な"日本化"を強制される沖縄 / 北克己 / p64~69
  • マスコミ・デスクメモ--一九八五・九~十 / 編集部 / p70~78

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民
巻冊次 (217)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1986-10
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想