日本医事新報  (974)

日本医事新報社

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 1341) 1950.01~(通号: 1809) 1958.12 ; (通号: 3914) 1999.05.01~;本タイトル等は最新号による;130/131号から2540号までの並列タイトル: Japanese medical journal 178号まで旬刊;[1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 第三回「醫育刷新問題」座談會(其の二) / 石原忍
  • 下瀨謙太郎
  • 古畑種基
  • 浦本政三郎
  • 石川知福
  • 村田正太
  • 戸塚武彥
  • 緖方富雄
  • 小林芳人
  • 木下正一
  • 梅澤彥太郎 / p1855~1862,1865~1870,1875~1876,~1889
  • 敢て山家克己氏の「腑分考」に對し疑義を質す / 山崎佐 / p1889~1891
  • 瓢形の墓碑を訪ねて / 福士政一 / p1891~1892
  • 社說 / 日本醫事新報社 / p1893~1893
  • 人口政策上よりも產院の增設を圖れ / / p1893~1893
  • 醫師試驗用語國語に統一 / / p1893~1893
  • 我が國富豪中に一人のロツクフエーラーなきや / / p1893~1893
  • 「醫育刷新問題」座談會玆に完結 / / p1893~1893
  • 今週の問題 / / p1894~1894
  • 『保健所』縦横論 / 弧逸生 / p1894~1894
  • 學術畫報 381 實驗癩の新方向 / 高木逸磨
  • 福島伴次 / p1896~1897
  • 放射線 / / p1897~1897
  • 新報 / / p1899~1902
  • 結核豫防會 結核殱滅戰へ火蓋を切る 結核硏究所事業槪況 / 稻田龍吉
  • 佐々木隆興
  • 西野忠次郎
  • 熊谷岱蔵
  • 緒方知三郎
  • 坂口康藏
  • 栗川重信 / p1907~1907
  • 東京府保健衞生硏究會 第一回總會傍聽記 / / p1907~1907
  • 杏林雀 / / p1907~1907
  • 戰時國民食展覽會を觀る / 高木和男 / p1908~1908
  • 阿片禁絕三題 / / p1908~1908
  • 近畿版 / / p1910~1910
  • 健保契約交涉は日醫支持 大會の重點は無醫村對策 關西大會常務委員會圓滑 / / p1910~1910
  • 大阪市醫の結核豫防事業 軍官民合同で對策協議 / / p1910~1910
  • 中京版 / / p1913~1913
  • 關西醫師大會に臨む態度 飽まで沈默主義を實行 愛知縣醫師會側の出席者顏觸れ / / p1913~1913
  • 全病醫院開放 愛知縣の健增運動 / / p1913~1913
  • 國策と體質の適格檢診 祝賀會で久野名大敎授の所述 / / p1913~1913
  • 名大鍛鍊場 大井町が寄附 / / p1913~1913
  • 名鐵局醫地方會 五月中に開催 / / p1913~1913
  • 國民の厚生問題への關心を反映 厚生科學硏究會第一回總會 特講三、座談會一を加へ華々しく開幕 / / p1914~1914,1917~1917
  • 座談會を聽く / 厚研生 / p1917~1917
  • 壓卷の特別講演三題--蘊蓄を傾け堂々の熱辯 / 暉峻義等 / p1917~1917
  • 消息 / / p1918~1918
  • 彼氏の素描 前田鼎博士--最適任の第三高校長 / XY生 / p1918~1918
  • 調査欄 / / p1923~1931
  • 滄毎拾珠(20) / 小池重 / p1931~1931
  • 誌上臨牀懸賞 / YN / p1932~1932
  • 醫事案內 / / p1934~1935

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本医事新報
著作者等 日本医事新報社
書名ヨミ ニホン イジ シンポウ
書名別名 Japan medical journal
巻冊次 (974)
出版元 日本医事新報社
刊行年月 1941-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03859215
NCID AN00185592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想