日本医事新報  (985)

日本医事新報社

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 1341) 1950.01~(通号: 1809) 1958.12 ; (通号: 3914) 1999.05.01~;本タイトル等は最新号による;130/131号から2540号までの並列タイトル: Japanese medical journal 178号まで旬刊;[1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 學說 黴菌の共棲と治療効果(承前) / 緖方規雄 / p3~4
  • 學說 痘毒培養の硏究並に培養痘苗の種痘に就いて / 助川喜四郞 / p4~7
  • 學說 耳鳴に關する私見 / 衛藤垚三郞 / p7~9
  • 學說 先天性臍糞瘻の二症例 / 兒玉周一
  • 脇滋男 / p9~10
  • 豫後講座 小兒急性蟲垂炎の豫後 / 岩本正樹 / p10~10,13~13
  • 體驗醫學 痘瘡罹患の體驗 / 靑木靜夫 / p13~14
  • 臨牀と病理 病理解剖は何を敎へたか? / 緖方知三郞
  • 三田村篤志郞 / p15~15
  • 新刊紹介 西川義方著 雲と水 / 梅澤彥太郞 / p46~46
  • 社說 / 日本醫事新報社 / p51~51
  • 醫療國營の是非 / / p51~51
  • 醫家の空閑地利用 / / p51~51
  • 故石黑子爵の偉容 / / p51~51
  • 全國の硏究補助金を集中せよ / / p51~51
  • 石黑忠悳先生特輯 石黑忠悳先生を偲ぶ夕 / 長與又郞
  • 中川望
  • 三木良英
  • 芳賀榮次郞
  • 山田弘倫
  • 飯島茂
  • 佐藤恒丸
  • 下瀨謙太郞
  • 高橋明
  • 佐藤恒二
  • 山崎佐
  • 梅澤彥太郞
  • 平井政遒
  • 秋山練造 / p17~18,23~29,31~38,41~43,45~45
  • 今週之問題 / / p52~52
  • 公醫制度の樹立 / 矢田良 / p52~52
  • 新報 / / p54~57
  • 健保談義 / / p58~58
  • 政府と日醫の取引 / 鎌倉生 / p58~58
  • 中京版 / / p64~64
  • 實行委員會改組論擡頭 / / p64~64
  • 醫協から醫師班への補助金交附握り潰し / / p64~64
  • 岐阜醫協は强化 / / p64~64
  • 躍進の大成會 / / p64~64
  • 健保點數審査終了 / / p64~64
  • 中京人物評(長松英一敎授) / / p64~64
  • 近畿版 / / p65~65
  • 阪大で癌硏設立計劃 / / p65~65
  • 國防衛生協會大阪支部設置 / / p65~65
  • 市醫結核對策 / / p65~65
  • 近畿健保打合會議案 / / p65~65
  • 阪大小澤敎授一行中支へ / / p65~65
  • 水曜會例會 / 和田豐種 / p65~65
  • 文化時評 / 玉枝曉 / p66~66
  • 音樂文化(夏の音樂) / 玉枝曉 / p66~66
  • 讀書隨想(復生の花園) / 星野生 / p66~66
  • 調査欄 / / p73~74,79~85
  • 杏林雀 / / p56~56
  • 打診聽診 / 一開業醫 / p57~57
  • 日本醫事畫報 / / p48~49
  • 放射線 / / p49~49
  • 學園回覽板 / / p63~63
  • 人事消息 / / p63~63
  • 學會・學位授與 / 山崎幸夫 / p69~69
  • 獨文欄 / / p70~70
  • 彼氏の素描 原田謙太郞博士 / XY / p70~70
  • 滄海拾珠 / 藤田篤 / p85~85
  • 誌上臨床懸賞問題及解答 / / p86~86
  • 醫事案內欄 / / p88~89

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本医事新報
著作者等 日本医事新報社
書名ヨミ ニホン イジ シンポウ
書名別名 Japan medical journal

Nihon iji shinpo
巻冊次 (985)
出版元 日本医事新報社
刊行年月 1941-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03859215
NCID AN00185592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想