周産期医学  20(11)

東京医学社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (7) 1985.07~;本タイトル等は最新号による;1巻1号~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 産科ハイリスク症例の貴重な経験 / / p1563~1687<3697496>
  • II.出血・血液疾患 / / p1563~1577,1579~1594,1595~1599,1601~1608,1611~1613,1615~1621,1623~1625,1627~1633,1635~1641,1643~1674,1675~1679,1681~1687
  • 産科出血--血液凝固学的にみた問題点 / 鈴木正彦・他 / p1563~1566
  • 産科出血--その診断と検査 / 真木正博 / p1567~1572
  • 産科救急蘇生ABC(とくに出血性ショックの場合) / 津田喬子・他 / p1573~1577
  • 子癇発作直後の帝切術中にDICを併発した妊婦死亡例 / 瓦林達比古・他 / p1579~1581
  • 人工妊娠中絶後に大量出血をきたし,その後白血病と判明した症例 / 関場香・他 / p1582~1585
  • 分娩後に強度の血管内溶血と多臓器不全症状を伴うhemolytic uremic syndromeを発症した重症妊娠中毒症の1例 / 佐川典正・他 / p1586~1590
  • 妊娠中毒症に合併した常位胎盤早期剝離後に起こった重症DICおよび多臓器不全 / 玉舎輝彦・他 / p1591~1594
  • 常位胎盤早期剝離から多臓器不全に陥り死亡した血漿交換療法長期施行例 / 吉田好雄・他 / p1595~1599
  • 子宮全摘出にてかろうじて救命しえた胎盤娩出直後の大量出血(Placenta adherens) / 前田光士・他 / p1601~1604
  • 分娩時失血死したEhlors-Danlos症候群の症例 / 舘野政也・他 / p1605~1608
  • Fhlors-Danlos症候群合併妊娠と子宮破裂 / 中村幸夫・他 / p1611~1613
  • 分娩後異常出血をきたしICU管理を必要とした子宮内反症症例 / 岩崎克彦・他 / p1615~1618
  • 超音波断層法で診断しえた不全子宮内反症 / 石川薫・他 / p1619~1621
  • 出血性ショック状態に陥った子宮内反症の整復成功例 / 淵勲・他 / p1623~1625
  • DICで発症し大量輸血した妊娠急性白血病 / 辻永眞志・他 / p1627~1630
  • 産後の後膣円蓋部の膣壁裂傷で大量出血し大量輸血で救命しえた症例 / 広井正彦 / p1631~1633
  • Rh血液型(-)で弛緩出血を起こしDICに至るも救命しえた症例 / 鈴木りか・他 / p1635~1641
  • 常位胎盤早期剝離との鑑別が困難であった妊娠10カ月子宮表在血管破裂例 / 粟田松一郎・他 / p1643~1646
  • 妊娠30週に腎動静脈奇形の破裂により大出血を起こし救命しえた症例 / 吉原一・他 / p1647~1649
  • 弛緩出血とDIC / 桑原惣隆 / p1650~1655
  • 難治性ITP合併妊娠でPROMを発症し血液成分分離装置により母児ともに救命しえた症例 / 山本和彦・他 / p1656~1658
  • ITP合併妊娠で分娩時大量出血をきたした輸血拒否(エホバの証人)患者 / 為近慎司・他 / p1659~1662
  • 急性妊娠脂肪肝の早期管理 / 中林正雄・他 / p1663~1665
  • 妊娠末期に発症した肝炎による重症DIC(児死亡,母生存) / 浮田昌彦・他 / p1666~1670
  • 常位胎盤早期剝離の反復例 / 金岡毅 / p1671~1674
  • 双胎第1児娩出後第2児に胎盤早期剝離を起こした症例 / 岩崎寛治・他 / p1675~1679
  • 常位胎盤早期剝離の15例 / 久保田武美・他 / p1681~1684
  • 子宮破裂に至った癒着胎盤 / 橋本正淑・他 / p1685~1687
  • 調査 新生児訪問指導の実態調査(第2報) / 加藤タケ・他 / p1688~1692
  • Controlled studyによる経皮的中心静脈栄養留置カテーテル(L-cath™)の安全性についての検討 / 住田裕・他 / p1693~1697
  • 新生児入院による母親への心理的影響 / 西野力男 / p1698~1700
  • 分娩体位と母児への影響--分娩体位に関する文献的考察 / 宮岡久子 / p1701~1706
  • 症例 巨大な無頭無心体の1例 / 川鰭市郎・他 / p1707~1710
  • 症例 未熟児における高頻度振動換気療法(HFO)離脱時の問題点 / 今西雅彦・他 / p1711~1714
  • 症例 新生児重症Myotubular myopathyの兄弟例 / 中山雅弘・他 / p1715~1718
  • お知らせ / / p1566~1566,1581~1581,1662~1662,1679~1679
  • 求人案内 / / p1714~1714,1919~1919
  • 次号予告 / / p1721~1721
  • 投稿規定 / / p1722~1722

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 周産期医学
著作者等 東京医学社
周産期医学編集委員会
書名ヨミ シュウサンキ イガク
書名別名 Shusanki igaku
巻冊次 20(11)
出版元 東京医学社
刊行年月 1990-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869881
NCID AN00112307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00010944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想