周産期医学  19臨時増刊号

東京医学社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (7) 1985.07~;本タイトル等は最新号による;1巻1号~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 序 周産期救急とInformed Consent / 本多洋 / p5~
  • I.救急処置 / / p8~25,27~68,69~105,107~119,121~267,269~293,295~323
  • 母体 / / p8~25,27~68,69~100
  • 流産に対する処置 / 水野金一郎 / p8~11
  • 子宮外妊娠に対する処置 / 高橋克幸 / p12~16
  • 胞状奇胎流産に対する処置 / 久志本建・他 / p17~20
  • 前置胎盤の救急処置 / 福島穰 / p21~25
  • 羊水過多の母体救急処置 / 越野立夫・他 / p27~30
  • 子癇の母体救急処置 / 江口勝人・他 / p31~36
  • 弛緩出血の救急処置 / 兼子和彦・他 / p37~41
  • 頸管裂傷の救急処置 / 武田秀雄 / p42~44
  • 子宮内反の救急処置 / 舘野政也 / p45~49
  • 子宮破裂の救急処置 / 箕浦茂樹・他 / p50~53
  • DIC発生時の救急処置 / 真木正博 / p54~60
  • 羊水塞栓発生時の救急処置 / 鈴木正彦・他 / p61~64
  • 肺塞栓の救急処置 / 三橋直樹 / p65~68
  • 胎盤早期剝離の母体救急処置 / 寺尾俊彦・他 / p69~74
  • 子宮内胎児死亡の母体救急処置 / 石井明治 / p75~78
  • 産褥熱の救急処置 / 伊藤博之・他 / p79~83
  • 人工妊娠中絶時の事故に対する救急処置 / 大村清 / p84~90
  • 産科麻酔時の事故に対する救急処置 / 安村鉄雄・他 / p91~94
  • 心肺蘇生の手技とその留意点 / 黒川顕・他 / p95~100
  • 胎児 / / p102~105,107~119,121~194
  • 減圧頸管縫縮術 / 関谷隆夫・他 / p102~105
  • 頸管カテーテル留置法 / 荻田幸雄・他 / p107~110
  • 絨毛膜羊膜炎の診断と治療 / 遠藤力・他 / p111~115
  • 切迫早産 / 佐藤和雄・他 / p116~119
  • 前置血管 / 齋藤いずみ・他 / p121~123
  • 双胎における胎児救急 / 日高敦夫・他 / p124~129
  • 胎児輸血 / 前田博敬・他 / p130~134
  • 糖尿病合併妊娠での胎児救急 / 豊田長〓・他 / p135~140
  • 産科救急例における超音波断層診断 / 赤松信雄 / p141~144
  • 胎盤機能不全と過期妊娠 / 野嶽幸正・他 / p145~148
  • 分娩前の胎児仮死とその対策 / 太田孝夫 / p149~154
  • 分娩中の胎児仮死とその対策--子宮内胎児蘇生と急速遂娩 / 天野完 / p155~161
  • 骨盤位分娩 / 巽英樹・他 / p162~166
  • 臍帯脱出 / 池ノ上克・他 / p167~169
  • 肩甲難産 / 金岡毅・他 / p170~175
  • 遷延分娩と胎児救急 / 鈴木正利・他 / p176~180
  • 試験分娩例での胎児救急 / 松尾勇・他 / p181~184
  • 鉗子遂娩術 / 堀口貞夫 / p185~190
  • 胎児救急適応での帝切時の問題点 / 松永隆元・他 / p191~194
  • 新生児 / / p196~267,269~293,295~323
  • 分娩室における新生児仮死の蘇生 / 吉永宗義・他 / p196~200
  • 呼吸障害の救急処置 / 井村総一 / p201~205
  • チアノーゼへの一般的対応 / 鈴木敏弘・他 / p206~208
  • 無呼吸発作への対応 / 山南貞夫・他 / p209~214
  • 呼吸窮迫症候群に対する救急処置 / 馬嶋久美子・他 / p215~217
  • 気胸,気縦隔に対する救急処置 / 長谷川久弥・他 / p218~222
  • 胎便吸引症候群に対する救急処置 / 河野寿夫 / p223~226
  • チアノーゼ性心疾患に対する救急処置 / 中沢明紀・他 / p227~231
  • 胎児循環遺残への対応 / 二村真秀・他 / p232~235
  • ショック(急性循環不全)に対する救急処置 / 佐藤和夫・他 / p236~240
  • うっ血性心不全の救急処置 / 蒲原孝・他 / p241~246
  • 胎児水腫に対する救急処置 / 三科潤 / p247~252
  • 不整脈に対する救急処置 / 石北隆・他 / p253~258
  • 重症感染症(敗血症,髄膜炎)に対する救急処置 / 江原弘佳・他 / p259~262
  • 寒冷障害に対する救急処置 / 千葉力 / p263~267
  • メレナ(下血・吐血)に対する救急処置 / 稲川昭 / p269~272
  • 新生児けいれんに対する救急処置 / 戸田顕彦・他 / p273~277
  • 重症黄疸に対する救急処置 / 山内芳忠 / p278~282
  • 嘔吐・腹部膨満への一般的対応 / 竹峰久雄 / p283~288
  • 急性腎不全に対する救急処置 / 古川正強 / p289~293
  • 救急を要する外科的疾患 / 加藤哲夫・他 / p295~300
  • 救急を要する眼科的疾患 / 亀山和子 / p301~304
  • 新生児期発症の先天性代謝異常症 / 大和田操 / p305~309
  • 救急を要する外性器異常・半陰陽 / 関修一郎 / p310~312
  • 救急を要する奇形症候群 / 井上孝夫 / p313~316
  • 救急を要する薬物の有害作用・withdrawal syndrome / 伊藤進・他 / p317~323
  • II.母子救急のシステム / / p326~373,375~393,395~417,419~449,451~509
  • 母子救急総論 / / p326~342
  • 母体搬送システムの意義とその効用 / 唯正一 / p326~332
  • 諸外国の母子救急体制 / 西島正博 / p333~336
  • 東京都母子保健サービスセンターの役割 / 中村敬 / p337~342
  • 母体搬送 / / p344~373
  • 一次診療施設の立場から / 樋口正俊 / p344~351
  • 主として二次救急施設の立場から / 大川昭二・他 / p352~355
  • 三次診療施設の立場から / 玉田太朗・他 / p356~359
  • 母体搬送の症例分析 / / p360~369
  • 東京女子医科大学 / 中林正雄・他 / p360~364
  • 国立循環器病センター / 千葉喜英 / p365~369
  • 母体搬送の時の処置・注意・連絡事項(送る側) / 関根憲治 / p370~373
  • 新生児搬送 / / p376~393
  • 産科診療施設からみた危急新生児搬送の適応とシステム / 竹村秀雄 / p376~379
  • NICUからみた新生児搬送の適応とシステム / 多田裕 / p380~384
  • 救急業務からみた新生児搬送 / 木村功 / p385~388
  • 新生児搬送の実際 / 犬飼和久・他 / p389~393
  • 地域における母子救急体制 / / p396~417,419~449,451~509
  • 相互援助システム / / p396~417
  • 東京オペグループ / 杉山四郎 / p396~400
  • 母子救急体制--愛知県 / 野口圭一 / p401~405
  • 大阪OGCS / 藤井悳 / p406~410
  • 大阪におけるNMCSの変化--施設調査・搬送児の変化など / 鶴原常雄・他 / p411~417
  • 病・診連携体制 / / p419~449
  • 鹿児島市立病院 / 外西寿彦・他 / p419~424
  • 大阪府立母子保健総合医療センター / 末原則幸 / p425~428
  • 船橋市立医療センター / 清川尚 / p429~432
  • 香川医科大学母子センター / 原量宏・他 / p433~437
  • 東京都--賛育会病院 / 吉田浩介 / p438~441
  • 東京都--江戸川区 / 滝沢明祐 / p442~445
  • 産婦人科開業医を中心とした医師会病院周産期センターの存在--開設以来4ヵ年間の業績を基にして / 細川義一郎 / p446~449
  • 地域内の実態 / / p451~509
  • 札幌市の場合 / 丸山淳士・他 / p451~453
  • 宮城県の場合 / 鬼怒川博久 / p454~459
  • 神奈川県周産期救急システム / 桃井俊美 / p460~462
  • 神奈川県の場合 / 堀内勁 / p463~468
  • 東京都の場合 / 星野廣利・他 / p469~474
  • 東京都新生児救急医療システム / 赤松洋・他 / p475~481
  • 東京南多摩産婦人科医会緊急医療班の活動 / 柴田穰一 / p482~485
  • 静岡県における母子救急の現況 / 岡田和親 / p486~492
  • 石川県の場合 / 大木徹郎 / p493~497
  • 岡山県西部における母子救急体制 / 浮田昌彦・他 / p498~501
  • 福岡県の場合 / 下川浩・他 / p502~504
  • 沖縄県の救急体制と離島からの母子搬送の実態 / 竹中静廣・他 / p505~509

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 周産期医学
著作者等 東京医学社
周産期医学編集委員会
書名ヨミ シュウサンキ イガク
書名別名 Shusanki igaku
巻冊次 19臨時増刊号
出版元 東京医学社
刊行年月 1989-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869881
NCID AN00112307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00010944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想