医薬ジャーナル  32(10)(378)

医薬ジャーナル社

国立国会図書館雑誌記事索引 32 (6) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号通巻1号]~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • グラフィック 新連載・目でみる薬疹(1)薬疹の頻度及び病型分類 / 遠藤秀彦
  • 北村公一 / p5~
  • 医薬ジャーナル論壇 後発品自身が分ける自らの明暗/"なます"でもいちどは吹いてみる / 沼田稔 / p31~33
  • メディカルトレンド・姉妹誌から / / p34~45
  • アレルギーの領域-特集・アレルゲンの吸収と応答 / / p34~35
  • CLINICAL CALCIUM-特集・骨と栄養 / / p36~38
  • 日常診療と血液-特集・好中球機能異常の新しいとらえ方~機能低下と機能亢進~ / / p38~40
  • 心身医療-特集・甲状腺疾患と心身医療 / / p40~42
  • 老化と疾患-特集・老年者の自律神経 / / p42~44
  • 化学療法の領域-特集・肺炎をめぐって-最新の注目点と現状・治療- / / p44~45
  • 薬学ニュース--院内製剤におけるCMC-Na液の調製法並びに保存法に関する検討/七物降下湯の脳卒中易発症性自然発症高血圧ラット(SHRSP)の脳卒中予防とフリーラジカル関連酵素活性に対する効果/培養腎上皮細胞LLC-PK₁におけるエノキサシンの輸送/内用液剤の微生物汚染と防腐効果 1回服用量の多い内用液剤 / M / p46~49
  • 特集1・Helicobacter pyloriとその除菌--今月のハイライト・p.1~3参照 / / p59~71,73~89,91~96,99~103,105~118<4048347>
  • Helicobacter pyloriの細菌学 / 小熊惠二
  • 平井義一
  • 横田憲治
  • 林俊治 / p59~67
  • Helicobacter pylori除菌治療と胃炎 / 榊信廣 / p68~71
  • Helicobacter pyloriと消化性潰瘍 / 隅井浩治
  • 春間賢
  • 鎌田智有
  • 上村直実 / p73~78
  • Helicobacter pylori感染と胃癌 / 上村直実
  • 向井俊一
  • 岡本志朗
  • 山口修司
  • 三好信和
  • 中井隼雄
  • 谷山清己
  • 佐々木なおみ
  • 真柴裕人 / p79~84
  • 薬物療法--除菌効果 / / p85~89,91~96,99~103,105~118
  • a) 抗菌物質の抗菌活性 / 谷口友志
  • 関優
  • 木平健
  • 佐藤貴一
  • 木村健 / p85~89
  • b) 特にアモキシシリン,クラリスロマイシン / 佐藤邦夫
  • 田澤秀樹 / p91~96
  • c) プロトンポンプ阻害剤 / 深瀬和利
  • 松田徹
  • 新澤陽英
  • 高橋恒男 / p99~103
  • d) 防御因子増強剤 / 渡辺一宏
  • 高橋信一
  • 星谷聡
  • 二宮英彦
  • 斎藤昌三
  • 伊藤武 / p105~109
  • e) 2剤併用と3剤併用療法 / 浅木茂 / p110~118
  • 副作用ニュース--G-CSF投与中にSweet症候群が発症した再生不良性貧血の1例/インドメタシンによると思われた薬剤性小腸潰瘍の小児例/柴苓湯による薬剤性肝障害の1例/コルヒチンによると考えられた間質性肺炎の1例/外用ステロイド剤により高眼圧をきたしたと思われるアトピー性皮膚炎の1例/SLE患者にみられたオキサトミドの薬疹/硫酸キニジンによる薬疹の1例/昏睡にて搬送されたジギタリス中毒の1例/亜鉛欠乏症/H₂ブロッカーにより急性腎不全,呼吸不全及び黄疸を呈した過敏性血管炎の1症例/抗血小板療法中に起きた大腿神経麻痺を伴う腹腰筋血腫の1例 / T / p48~49
  • 治験薬・新薬ニュース--SME3110(fluvoxamine maleate)の内科領域におけるうつ患者に対する臨床第II相試験/高齢者眩暈患者に対するサープル(R)の効果/胃潰瘍・十二指腸潰瘍に対するLansoprazole・SucralfateとClarithromycin併用によるHelicobacter pylori除菌効果と再発予防に及ぼす影響の検討/放射線及び化学療法後の口内炎に対するバリダーゼ(R)含嗽剤の使用経験/保湿剤配合消毒剤の殺菌力評価 / Y.B. / p50~51
  • 特集2・高齢者への薬物投与の注意点--今月のハイライト・p.3~4参照 / / p121~127,129~135,137~141,143~156,159~171<4048348>
  • めまい / 森裕司 / p121~127
  • 難聴と耳鳴 / 大崎勝一郎
  • 上野満雄
  • 水口和生 / p129~135
  • 不眠 / 多田幸司
  • 小島卓也 / p137~141
  • 下痢 / 日高令一郎
  • 田山千鶴
  • 日野照子
  • 豊永純 / p143~147
  • 便秘 / 伊藤秀一 / p148~152
  • 皮膚の痒み / 細川宏 / p153~156
  • 抑うつ / 増井義一 / p159~165
  • 咳嗽 / 橘川桂三 / p166~171
  • MONTHLY PRESS--冠動脈閉塞防止のモノクロ製剤で米社と提携(藤沢薬品)/英社からHRT用経皮吸収剤を導入(第一製薬)/8割強が「精神年齢は若い!」と自覚:ビジネスマンの老化度チェック(田辺製薬がアンケート調査)/「患者と薬剤師のための医薬品集」を発行(シーエーエル)/"尿"によるHIV-1新検査法認可される:発展途上国に恩恵もたらす(米国カリプテバイオメディカル社)/はまなすの花をこよなく愛した「石館守三先生を偲ぶ会」に300名/10月に第14回公開教育講座開催(大阪薬科大学)/初の「国際医薬品製造技術総合会議」を開催(日本能率協会主催,日薬連・製薬協特別協賛)/第26回学会総会来年2月に開催(日本心脈管作動物質学会)/「医薬品食品センター」(仮称)設置へ:承認審査機関を分離・独立(厚生省,来年7月をめどに)/構造的赤字が続き危機感つのる(組合健保,政管健保決算)/第4回喘息デー記念講演会開催(喘息デー事務局) / / p52~57
  • 糖尿病性腎症 / 高松和永
  • 吉本幸生
  • 池田幸雄
  • 橋本浩三 / p172~176
  • リボザイム医薬の開発状況と今後の課題--今月のハイライト・p.4参照 / 杉本直己
  • 川上純司 / p177~183
  • 実用濃度消毒剤の院内製剤をめぐる諸問題と市販品の品質及び有用性の検討 / 中島克佳
  • 青山隆夫
  • 伊賀立二 / p185~190
  • 住友別子病院における抗生物質の使用状況 / 福岡竜逸
  • 武村洋 / p191~199
  • 循環器用薬の処方頻度と併用薬調査--千葉大学医学部附属病院第三内科における検討 / 武田豊
  • 石井晃
  • 北田光一
  • 斉藤俊弘 / p202~206
  • 処方された薬剤間の相互作用調査--ニューキノロン剤の併用状況 / 示野陽子
  • 岡本千恵
  • 田中守
  • 近藤英雄
  • 石川忠興
  • 家串稔
  • 福田保 / p207~215
  • 注射剤中各種薬物の輸液用器材への吸着 / 村岡勲
  • 松田いづみ
  • 長谷川雅哉
  • 山本雅人
  • 笠野俊彦
  • 中村敏明
  • 長谷川高明
  • 鍋島俊隆 / p217~231
  • 患者教育における薬剤師の役割 / 北島恵子
  • 四方佳美
  • 上田博文
  • 柚木茂喜
  • 柳田寿彦
  • 和田公明
  • 中西功
  • 椿原美治 / p233~240
  • 悪性線維性組織球腫患者におけるモルヒネの副作用 / 井門敬子
  • 示野陽子
  • 石川忠興
  • 家串稔
  • 福田保
  • 二宮裕幸 / p241~246
  • 癌告知患者への薬剤師のかかわり / 竹田克明
  • 小西敏夫
  • 前田頼伸
  • 大和浩之
  • 桐林芳江
  • 突合皐月
  • 津谷隆史
  • 大宇根晃雅
  • 丸橋暉 / p247~251
  • 病院薬剤師としての在宅医療への参加 / 高野瀬文子
  • 大村晴彦
  • 野田哲
  • 荒川真由美 / p252~256
  • 薬剤の経済的評価 / 久繁哲徳 / p257~263
  • カルテ権と薬剤疫学研究 / 鈴木伸二 / p264~267
  • フランスの病院薬学史 / 末廣雅也 / p268~271
  • 薬剤師からみた処方解析(22)呼吸器内科の処方〔末期肺癌〕 / 井尻好雄
  • 古家鞆弘
  • 吉成昌郎
  • 福田泰樹 / p272~279
  • Drug Information Diagram(32)ビタミン・微量元素一覧 / 古泉秀夫
  • 小林摩深子 / p280~287
  • 提言(49)妊婦または妊娠の可能性のある女性に対する使用上の注意または禁忌の指示~Fluconazoleと先天奇形~ / 藤井良知 / p288~294
  • 医薬品情報室 目に障害を及ぼす薬剤(その52) / 高杉益充 / p296~299
  • 編集長VISITING(155)βアミロイド蛋白による動物モデルを作製 アルツハイマー病解明に手掛かり 名古屋大学医学部教授・附属病院薬剤部長 鍋島俊隆氏 / 鍋島俊隆
  • 沼田稔 / p304~310
  • わがオペラ談議(94)チューリッヒ歌劇場で「サムソンとデリラ」(サン・サーンス),パリ・バスティーユ・オペラ劇場で「ノルマ」(ベルリーニ),藤原歌劇団公演「イル・トロヴァトーレ」(ヴェルディ)を聴く / 五島雄一郎 / p311~315
  • 混注情報(234)ナゼア(R)注射液0.3㎎の配合変化 / 幸保文治 / p341~352
  • ほん(66)『物語 人間の医学史』『人類知抄 百家言』 / 佐藤武男 / p355~355
  • 陰イオン交換樹脂・MCI-196 / T / p295~295
  • 薬価基準新規収載薬識別コード一覧--平成8年9月6日 / / p353~354
  • 次号特集内容予告--特集・NSAID長期使用の問題点とその対策~NSAID潰瘍を中心に~ / / p356~356

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 医薬ジャーナル
著作者等 医薬ジャーナル社
書名ヨミ イヤク ジャーナル
書名別名 Medicine and drug journal

Iyaku janaru
巻冊次 32(10)(378)
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 1996-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02874741
NCID AN00016857
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00001668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想