Molecular medicine : 分子医学を臨床へ  31臨時増刊号(421)

中山書店 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 30 (1) 1992.12~42 (12) (通号: 579) 2005.12;本タイトル等は最新号による;臨時増刊号とも;v. 30, no. 1 = 397号 (1993)-v. 42, no. 12 = 579号 (2005年12月);以後休刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • I トランスジェニックマウスの基礎と方法論 / / p8~59
  • 1. マウスの解剖図譜と器官系の発生 / 大谷浩 / p8~20
  • 2. マウス初期胚発生の概略 / 中辻憲夫 / p22~29
  • 3. マウス染色体地図の作製と応用 / 松田洋一 / p30~38
  • 4. トランスジェニックマウスとターゲティングマウスの方法論概略 / 山村研一 / p39~43
  • 5. トランスジェニックマウスの新しい方法論 / / p44~59
  • 5-a マウス始原生殖細胞の性質と発生工学への応用 / 松居靖久 / p44~48
  • 5-b 凝集法によるキメラマウス作製 / 森山真子
  • 山村研一 / p49~53
  • 5-c 標的遺伝子組換えの新しい戦略-自在な標的遺伝子置換法 / 権藤洋一
  • 中村健司
  • 中尾和貴
  • 勝木元也 / p54~59
  • II 疾患モデルマウスの実際 / / p62~359
  • 1. 発生にかかわるモデルマウス / / p62~81
  • 1-a Hox遺伝子関連のトランスジェニックマウス / 千坂修 / p62~68
  • 1-b Wnt遺伝子関連のノックアウトマウス / 阿部訓也 / p70~74
  • 1-c Pax遺伝子とそのミュータント動物 / 大隈-山下典子 / p75~81
  • 2. ゲノムインプリンティングのモデルマウス / 佐々木裕之
  • 浜田剛 / p82~87
  • 3. 脳・神経系疾患にかかわるモデルマウス / / p88~113
  • 3-a 行動異常マウス / 八木健 / p88~93
  • 3-b カテコールアミン神経系関連のトランスジェニックマウス / 小林和人
  • 永津俊治 / p94~100
  • 3-c Alzheimer病のモデルマウス / 荒木栄一 / p102~106
  • 3-d プリオン病のモデルマウス / 勝木元也 / p107~107
  • 3-e 家族性アミロイドポリニューロパシーモデルマウス / 山村研一 / p108~113
  • 4. Waardenburg症候群II型のモデル・microphthalmiaマウス--新転写因子遺伝子MITFのクローニング / 橘正芳 / p114~121
  • 5. 皮膚疾患にかかわるモデルマウス / 若杉正司
  • 小野友道 / p122~129
  • 6. 骨・筋・コラーゲンの疾患モデルマウス / / p130~146
  • 6-a 筋疾患,筋細胞研究のモデル動物 / 鍋島陽一 / p130~137
  • 6-b 骨軟骨コラーゲン異常モデルマウス / 中田研
  • 妻木範行
  • 木村友厚
  • 小野啓郎 / p138~146
  • 7. 高血圧のモデル動物 / 深水昭吉
  • 杉山文博
  • 村上和雄 / p148~154
  • 8. 肝疾患モデルマウス-肝癌,肝炎 / 樋野興夫 / p156~160
  • 9. 生殖巣の発生・分化とモデルマウス / / p162~174
  • 9-a テラトーマのモデルマウス / 花岡和則 / p162~167
  • 9-b 生殖巣の発生・分化と生殖細胞形成関連のモデルマウス / 小清水右一・中辻憲夫 / p168~174
  • 10. 腎・泌尿器疾患のモデル動物--腎癌 / 樋野興夫 / p176~181
  • 11. 糖尿病モデルマウス / 宮崎純一
  • 田代文 / p182~187
  • 12. 血液疾患のモデルマウス / / p188~202
  • 12-a ヘモグロビン関連疾患のモデルマウス / 服巻保幸 / p188~194
  • 12-b 白血病,悪性リンパ腫関連のモデルマウス / 本田浩章
  • 平井久丸 / p195~202
  • 13. 免疫系のモデルマウス / / p204~239
  • 13-a B細胞免疫不全症モデルマウス / 北村大介 / p204~208
  • 13-b 免疫グロブリン遺伝子-再構成,発現と自己免疫モデルマウス / 清水章 / p210~215
  • 13-c T細胞レセプターのトランスジェニックマウスとノックアウトマウス / 糸原重美 / p216~222
  • 13-d HLA遺伝子トランスジェニックマウス / 高田肇
  • 猪子英俊 / p223~231
  • 13-e TL遺伝子トランスジェニックマウス / 小幡裕一
  • 土井了
  • 笠井謙次
  • 高橋利忠 / p232~239
  • 14. 代謝疾患のモデルマウス / / p240~250
  • 14-a オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症のモデルマウス / 森正敬 / p240~246
  • 14-b チトクロームP450関連のモデルマウス / 鎌滝哲也
  • 横井毅
  • 勝木元也 / p248~250
  • 15. 0⁶-メチルグアニン-DNAメチルトランスフェラーゼ遺伝子(ada)高発現マウス / 中鶴陽子
  • 小田秀明
  • 松隈章一
  • 関口睦夫
  • 石川隆俊 / p252~256
  • 16. シグナル伝達系のモデルマウス / / p257~320
  • 16-a 活性型癌トランスジェニックマウス / 勝木元也 / p257~260
  • 16-b 癌抑制遺伝子トランスジェニックマウス / 相沢慎一 / p261~266
  • 16-c レセプター型チロシンキナーゼc-kitの変異による細胞の増殖・分化の異常 / 國貞隆弘
  • 西川伸一 / p267~272
  • 16-d 非レセプター型チロシンキナーゼ遺伝子のトランスジェニックマウス / 相沢慎一 / p273~278
  • 16-e c-mos癌遺伝子欠損マウスにおける卵の賦活化とテラトーマ形成 / 橋本有弘 / p280~286
  • 16-f インスリンおよびIGF-I,IGF-IIに抵抗性を示すIRS-1欠損マウス / 為本浩至
  • 相沢慎一
  • 門脇孝 / p287~295
  • 16-g 核内転写因子(c-Jun・Fos)発現異常マウス / 徳久剛史 / p296~300
  • 16-h N-myc欠損マウス / 近藤寿人 / p301~305
  • 16-i IL-6トランスジェニックマウスと形質細胞異常 / 末松佐知子
  • 平野俊夫 / p306~313
  • 16-j サイトカイン共通信号伝達分子gp130遺伝子の解析 / 吉田寛二
  • 吉田進昭
  • 田賀哲也 / p314~320
  • 17. ウイルス学におけるモデルマウス / / p321~342
  • 17-a ヒトレトロウイルス感染症モデル: AIDS と慢性関節リウマチ / 岩倉洋一郎 / p321~327
  • 17-b パピローマウイルス癌遺伝子トランスジェニックマウス / 近藤玄
  • 羽倉明 / p328~332
  • 17-c ポリオウイルス感受性トランスジェニックマウス / 野本明男 / p333~337
  • 17-d HBV遺伝子トランスジェニックマウス / 樋野興夫 / p338~342
  • 18. HITECマウス--トランスジェニックマウスを用いた体細胞突然変異解析系 / 権藤洋一
  • 勝木元也 / p343~347
  • 19. 挿入変異マウス / 山村研一 / p348~353
  • 20. 遺伝子ターゲティングによるbce-2遺伝子の機能解析 / 鎌田真司
  • 辻本賀英 / p354~359
  • III アペンディクス / / p362~397
  • 1. 組換え実験としての遺伝子導入動物 (申請見本) / 鈴木操 / p362~365
  • 2. 販売されているトランスジェニックマウス / 赤松晄
  • 森村栄一 / p366~369
  • 3. トランスジェニックマウスの作製の依頼 / 鈴木操 / p370~371
  • 4. トランスジェニックマウスの命名法 / 森脇和郎 / p372~374
  • 5. 細胞関連製品の紹介 / 齋藤拓 / p375~379
  • 6. 癌重点領域研究「総合がん」実験動物支援委員会の活動について / 山村研一 / p380~382
  • 7. 発生関連遺伝子の種別相対表 / 黒岩厚 / p384~389
  • 8. シンテニーマップ / 森脇和郎 / p390~397
  • COLUMN 実験動物としてのゼブラフィッシュと遺伝子導入 / 武田洋幸 / p21~21
  • COLUMN 実験動物としてのラットと遺伝子導入--マウスとの対比 / 横山峯介
  • 山田秀一 / p69~69
  • COLUMN 実験動物としてのメダカと遺伝子導入 / 尾里健二郎 / p101~101
  • COLUMN 実験動物としてのニワトリと遺伝子導入 / 餅井真 / p147~147
  • COLUMN トランスジェニック動物の特許の現況 / 仙元隆一郎 / p175~175
  • COLUMN Illmensee事件の検証:核移植実験など / 角田幸雄 / p209~209
  • COLUMN N.M.Le Douarin博士の印象記 / 絹谷政江 / p247~247
  • COLUMN B.Mintz博士の印象 / 西田育巧 / p251~251
  • COLUMN 実験動物としてのカエルと遺伝子導入 / 塩川光一郎
  • 田代康介
  • 倉島麗理
  • 天野幸 / p279~279
  • COLUMN Anne McLaren博士の印象 / 中辻憲夫 / p360~360
  • COLUMN モデルマウスを用いた食物アレルギーの病態解析 / 大塚宜一
  • 羅智靖 / p383~383

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Molecular medicine : 分子医学を臨床へ
著作者等 中山書店
中山店
書名ヨミ Molecular medicine : ブンシ イガク オ リンショウ ヘ
書名別名 モレキュラーメディシン

Molecular medicine
巻冊次 31臨時増刊号(421)
出版元 中山書店
刊行年月 1994-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09186557
NCID AN10399708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00091541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想