実験治療 = The experiment & therapy  (461)

国立国会図書館雑誌記事索引 (248):1950.4 ; (270):1954.3-(284):1955.12;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;復刊1号から506号までの並列タイトル: The experimental therapy;復刊1号から320号までの編者: 実験治療社;復刊1号から復刊8号までには239号から246号という表示もあり;復刊1号 -[復刊] 8号 ; no. 247 (Feb. 20, 1950)-;復刊1号から320号までの出版者: 実験治療社;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 私の領域から--温泉医療 / 森永寛 / p1~1
  • Medical topics / p2~6
  • 体質--血液型と疾病 / M. A. / p2~2
  • 呼吸器--肺動脈硬化症 / M. M. / p3~3
  • 腎蔵--未来を予測する診断理論 / H. A. / p4~4
  • 放射線医学--Rheoradiology(9)脳 / K. N. / p5~5
  • 食事療法--庶糖摂取の問題 / T. A. / p6~6
  • Clinical digest 脳卒中後遺症に対するNicholinの効果--Nicholin 200mgと500mg投与による効果の比較 / 大橋亮二 ほか / p7~9
  • Clinical digest 脳動脈硬化症によるパーキンソニズムに対するCiticoline(Nicholin)の使用経験 / 塚本隆三 ほか / p10~12
  • Clinical digest 脳血管障害に対するCapilanの使用経験 / 三宅康夫 / p13~15
  • はんぺーじずいひつ / 中村四郎
  • 北村武
  • 永井三郎
  • 工藤達之 / p16~17
  • ここが知りたい--過性脳虚血発作 / p18~19
  • 成因はどのように考えられるか / 亀山正邦 / p18~18
  • いかなる臨床症状を呈するか / 新城之介 / p18~18
  • 治療は如何にすべきか / 加瀬正夫 / p19~19
  • 予後はどうか / 沓沢尚之 / p19~19
  • 今日の診療--過性脳虚血発作 / 安藤一也 / p20~21
  • 症例から学ぶ--肺のびまん性陰影 / 西本幸男 / p22~23
  • アルコールの功罪(9)二日酔い / 小片重男 / p24~24
  • 腎臓病--組織診断法、とくに蛍光染色法の応用 / 波多野道信

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 実験治療 = The experiment & therapy
著作者等 実験治療社
武田薬品工業株式会社
實驗治療社
書名ヨミ ジッケン チリョウ = The experiment & therapy
書名別名 The experimental therapy

The experiment & therapy
巻冊次 (461)
出版元 武田薬品工業
刊行年月 1970-09
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 09107967
NCID AN00104932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00107986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想