実験治療 = The experiment & therapy  (424)

国立国会図書館雑誌記事索引 (248):1950.4 ; (270):1954.3-(284):1955.12;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;復刊1号から506号までの並列タイトル: The experimental therapy;復刊1号から320号までの編者: 実験治療社;復刊1号から復刊8号までには239号から246号という表示もあり;復刊1号 -[復刊] 8号 ; no. 247 (Feb. 20, 1950)-;復刊1号から320号までの出版者: 実験治療社;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 有縁--有縁でしょうか / 武藤完雄 / p1~1
  • Medical topics / p2~6
  • 神経--SMON雑感 / T. T. / p2~2
  • 血管--血管の調節機構(1)血管系の神経支配について / T. N. / p3~3
  • 消化器--胃潰痬の悪性変化 / S. Y. / p4~4
  • 臓器移植--移植抗原(3) / Y. I. / p5~5
  • 職業病--「むちうち」病 / T. H. / p6~6
  • 今日の診断と薬物療法 静脈麻酔下の妊娠中絶術に用いたアリナミンFの効果 / 中山栄之助 ほか / p7~8
  • 今日の診断と薬物療法 夜尿症(殊に女児)に対するアリナミンF,抗抑うつ剤併用療法について / 大田黒和生 / p9~10
  • 今日の診断と薬物療法 ニコリンが有効であった小児急性脳炎の1例 / 武田啓志 ほか / p11~12
  • 今日の診断と薬物療法 脳神経外科におけるCapilanの使用経験 / 根本弘之 ほか / p13~14
  • 今日の診断と薬物療法 頸椎鞭打損傷に随伴する頸性頭痛に対するカピランの著効例 / 五十嵐裕 / p15~15
  • はんぺーじずいひつ / 島崎敏樹
  • 守一雄
  • 佐藤八郎
  • 松倉豊治 / p16~17
  • ここが知りたい--膵炎 / p18~19
  • 慢性膵炎の食餌療法はなぜむずかしいか / 築山義雄 / p16~16
  • 急性膵炎の発生機転はどこまで解明されているか / 本庄一夫 / p16~16
  • アルコール膵炎はなぜ日本に少ないか / 小田正幸 / p19~19
  • 総合診断にたよらなければならない慢性膵炎 / 内藤聖二 / p19~19
  • 常用処方シリーズ--中耳炎 / 三辺武右衛門 / p20~21
  • 救急処置の実際 / p22~23
  • (内科)心臓喘息と気管支喘息の発作 / 岸本道太 / p22~22
  • (外科)胸部の救急処置(3) / 太中弘 / p22~22
  • (産婦人科)出血(2)産科的出血 / 竹村喬 / p23~23
  • (眼科)緑内障発作 / 深道義尚 / p23~23
  • 医院建築のコツ--外科医院の計画 / 浦野三男 / p24~24
  • 自己免疫と疾患--自己免疫と胸腺 / 宮田亮

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 実験治療 = The experiment & therapy
著作者等 実験治療社
武田薬品工業株式会社
實驗治療社
書名ヨミ ジッケン チリョウ = The experiment & therapy
書名別名 The experimental therapy

The experiment & therapy

Jikken chiryo
巻冊次 (424)
出版元 武田薬品工業
刊行年月 1967-08
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 09107967
NCID AN00104932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00107986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想