臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine  44(8)(511)

大道學館出版部

国立国会図書館雑誌記事索引 27 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of clinical and experimental medicine (<32巻1号>-);[21巻4号 = ?号]-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 神経筋疾患診断のためのベッドサイドテスト / 祖父江//逸郎 / 1567~1574<8484564>
  • 主要神経症状の鑑別診断 / 塚越//広 / 1575~1579<8484565>
  • ミオパチーの鑑別診断 / 本多//虔夫 / 1580~1584<8484566>
  • 神経筋疾患におけるエレクトロニクス / 宮崎//募 / 1585~1589<8484567>
  • 神経及び筋肉疾患における酵素学的検査の応用 / 荒木//淑郎 / 1590~1595<8484568>
  • 脳血管写,脳室及び気脳写の進歩 / 森//和夫 / 1596~1602<8484569>
  • 神経疾患におけるアイソトープ検査法の価値 / 新//城之介 / 1603~1611<8484570>
  • 神経学領域における生検法の適応と診断的価値 / 近藤//喜代太郎 / 1612~1617<8484571>
  • 錐体外路症状に対する定位脳手術の適応決定 / 楢林//博太郎 / 1618~1622<8484572>
  • 代謝性神経,筋疾患の予防と治療 / 後藤//幾生 / 1623~1628<8484573>
  • 神経筋疾患におけるステロイド療法 / 加瀬//正夫 / 1629~1633<8484574>
  • 糖尿病と胆石症(臨床講義) / 武内//重五郎 / 1634~1639<8484575>
  • 結核感染初期の身体反応(臨牀指針) / 古閑//義之 / 1640~1645<8484576>
  • 最近経験せるくる病 / 下辻//常介 / 1646~1656<8484577>
  • 先天性食道閉鎖症〔5症例〕 / 池田//恵一 / 1657~1666<8484578>
  • 上部消化管出血例の検討 / 白根//友吉 / 1667~1674<8484579>
  • 術後肝炎(血清肝炎)の予防 Inosineの予防効果について / 大田//満夫 / 1675~1678<8484580>
  • 創傷治癒に及ぼす薬剤の影響-1- / 久保//宏史 / 1679~1682<8484581>
  • 膵バイオプシーの意義 / 宮崎//逸夫 / 1683~1686<8484582>
  • 膿胸を合併した原発性異型肺炎 / 金光//紀郎 / 1687~1689<8484583>
  • 腎不全の二症例(臨床と病理の会-176-〔討論会〕) / 西尾//豊 / 1690~1701<8484584>
  • 外傷性ショックと輸液(救急療法) / 吉永//直胤 / 1702~1705<8484585>
  • 脳卒中 外来診療の限界=入退院決定の基準 / 板原//克哉 / 1706~1709<8484586>
  • 扁桃炎と腎炎(対談) / 井村//棲梧 / 1710~1715<8484588>
  • 腫瘍剖検例の統計的考察 九大病理学教室における最近5年間の剖検例 / 金出//英夫 / 1716~1722<8484589>
  • 補酵素型Vitamin B12(Hycobal)の使用経験 / 稲垣//義明 / 1723~1726<8484590>
  • 汎発性紅斑性狼瘡のステロイド大量療法一知見 / 村上//光 / 1727~1733,図1枚<8484591>
  • 胃腸症状を訴える長期療養肺結核患者に対するActinaminの使用効果 / 篠田//厚 / 1734~1738<8484592>
  • 虚血性心疾患におけるFlavin adenine dinucleotide(FAD)の使用経験 / 三村//悟郎 / 1739~1744<8484593>
  • フィブリノリジン・ミドリの臨床応用に関する研究 in vitro,in vivo / 加瀬//正夫 / 1745~1755<8484594>
  • 重症パラチオン中毒症の一治験例 / 三好//正堂 / 1756~1758<8484596>
  • 聴神経腫と誤まられたのう腫性クモ膜炎の一例 / 永松//啓爾 / 1759~1761<8484597>
  • 肥満症の外来治療 減食と食欲抑制剤Fenfluramineの併用 / 牧野//秀夫 / 1762~1766<8484598>
  • 制癌剤による白血球減少症に対するセファランチンの使用経験 / 山本//政勝 / 1767~1769<8484599>
  • 放射線治療にATPの経口投与を併用した経験 / 神田//耕介 / 1770~1773<8484600>
  • 整形外科領域におけるIndomethacin(INDACIN)の臨床効果 / 古賀//順一 / 1774~1776<8484601>
  • Neuleptilによる妄想患者の治療 / 林//尚秀 / 1777~1780<8484602>
  • 点鼻薬オトリビンの使用経験 / 中村//晃英 / 1781~1783<8484603>
  • 海外文献--九州歯科大学岡部内科 / 岡部信彦 / p216~217
  • 質疑応答 破傷風の治療・エレストール・ラッシュピン固定を行なった場合 / 志村秀彦
  • 山本真
  • 宮城成圭 / p218~219
  • 青ページ 国立病院とはこんなところ / 北村精一 / p15~16

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
著作者等 大道学館
大道學館出版部
書名ヨミ リンショウ ト ケンキュウ = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
書名別名 臨床と研究

The Japanese journal of clinical and experimental medicine
巻冊次 44(8)(511)
出版元 大道学館出版部
刊行年月 1967-08
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 00214965
NCID AN00270170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想