臨床検査  13(5)

醫學書院 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 9 (7) 1965.07~;本タイトル等は最新号による

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 腸内細菌培養検査(カラーグラフ) / 善養寺//浩 / 366~367<8480330>
  • グラフ 初の細胞検査士の試験行なわる / / p376~376
  • 補体(総説) / 田村//昇 / 377~381<8480331>
  • 血中ビリルビンの検査法 / 石戸谷//豊 / 382~387<8480332>
  • 救急検査 / 富田//仁 / 388~395<8480333>
  • 心電図(臨床検査の問題点-5-)(座談会) / 長尾//透 / 396~403<8480334>
  • 腎疾患と臨床検査-2-腎機能検査 / 波多野//道信 / 404~409<8480335>
  • 好気的解糖経路(代謝経路と臨床検査-5-) / 松村//義寛 / 360~361<8480329>
  • ひろば Original deviceを書く / 村田徳次郎 / p387~387
  • 書評 酵素検査 / 古川俊之 / p363~363
  • 書評 実技を主とした腸管X線検査法 / 黒川利雄 / p395~395
  • 海外文献 ブドウ糖酸化酵素の直接法による血清と髄液の糖定量法,肝動脈結紮と血清酵素,EDTAとヒドラジンを用いた血清尿酸の半微量測定法 / 吉野二男 / p410~410
  • 私のくふう 剖検臓器・組織の保存法 / 上田房子 / p443~443
  • 私のくふう 検鏡カバー / 鈴木盛雄 / p443~443
  • 投稿規定 / / p430~430
  • 次号予告 / / p444~444
  • あとがき / 樫田良精 / p444~444
  • 毎日の検査から(論壇) / 丹羽//正治 / 420~421<8480341>
  • 検査伝票 コンピューター時代の伝票の運命(座談会) / 吉田//光孝 / 422~430,グラビア p369~375<8480342>
  • 1ページの知識 生化学--重量分析法 / 永井諄爾 / p411~411
  • 血球計算の誤差をなくすには-5-(1ページの知識 血液) / 大橋//辰哉 / 412~412<8480336>
  • Coombs消費試験(1ページの知識 血清) / 安田//純一 / 413~413<8480337>
  • 腸内細菌科の菌-1-(1ページの知識 細菌) / 木村//貞夫 / 414~414<8480338>
  • パラフィン・ブロックの薄切(1ページの知識 病理) / 川井//一男 / 415~415<8480339>
  • 1ページの知識 生理--サイリスタ / 宇都宮敏男 / p416~416
  • テスターの使い方のいろいろ(1ページの知識 一般) / 高原//喜八郎 / 417~417<8480340>
  • トピックス--Serratia marcescens(レイ菌)による敗血症--非定型抗酸菌の散布性感染症と血液学的所見--心嚢貯留液の超音波診断--凍結プール血清か凍結乾燥血清か / S.T.
  • S.S.
  • H.N. / p418~418
  • 検査室メモ 管理会議 / 大橋経雄 / p419~419
  • 検査の自動化とコンピューターの導入 欧米の血液銀行と検査室 / 三輪//史朗 / 431~432<8480344>
  • 梅毒血清反応の検討-1-緒方法,凝集法,ガラス板法,RPCF,FTA,TPHA6法の比較 / 吉岡//秀雄 / 433~436<8480345>
  • 梅毒血清反応の検討 特にRPCFを中心として / 後藤//大九郎 / 437~440<8480346>
  • Auto Analyzerによる血漿,尿および髄液中ブドウ糖定量法の検討 / 宮原//洋一 / 441~442<8480347>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床検査
著作者等 医学書院
書名ヨミ リンショウ ケンサ
巻冊次 13(5)
出版元 医学書院
刊行年月 1969-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 04851420
NCID AN00252984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想