北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health  15

北海道立衛生研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (51) 2001~;特報あり;1集 (昭和26年4月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 題言 / 安保寿
  • 1 Clostridium botuliumの毒素産生に関する実験的研究 / 飯田広夫 / p1~9
  • 2 Clostridium botuliumの毒素産生に関する研究(第3報) / 飯田広夫 / p10~16
  • 3 ミンクのボツリヌス中毒 / 唐島田隆
  • 小野梯二
  • 飯田広夫
  • 安藤芳明
  • 阪口玄二
  • 阪口澄子
  • 籠田勝基 / p17~23
  • 4 E型ボツリヌス中毒の血清療法に関する実験的研究 / 小野梯二
  • 唐島田隆
  • 飯田広夫 / p24~32
  • 5 1962~1963年北海道においてポリオと臨床診断された患者のウイルス学的並びに血清学的検索について / 飯田広夫
  • 桜田教
  • 奥原広治
  • 佐藤七七朗
  • 野呂新一 / p33~37
  • 6 1963年の北海道におけるポリオ免疫調査について / 桜田教夫
  • 奥原広治
  • 野呂新一
  • 飯田広夫 / p38~43
  • 7 1963年北海道において行つた第1回インフルエンザ流行予測成績について / 桜田教夫
  • 奥原広治
  • 野呂新一
  • 飯田広夫 / p44~48
  • 8 1964年春北海道に流行したインフルエンザについて / 桜田教夫 / p49~51
  • 9 昭和35年から38年までに北海道において分離された赤痢菌の菌型とその抗生物質耐性について / 亀山邦男
  • 上田正義 / p52~56
  • 10 北海道における真菌症に関する調査研究(第2報) / 高橋幸治 / p57~62
  • 11 エゾモンガPteromyces volans oriiの蚤類について / 大野善右衛門 / p63~67
  • 12 米油に関する研究(第2報)そのステリン区分について / 森量夫
  • 松田和子 / p68~72
  • 13 ビタミンDの生理作用に関する研究(第1報)カルシウムの吸収機構とビタミンD / 川端純一 / p73~76
  • 14 集団給食の質的調査(第2報)集団給食のビタミン摂取について / 森量夫
  • 川端純一
  • 福士敏[雄]
  • 女鹿晃道
  • 赤城幾代
  • 松田和子
  • 佐藤芳枝 / p77~83
  • 15 北海道の高血圧症多発地帯における栄養摂取に関する調査研究(第3報) / 森量夫
  • 川端純一
  • 福士敏雄
  • 女鹿晃道
  • 赤城幾代
  • 松田和子
  • 佐藤芳枝
  • 千田征子
  • 湯藤道子 / p84~89
  • 16 インスタント粉末ジュースに強化されたビタミンCの安定性について / 佐藤芳枝
  • 福士敏雄 / p90~92
  • 17 水産物のビタミンEに関する研究(第2報)日本海産魚介類のE含量 / 女鹿晃道 / p93~97
  • 18 北海道における放射能汚染に関する調査(VI)牛乳及び粉乳中のストロンチウム90の含有量の測定 / 安藤芳明 / p98~100
  • 19 小規模燃焼施設のばい煙中の硫黄酸化物濃度の測定について / 遠藤艮作
  • 安藤和夫
  • 向後鉄太郎
  • 小山艮悟 / p101~106
  • 20 北海道の諸都市における降下ばい塵中の不溶解性無機成分について(第1報)昭和39年1~2月の室蘭市、旭川市および釧路市の降下ばい塵 / 中谷省三
  • 多賀光彦
  • 勝田也子
  • 向後鉄太郎
  • 遠藤艮作 / p107~116
  • 21 農薬による中毒防止に関する研究(第7報)森林地帯における空中散布殺そ剤(硫酸タリウム)の川水汚染調査 / 斎藤守民
  • 北山正治
  • 三沢隆行 / p117~119
  • 22 農薬による中毒防止に関する研究(第8報)水田地帯における空中散布農薬の区域外飛散状況調査 / 斎藤守民
  • 北山正治
  • 本間正一
  • 金島弘恭
  • 三沢隆行 / p120~122
  • 23 北海道の温泉成分の化学的研究(第5報)北海道の温泉中の銅、鉛、亜鉛含量 / 多賀光彦
  • 中谷省三
  • 勝田也子 / p123~128
  • 24 昭和39年旭川市において発生したフグ中毒例について / 中根正行
  • 小佐部快男
  • 丹川義彦
  • 井田泰二
  • 寿楽明雄 / p129~133
  • 25 ハム、ソーセージの亜硝酸について / 小佐部快男
  • 中根正行
  • 丹川義彦 / p134~137
  • 26 アスパラガス缶詰中のスズの含有量について / 秋山尚子 / p138~142
  • 27 CTCによる難卵の保存試験について / 丹川義彦 / p143~146
  • 28 製品検査の実態からみた北海道のかんすい使用の動向について / 丹川義彦 / p147~150

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
著作者等 北海道立衛生研究所
書名ヨミ ホッカイドウリツ エイセイ ケンキュウジョホウ = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
書名別名 Report of the Hokkaido Institute of Public Health

Hokkaidoritsu eisei kenkyujoho
巻冊次 15
出版元 北海道立衛生研究所
刊行年月 1965-11
ページ数
大きさ <26-30>cm
ISSN 04410793
NCID AN00231077
AA12077992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想