生体の科学  35(6)

日本醫學雜誌株式會社

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 4) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;1巻1号 (昭和24年4月1日)-;出版者変遷: 医学書院 (1巻1号-43巻6号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 細胞毒マニユアル-実験に用いられる細胞毒の知識- / / p400~479,481~515,517~541,543~569,571~618
  • 序 / / p400~400
  • I. 神経系に作用するもの / / p401~479
  • 1. 軸索・興奮性膜作用薬 / / p402~431
  • テトロドトキシン Tetrodotoxin / 楢橋敏夫 / p402~404
  • サソリ毒 Scorpion toxins / 岡本治正 / p405~407
  • ベラトリジン Veratridine / 楢橋敏夫 / p408~409
  • DDP dichloro-diphenyl trichloro-ethane / 村上誠 / p410~411
  • バトラコトキシン (矢毒カエル毒) Batrachotoxin / 徳山孝 / p412~413
  • グラヤノトキシン Grayanotoxins / 瀬山一正 / p414~416
  • Toxins Isolated from Sea Anemone Anthopleura / Shoji Shibata / p417~420
  • Ciguatoxin / Shoji Shibata / p421~423
  • マンダラトキシン (スズメバチ毒) Mandaratoxin / 阿部岳 / p424~425
  • アパミン Apamin / 山中清一郎・他 / p426~428
  • ホスホリパーゼC Phospholipase C / 池沢宏郎 / p429~431
  • 2. 神経終末作用薬 / / p432~448
  • β-ブンガロトキシン β-bungarotoxin / 阿部輝雄 / p432~434
  • 黒後家グモ毒 Black widow spider venom(α-latrotxin) / 川合述史 / p435~437
  • ボツリヌストキシン Botulinum toxin / 久保周一郎 / p438~439
  • 6-ハイドロキシドーパミン 6-hydroxydopamine / 樋口宗史・他 / p440~442
  • テタヌストキシン Tetanus toxin / 松田守弘 / p443~445
  • カプサイシン Capsaicin / 小西史郎 / p446~448
  • 3. シナプス後膜作用薬 / / p449~479
  • α-ブンガロトキシン α-bungarotoxin / 葛西道生 / p449~451
  • 女郎グモ毒 Joro spider toxin / 川合述史 / p452~454
  • コンカナバリンA Concanavalin A / 篠崎温彦 / p455~457
  • クラーレ Curare / 鷲尾宏 / p458~460
  • 抗コリンエステラーゼ剤 Anti-Cholinesterase / 野々村禎昭 / p461~463
  • アトロピン Atropine / 久場健司・他 / p464~465
  • カイニン酸 Kainic acid / 篠崎温彦 / p466~468
  • プロカイン Procaine / 前野魏 / p469~471
  • ピクロトキシン Picrotoxin / 栗山欣弥・他 / p472~473
  • ビキュキュリン Bicuculline / 小幡邦彦 / p474~476
  • ヒストリオニコトキシン (カエル皮膚毒) Histrionicotoxins / 久場健司 / p477~479
  • II. 膜一般に作用するもの / / p481~515
  • DIDS 4,4'-diisothiocyanostilbene-2,2'-disulfonic acid / 濱崎直孝 / p482~484
  • N-エチルマレイミド N-ethylmaleimide / 原諭吉 / p485~486
  • アトラクチロシド Atractyroside / 曾根旉史 / p487~488
  • ウアバイン Ouabain / 松井英男 / p489~490
  • アンホテリシンB Amphotericin B / 吉岡亨 / p491~492
  • サポニン Saponin / 大槻磐男 / p493~494
  • フィリピン Filipin / 藤田尚男 / p495~496
  • バリノマイシン (イオノフォア) Valinomycin(ionophores) / 平田肇 / p497~499
  • モネンシン Monensin / 池原征夫 / p500~501
  • コレラ毒素 Cholera toxin / 黒木登志夫 / p502~506
  • フロリジン Phlorizin(phloridzin) / 武居能樹 / p507~508
  • ブピバカイン Bupivacaine / 石川春律 / p509~510
  • マストパラン (ハチ毒) Mastoparan(Wasp toxin) / 若松馨・他 / p511~512
  • パリトキシン Palytoxin / 伊藤勝昭 / p513~515
  • III. 細胞骨格に作用するもの / / p517~541
  • コルヒチン Colchicine / 石川春律 / p518~519
  • ビンブラスチン Vinblastine / 佐藤英美 / p520~523
  • ポドフィロトキシン Podophyllotoxin / 室伏擴 / p524~525
  • 重水 Heavy water / 佐藤英美 / p526~529
  • タクソール Taxol / 外山芳郎 / p530~531
  • サイトカラシン Cytochalasins / 飯田和子・他 / p532~533
  • ファロイジン Phalloidin / 福井義夫 / p534~536
  • IDPN β,β'-iminodipropionitrile / 横山和仁 / p537~539
  • クロールペプタイド (黄変米毒) Chloropeptide (Yellowed rice toxin) / 上野芳夫 / p540~541
  • IV. 転写・蛋白合成に作用するもの / / p543~569
  • 1. 転写阻害剤 / / p544~556
  • アクチノマイシンD Actinomycin D / 田中信男 / p544~546
  • アクリジン Acridine / 田中信男 / p547~549
  • α-アマニチン α-amanitin / 中村清二 / p550~552
  • リファマイシン Rifamycin / 石浜明 / p553~556
  • 2. 翻訳阻害剤 / / p557~569
  • グウゲロチン Gougerotin / 塚田欣司 / p557~558
  • フシジン酸 Fusidic acid / 田中信男 / p559~560
  • ジフテリア毒素 Diphtheria toxin / 内田驍 / p561~563
  • ピューロマイシン Puromycin / 田中信男 / p564~566
  • サイクロヘキシミド Cycloheximide / 田中信男 / p567~569
  • V. DNAに作用するもの / / p571~586
  • 6-アザウリジン 6-azauridine / 中村典 / p572~573
  • エチジウム・ブロマイド Ethidium bromide / 塚田欣司 / p574~575
  • マイトマイシンC Mitomycin C / 塚田欣司 / p576~578
  • Ara-Cほか Ara-C and other related base analogues / 中村典 / p579~580
  • 5-ブロモ-2'-デオキシウリジン 5-bromo-2'-deoxyuridine / 中村典 / p581~582
  • 5-アザシチジン 5-azacytidine / 中村典 / p583~584
  • 発癌剤 Chemical carcinogen / 伊東信行・他 / p585~586
  • VI. 代謝系に作用するもの / / p587~618
  • シアンと電子伝達阻害剤 Cyanide and electron transfer inhibitors / 曾根旉史 / p588~590
  • ジニトロフェノール Dinitrophenol / 曾根旉史 / p591~593
  • バナデイト Vanadate / 誉田晴夫・他 / p594~595
  • アメトプテリン A-methopterine or Methotrexate / 清水喜美子・他 / p596~598
  • 3-デアザアデノシン 3-deazaadenosine / 綿矢有佑 / p599~600
  • コルジセピン Cordycepin / 中里紘 / p601~602
  • 蛋白分解酵素阻害剤 Protease inhibitor / 佐々木實 / p603~613
  • フェノバルビタール Phenobarbital / 加藤隆一 / p614~616
  • トリフロペラジン Trifluoperazine / 佐々木泰治・他 / p617~618
  • 次号予告 / / p619~619
  • 総目次 / / 巻末1~3

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 生体の科学
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
生體の科學研究會
金原一郎記念医学医療振興財団
書名ヨミ セイタイ ノ カガク
書名別名 Seitai no kagaku
巻冊次 35(6)
出版元 医学書院
金原一郎記念医学医療振興財団
刊行年月 1984-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03709531
NCID AN00128533
AN10360633
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00013174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想