整形外科 = Orthopedic surgery  13(6)

南江堂

国立国会図書館雑誌記事索引 1(3):1950-34(13):1983.12 ; 52(1)=603:2001.1-;本タイトル等は最新号による;[1巻1号 (1950年)]-27巻7号 (1976年6月) ; 27巻8号 = 285冊 (1976年7月)-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 橈骨神経麻痺とその治療について / 津下//健哉 / 417~427<9090404>
  • 先天性股関節脱臼の早期治療成績について / 永井//隆 / 428~433<9090401>
  • 先天股脱骨切り術(今田法)の術式と成績 / 今田//拓 / 433~438<9090400>
  • 腰椎の偽性辷り症と後方辷り症について / 糟谷//清一郎 / 439~444<9090395>
  • 姿勢性腰痛症について / 中野//昇 / 446~450<9090397>
  • Thiemann氏病を発現せる1家系について / 藤原//朗 / 451~455<9090394>
  • 上腕骨下端骨折にみられる内反肘の再検討 / 大吉//清 / 455~459<9090398>
  • 腰痛疾患におけるAbrodil-myelographyの経験 / 七川//歓次 / 460~465<9090396>
  • Overhead法による先天股脱の整復経験 / 片山//良亮 / 467~469<9090393>
  • 先天性脛骨欠損症の2例 / 高津//良夫 / 469~473<9090402>
  • 整形外科医用携帯スケールの試作 / 飯野//三郎 / 474~477<9090399>
  • 日本の近代整形外科が生れるまで-5- / 蒲原//宏 / 478~484<9090403>
  • 頸椎骨軟骨症 / 恩地//裕 / 485~487<9090405>
  • 臨床談論 東大クリニカル・カンファレンス その1 / 三木威勇治 ほか / p488~491
  • 誌説 整形外科進歩の一方向 / 飯野三郎 / p445~445
  • Reticulohistocytosis,Peridurographie施行時の偶発症 / K.M. / p466~466
  • 診療余卓 ギプスの膝蓋部開窓,ギプスの開窓 / K.S.生
  • 近藤浩一 / p491~491
  • 編集後記 / S. I.生 / p496~496

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 整形外科 = Orthopedic surgery
著作者等 南江堂
書名ヨミ セイケイ ゲカ = Orthopedic surgery
書名別名 Orthopedic surgery
巻冊次 13(6)
出版元 南江堂
刊行年月 1962-06
ページ数
大きさ 26-29cm
ISSN 00305901
NCID AN00126560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想