食品衛生研究 = Food sanitation research  35(3)(420)

厚生省食品衞生課・乳肉衞生課編

国立国会図書館雑誌記事索引 46 (6) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;1巻2号以降の並列タイトル: Food sanitation research;編者変遷: 厚生省 (1巻1号-<1巻10号>)→ 厚生省環境衛生局 (<10巻7号>-27巻6号);1巻1号 = 1号-;出版者変遷: 日本食品協会 (1巻1号-<1巻10号>)→ 日本食品衛生協会 (<10巻7号>-27巻6号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 食品行政に思うこと Preface / 猪股省吾 / p5~5
  • 米の残留臭素の暫定基準について Provisional Maximum Residue Limit of Bromide for Rice / 岸田修一 / p7~13
  • 昭和59年度狂犬病予防等技術研修会 / / p15~33,35~38
  • 新しく開発された動物用狂犬病組織培養ワクチン Newly Developed Tissue Culture Rabies Vaccine for Animal Use / 野村吉利 / p15~24
  • 狂犬病ウイルス研究の現況 Present Trends in Rabies Virus Research / 源宣之 / p25~33
  • 昭和59年度狂犬病予防等技術研修会発表課題 / / p35~38
  • 公園の砂場での回虫卵検出状況 Detection of Ascaris Eggs in the Sand of Playground / 松本寛 ほか / p35~38
  • 昭和59年度全国食品衛生監視員研修会優秀課題 / / p39~51,53~66
  • ナチュラルチーズの衛生学的調査 Hygienic Studies on the Natural Cheese / 坂上正人 ほか / p39~44
  • すし材料として使用される卵焼き,厚焼きを専門に製造する工場の衛生管理について Concerning Sanitary Control of Egg Rolls Factory-produced for Sushi Use / 渡辺義孝 ほか / p45~51
  • 二次汚染,そのメカニズムの実態 Secondary Food Contamination the Actual Process Involved / 八竹正夫 ほか / p53~58
  • 市販食肉におけるエルシニアエンテロコリチカの汚染実態調査および分離方法の比較検討について Recovery of Yersinia enterocolitica from Meat on the Market and Comparative Study of Isolation Methods of this Organism / 三浦博司 ほか / p59~66
  • 通牒(と畜場法施行規則,食品衛生法施行規則及び食品,添加物等の規格基準の一部改正について 衛乳第5号) a Notification / / p67~74
  • 編集後記 The Editor's Comments / バッカス / p76~76

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 食品衛生研究 = Food sanitation research
著作者等 厚生省
厚生省乳肉衛生課
厚生省環境衛生局
厚生省食品化学課
厚生省食品衛生課
日本食品衛生協会
日本食品協会
書名ヨミ ショクヒン エイセイ ケンキュウ = Food sanitation research
書名別名 Food sanitation research
巻冊次 35(3)(420)
出版元 日本食品衛生協会
刊行年月 1985-03
ページ数
大きさ 21-26cm
ISSN 05598974
NCID AN00117752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00011720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想