産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice  32(9)

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1):1952.01-32(10):1983.9 ; 50(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;60巻1号以降の並列タイトル: Obstetrical and gynecological practice;別冊あり;1巻1号-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 今日の話題 新生児鎖骨骨折の臨床--見逃されている本症の病態と産科的検討 / 木村好秀 / p1257~1265<2637745>
  • 特集:産婦人科医に必要な生検の知識 / 伊藤治英 / p1266~1360<2637746>
  • 産婦人科領域における外科材料の取扱い--良い組織標本作製の条件 / 田中貢 ほか / p1267~1274<2637748>
  • 子宮頸部の生検と病変について / / p1275~1279,1281~1302<2637749>
  • A.子宮頸部組織の採取方法 / 越野立夫 ほか / p1275~1279<2637750>
  • B.子宮頸部の良性病変 / 西谷巌 ほか / p1281~1288<2637751>
  • C.子宮頸部の悪性病変 / 筒井章夫 / p1289~1302<2637752>
  • 子宮内膜の生検と病変について / / p1303~1309,1311~1330<2637753>
  • A.子宮内膜組織の採取法 / 佐野隆 ほか / p1303~1309<2637754>
  • B.子宮内膜の良性病変 / 楠原浩二 ほか / p1311~1320<2637755>
  • C.子宮内膜の悪性病変 / 奥平吉雄 ほか / p1321~1330<2637756>
  • 流産・絨毛性疾患の生検と病変について / / p1331~1343,1345~1353,1355~1360<2637757>
  • A.流産・絨毛性疾患の生検材料のとり方 / 川島吉良 ほか / p1331~1334<2637758>
  • B.流産材料の見方と診断のつけ方 / 竹内正七 ほか / p1335~1343<2637759>
  • C.胞状奇胎の見方と診断のつけ方 / 並木恒夫 ほか / p1345~1353<2637760>
  • D.絨毛癌の見方と診断のつけ方 / 伊藤治英 ほか / p1355~1360<2637761>
  • 妊娠末期における子宮頸部の態度--胎盤の付着部及び形状と子宮頸部成熟度との関係 / 狐塚重治 / p1361~1370<2637764>
  • 卒前卒後講座 ダグラス窩穿刺法と採取液の取扱い / 佐賀正彦 ほか / p1371~1374<2637762>
  • 婦人科内分泌の問題点 婦人科手術に於る卵巣保存の可否と摘出後の対策 / 片山和明 ほか / p1375~1379<2637767>
  • 臨床経験 妊婦梅毒の治療 / 大里和久 ほか / p1383~1393<2637766>
  • 治験 新生児細菌感染の予防に対するセフメタゾール(CMZ)の試用経験 / 吉田順一 ほか / p1395~1397<2637768>
  • 症例 頸管妊娠保存療法への新しい試み / 畑俊夫 ほか / p1399~1405<2637763>
  • 症例 娩出後の大量出血に続発せるシーハン症候群及び中枢性尿崩症の稀有なる1例 / 寺谷俊雄 ほか / p1407~1410<2637765>
  • 海外文献紹介 / 伊藤元博
  • 張素瑛 / p1382~1382
  • 学会案内 / / p1370~1370
  • 投稿規定 / / p1411~1411
  • 次号予告 / / p1412~1412

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice
著作者等 金原出版株式会社
書名ヨミ サンフジンカ ノ ジッサイ = Obstetrical and gynecological practice
巻冊次 32(9)
出版元 金原
刊行年月 1983-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05584728
NCID AN00099479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想