産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice  24(13)

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1):1952.01-32(10):1983.9 ; 50(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;60巻1号以降の並列タイトル: Obstetrical and gynecological practice;別冊あり;1巻1号-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集:産婦人科細胞診の進歩と将来 / / ~1184
  • I.子宮癌細胞診自動化の現状と将来 / 西谷巖 他 / p1137~1143
  • II.細胞診所見と生検所見が一致しなかったら / 滝一郎 他 / p1145~1151
  • III.自己採取スメア法の現状と将来 / 柴田偉雄 / p1153~1158
  • IV.内分泌細胞診の現状と問題点 / 石束嘉男 他 / p1159~1171
  • V.切迫流産と腟内および頸管内細胞診 / 関場香 他 / p1173~1178
  • VI.羊水の細胞診 / 鳥越正 / p1179~1184
  • 医療事故NOTE 細胞診によるトラブル / 大村清 / p1185~1191
  • 臨床医家の頁 細胞診を正しく判定できるには / 鈴木忠雄 / p1193~1196
  • 座談会 開業医と細胞診 / 栗原操寿
  • 橋口精範 他 / p1197~1205<1687413>
  • 今日の産婦人科学 内因性gonadotropinを利用する排卵誘発--特にclmid,conjugated estrogen,LH-RHについて / 尾崎公巳 他 / p1207~1211
  • 新生児を診るキーポイント(第3回)新生児の嘔吐〔2〕 / 山下泰正 / p1213~1219
  • 症例 性器ヘルペスウイルス感染症と考えられる1例--細胞診での探索 / 山本政太郎 他 / p1221~1223
  • 昭和50年度-第24巻-総目次・索引 / / 巻末~巻末
  • 次号予告 / / p1224~1224

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice
著作者等 金原出版株式会社
書名ヨミ サンフジンカ ノ ジッサイ = Obstetrical and gynecological practice
巻冊次 24(13)
出版元 金原
刊行年月 1975-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05584728
NCID AN00099479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想