産婦人科の世界  6(12)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1950.01~35 (11) 1983.11 ; 57 (2) 2005.02~59 (12) 2007.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号~59巻12号(2007年12月);以後休刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 卷頭言 / 中島精 / p1~1
  • 腹式帝王切開術の今昔 / 小畑//惟清 / 1260~1262<9908156>
  • 腹式帝王切開術の適応ならびに要約 / 長谷川//敏雄 / 1263~1267<9908157>
  • 腹式帝王切開術式の解説 / 岩田//正道 / 1268~1284<9908158>
  • 帝王切開時の腰椎麻酔について / 篠田//糺 / 1285~1300<9908159>
  • 帝王切開と麻酔 / 秦//清三郎
  • 相馬//広明 / 1301~1309<9908160>
  • 帝王切開に対する吸入麻酔の実際 / 桜井//祐二
  • 北井//徳蔵 / 1310~1312<9908161>
  • 帝王切開時の出血予防 / 安井//修平 / 1313~1315<9908162>
  • 腹式腹膜外帝王切開術について / 中島//精 / 1316~1320<9908163>
  • ポロー氏手術 / 藤森//速水 / 1321~1323<9908164>
  • 帝王切開術の予後 / 梅沢//実 / 1324~1335<9908165>
  • 腟式子宮下部横切開の術式と術後経過について / 坂倉//啓夫 / 1336~1340<9908166>
  • フックス氏帝王切開術 / 小島//秋 / 141~1347<9908155>
  • 僧帽弁口狭穿症兼閉鎖不全症と分娩 / 木下//正一 / 1348~1350<9908167>
  • 帝王切開術の歴史特にその術式を中心として / 小南//吉男 / 1351~1354<9908168>
  • 最近における帝王切開術の動向 / 森山//豊 / 1355~1360<9908169>
  • 反復帝王切開術について / 平林//俊一 / 1361~1364<9908170>
  • 当院における腹式帝王切開術ならびに最近始めて経験せる腰麻死について / 河野//司 / 1365~1366<9908171>
  • 帝切術時の腰麻 / 福島//熊男 / 1367~1369<9908172>
  • 帝切卑見 / 矢内原//啓太郎 / 1370~1375<9908173>
  • 帝切術特集に寄す / 吉川渡 / p117~118
  • 産婦人科手術時における各種静脈麻酔剤の検討 / 高原//恭平
  • 大村//真喜雄 / 1377~1384<9908174>
  • 妊婦血圧に関する推計学的研究 / 九嶋//璋二 / 1385~1392<9908175>
  • わが教室における再開腹手術患者の臨床観察,特に癒着について / 藤田//長利
  • 樋口//三千人 / 1393~1398<9908176>
  • 帝王切開術について / 中島//精 / 1399~1410<9908177>
  • アンケート回答 A.妊娠5~7カ月の膣式帝切術切開分娩を貴下は実施されますか B.腹式帝切術は腹膜外と経腹膜との何れを採用されますか (1)経腹膜帝切術は体部切開との何れを選ばれますか (2)下部切開の場合,児頭娩出は鉗子と用手との何れを採用されますか C.帝切術時(膣式,腹式)の麻酔は腰麻,全麻,局麻の何れを採用されますか / / p153~157

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産婦人科の世界
著作者等 医学の世界社
書名ヨミ サンフジンカ ノ セカイ
書名別名 The world of obstetrics & gynecology
巻冊次 6(12)
出版元 医学の世界社
刊行年月 1954-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869873
NCID AN00099504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想