産科と婦人科  50(7)(583)

診断と治療社

国立国会図書館雑誌記事索引 17 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;CD-ROMとも;[1巻1号]~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 子宮癌登録委員会懇話会-子宮頚癌術後の予後改善に関する諸問題- / / p1~75
  • 序文 / 須川佶 / p1~2
  • 予後よりみたリスクファクター 術前術後の予後関連事項 / 久保久光 / p3~4
  • 予後よりみたリスクファクター 子宮頚癌手術例の予後よりみたリスクファクター--多変量解析法による / 奥田博之・他 / p5~10
  • 予後よりみたリスクファクター 術後分類からみた子宮頚癌術後のリスクファクター / 野口浩 / p11~20
  • 予後よりみたリスクファクター 子宮頚癌術後における性機能障害について / 石丸忠之・他 / p21~24
  • 予後改善のための併用療法-術後照射の適用基準とその評価- 術後照射の適用基準とその評価 / 園田隆彦・他 / p25~32
  • 予後改善のための併用療法-術後照射の適用基準とその評価- 子宮頚癌術後放射線治療の適応と評価 / 荒居竜雄・他 / p33~41
  • 予後改善のための併用療法-術後照射の適用基準とその評価- 術後照射の適用基準とその意義について / 岩田正晴 / p42~46
  • 予後改善のための併用療法-術後化学療法のあり方とその評価- 術後化学療法のあり方とその評価--国立病院がん化学療法共同研究を中心に / 小澤満 / p47~54
  • 予後改善のための併用療法-術後化学療法のあり方とその評価- 維持化学療法による頚癌術後の再発防止効果 / 山片重房・他 / p55~61
  • 予後改善のための併用療法-術後化学療法のあり方とその評価- 頚癌術後化学療法の意義 / 杉森甫・他 / p62~67
  • 予後改善のための併用療法-術後化学療法のあり方とその評価- 術後照射の予後改善効果 / 矢嶋聰・他 / p68~70
  • 予後改善のための併用療法-術後化学療法のあり方とその評価- 三つの主題に対する私の考え方 / 平林光司 / p71~73
  • 予定発言 総括 / 野田起一郎 / p74~75
  • 綜説 胎児心収縮期時相(II) / 堀口隆彦・他 / p76~82
  • 臨床研究 産科における血中AFP値とその意義について / 南幹雄・他 / p83~88
  • 臨床研究 新生児出血性疾患(第2報) / 高倉賢二・他 / p89~96
  • 臨床研究 子宮外妊娠93例の統計的考察 / 島功・他 / p97~102
  • 臨床研究 胞状奇胎の予後追跡における内視鏡検査応用の臨床的意義 / 神田隆善・他 / p103~109
  • 症例 保存的に治癒し得た多発性の胎盤ポリープ / 紙谷尚之・他 / p110~112
  • 症例 帝王切開術後発生した腹壁月経瘻の1例 / 浜松美穂・他 / p113~118
  • 薬剤の臨床 外陰腟真菌症に対するIsoconazole nitrate(アデスタン腟錠)の臨床効果 / 高瀬善次郎・他 / p119~125
  • 薬剤の臨床 更年期ならびに去勢婦人の内分泌環境に対するメサルモン®-F錠の影響 / 小林拓郎・他 / p126~130
  • 薬剤の臨床 Bromocriptine療法による妊娠の転帰 / 倉智敬一・他 / p132~137
  • お知らせ / / p125~125
  • 文献紹介 / 相馬廣明・他 / p138~138
  • バックナンバー / / p88~88
  • 投稿規定 / / p137~137

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産科と婦人科
著作者等 診断と治療社
書名ヨミ サンカ ト フジンカ
巻冊次 50(7)(583)
出版元 診断と治療社
刊行年月 1983-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869792
NCID AN00098035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想