産科と婦人科  16(1)(169)

診断と治療社

国立国会図書館雑誌記事索引 17 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;CD-ROMとも;[1巻1号]~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 新生兒に對する臍帶輸血 / 秦良麿
  • 郡嗣彥 / p1~6
  • 腹腔內ガーゼ遺殘を伴ない妊娠末期に達した卵巢妊娠の一例 / 山尾悟 / p6~9
  • 子宮穿孔と子宮內異物例 / 馬淵學 / p9~11
  • 骨盤位外廻轉術の一前處置に就て / 宮井喜子男 / p11~13
  • 頭部及び顏面部に胎盤附着し頸部に臍帶纏絡を伴ふ妊娠五ケ月初期の幸帽兒例 / 鷲見正人 / p13~14
  • 双胎分娩時兩兒頭の懸鈎例 / 濱田春次郞
  • 中條靜雄 / p14~14,15~20
  • 臍帶卵膜附着の一例 / 藤田定男 / p20~21
  • 卵巢顆粒膜細胞腫に就て / 林藤丸 / p22~27
  • 臨牀二例=卵胞ホルモンと卵巢腫。同一子宮に併發した筋腫と癌腫 / 花岡堅而 / p28~28,29~30
  • 名古屋地方に於ける所謂戰爭無月經症に就て / 渡邊金三郞
  • 各々務孝
  • 吉川康
  • 上野隆
  • 水野高平 / p30~34
  • 珍奇なる子宮腟部自傷症の一例 / 堤三郞 / p34~35
  • 分娩時の腟壁ヘルニアの一例 / 平田滿郞 / p35~36
  • 少女に發生した完全尿道脫 / 石井次男 / p36~38
  • 巨大網膜纎維筋腫莖捻轉の一手術治驗例 / 前川達人 / p39~39
  • 興味ある卵管流產の一例 / 東恭則 / p40~40
  • 質疑應答 質疑 一,妊娠六ケ月の初產婦を血液檢查の結果,梅毒のある事がわかつたが,今からの驅梅療法で胎兒は救い得るや否や,本人は生兒を熱望す(A・S生)。二,貧困な梅毒妊婦あり,人工妊娠中絕の適應ありや否や(F・B生)。三,子宮癌で第一度,第二度と云ふ樣な進行度を示す言葉を見るが,その意義如何(C生)。四,近頃Rh因子なる言葉を見るが,この語源並に語源の發來由來を問ふ(D・B生) / A・S生
  • 赤須文男
  • F・B生
  • C生
  • D・B生 / p41~41
  • 質疑應答 解答 / 赤須文男 / p41~41
  • 白木先生の近況 / 藤實生 / p41~42
  • 編輯後記 / 久慈直太郞 / p42~42

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産科と婦人科
著作者等 診断と治療社
書名ヨミ サンカ ト フジンカ
書名別名 Sanka to fujinka
巻冊次 16(1)(169)
出版元 診断と治療社
刊行年月 1949-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869792
NCID AN00098035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想